【WordPressのリンク設定】ブログに内部リンクや外部リンクを貼る方法

WordPressブログでのリンク貼り方についてまとめました。

本記事を読めば、上記を全て実現できます。

記事の前半では、基本的なリンクの貼り方(外部リンク内部リンクページ内リンク)について、たっぷりの図解で解説しています。

記事の後半では、ボタン画像にリンクを貼る方法や、YouTubeやX(旧Twitter)を埋め込む方法、ブログカードの作り方、アフィリエイトリンクの設定方法なども紹介しています。

さらに、リンクの編集や解除方法、WordPressでリンクコードを貼れないときの解決法についても書きました。

WordPressのリンクの貼り方について網羅しているため、かなり長文の記事です。ぜひ、ブックマークしてからお読みください。

こんにちは。この記事を書いた、かずよしといいます。WordPressを12年以上使い続けています。

この記事を書いた、かずよしです

ユーザー数のべ800万人超えの情報サイト「WordPress超初心者講座」を管理・運営する人。ワードプレスの始め方や使い方を、初心者向けにやさしく解説します。

目次

WordPressのリンクのデザインは「テーマ」によって異なります。本記事に掲載しているキャプチャは「SWELL」というテーマを利用している様子を撮ったものです。

SWELLは、当サイトでも使っている人気テーマ。直感的な操作で、誰でも簡単にブログのデザインを整えることができます。

\ ブログ初心者にも使いやすい /

リンクとは、ページどうしをつないで移動するための仕組みをいいます。リンクを活用して別ページに移動できるように設定することを「リンクを貼る(張る)」と表現します。

リンクの貼り方は、リンクの移動先によって次の3つに分類できます。

外部リンク

読者を別のサイトに誘導するリンク

内部リンク

読者をブログ内の他の記事に誘導するリンク

ページ内リンク

読者を記事の途中に誘導するリンク

リンクを貼るためには、本来は「HTML」という言語でコードを書かなければなりません。

しかし、WordPressなら簡単な操作でリンクの設定が可能。コードを書く必要がないので、ブログ初心者にも手軽にリンクを貼ることができます。

外部リンクは、次のようなときに使います。

  • 記事を書くときに参考にしたページを紹介する
  • 関連するサイトに誘導する など

専門家が書いた記事などの信頼できるサイトをリンク先に指定することで、あなたの主張や情報を裏付けることができます。

外部リンクを設定するための基本手順は、次の5ステップです。

かずよし

プレビュー画面でリンクをクリックして、リンク先がちゃんと表示されるか確認してくださいね

外部リンクを貼る手順は、以上です。

内部リンクは、次のようなときに使います。

  • 記事の内容を、別の記事で補足する
  • ブログ内の重要な記事に誘導する

ブログの記事に適切な内部リンクを設定することで、SEO効果も期待できます。理由は次の2つ。

  • 検索エンジンのロボットが、ブログ内を巡回しやすくなる
  • 多くの内部リンクを受けている記事は「重要な記事」と判断される

内部リンクは、先ほどの「外部リンクの貼り方」と同じ手順で設定することもできますが、ここでは内部リンクを貼るときだけ使える便利な機能を紹介します。

かずよし

リンク先のURLをコピペする必要がないので、さらに簡単になりますよ

内部リンクを設定するための基本手順は、次の5ステップです。

上記手順の1~3は、外部リンクの貼り方の手順1~3と同じです。

手順4から見る

かずよし

プレビュー画面でリンクをクリックして、リンク先がちゃんと表示されるか確認してくださいね

内部リンクを貼る手順は、以上です。

通常のリンクをクリックするとページの先頭部分に移動しますが、ページ内の特定場所をリンク先に指定することもできます。

このようなリンクは「ページ内リンク」または「アンカーリンク」と呼ばれます。

ページ内リンク(アンカーリンク)を設定するには、移動先に「目印」を付けなければなりません。この目印のことを「HTMLアンカー」といいます。

ページ内リンクを設定するための基本手順は、次の6ステップです。

かずよし

プレビュー画面でリンクをクリックして、リンク先にちゃんと移動できるか確認してくださいね

ページ内リンク(アンカーリンク)を貼る手順は、以上です。

別ページ内の特定場所にもリンクを貼れる

リンク先に、別ページ内の任意の場所を指定することもできます。たとえば、

  • URLが「https://example.com/post/」のページ内で、
  • HTMLアンカー「link」を設定した場所

をリンク先とする場合には、「https://example.com/post/#link」と入力します。

ページ内リンクをスムーズにスクロールするには?

本記事で表示しているページ内リンクをクリックすると、いきなりジャンプせず、スムーズなスクロールで移動します。これはWordPressの標準機能ではなく、テーマに備わっている機能です。

このサイトで使っているテーマ「」にも、ページ内リンクをスムーズにスクロールする機能が備わっています。

SWELLのレビューを読む

リンクを新しいタブで開く設定

リンクを新しいタブで開くように設定するには、記事編集画面でリンクの一部をクリックして、新しいタブで開くにチェックを入れます。

「新しいタブで開く」を有効化
「新しいタブで開く」を有効化

ここまで、WordPressのブロックエディタでリンクを設定する3つの方法(外部リンク内部リンクページ内リンク)について説明しました。

目次に戻る

ここまでに紹介した、基本的なリンクの貼り方の他にも、次のように特殊なリンクを設定することができます。

WordPressの標準機能で利用できるボタンブロックにも、リンクを設定することができます。

ボタンブロックにリンクを設定できる
ボタンブロックにリンクを設定できる
ボタンリンクの設定手順
  1. ボタンブロックを追加
  2. ボタン内にテキストを入力
  3. ボタンブロックにリンク先を設定
かずよし

テーマ「SWELL」なら、デザイン性の高い「SWELLボタン」ブロックを使えますよ

STEP
ボタンブロックを追加

ボタンブロックを新しく追加します。

ボタンブロックを追加
ボタンブロックを追加
STEP
ボタン内に文字列を入力

ボタン内に文字列を入力して、「リンク」ボタンをクリックします。

ボタン内に文字列を入力し[リンク]ボタンをクリック
ボタン内に文字列を入力
STEP
リンク先の設定

リンク先のページタイトルURLを入力してリンク先を設定します。

ボタンブロックのリンク先の設定
ボタンブロックのリンク先の設定
かずよし

リンク先の設定には、内部リンクの貼り方で紹介した「サイト内ページ検索」を使うこともできますよ

以上の手順で、ボタンにリンクを貼ることができます。

投稿や固定ページ内に挿入した画像ファイルに、リンクを貼ることができます。

画像リンクの設定手順
  1. ブロック内に画像を挿入
  2. 画像ファイルを選択
  3. リンク先の設定

ここでは、「画像ブロック」内に挿入した画像ファイルにリンクを貼ってみましょう。

「メディアとテキストブロック」や「ギャラリーブロック」で挿入した画像ファイルにも、同様の手順でリンクを設定することができます。

STEP
ブロック内に画像を挿入

画像ブロックを新しく追加し、画像ファイルを挿入します。

ブロック内に画像を挿入
画像ブロックを追加
STEP
画像ファイルを選択

画像ファイルを選択して、「リンクを挿入」ボタンをクリックします。

画像ファイルを選択し[リンクを挿入]ボタンをクリック
画像の「リンクを挿入」ボタンをクリック
STEP
リンク先の設定

任意のページへのリンクを設定するには、URLを入力して「適用」ボタンをクリックします。

リンク先の設定し[適用]ボタンをクリック
画像にリンク先を指定
かずよし

リンク先の設定には、内部リンクの貼り方で紹介した「サイト内ページ検索」を使うこともできますよ

画像ファイルのリンク先について

画像ファイルのリンク先には、任意のページだけでなく「メディアファイル」や「添付ファイルのページ」を選択できます。

メディアファイル

画面上に画像ファイルのみを表示する

添付ファイルのページ

画像ファイルを説明するためのページを開く
※ページは、WordPressによって自動生成されます。

以上の手順で、画像にリンクを貼ることができます。

外部サービスの機能をWebページ上で利用可能にする操作のことを「埋め込む」と言います。

たとえば、YouTubeの動画をブログ記事に埋め込むと、その記事の訪問者はYouTubeのサイトに移動することなく動画を視聴することができます。

YouTubeやTwitterの埋め込み手順
  1. 埋め込むコンテンツのURLをコピー
  2. ブロックの新規追加
  3. URLを貼り付け
STEP
埋め込むコンテンツのURLをコピー

埋め込みたい動画やツイートのページを開き、URLをコピーします。

埋め込むYou Tube動画のURLをコピー
YouTube動画のURLをコピー
埋め込むツイートのURLをコピー
TwitterのURLをコピー
STEP
ブロックの新規追加

投稿や固定ページの編集画面で新しくブロックを追加します。

埋め込みブロックを追加
TwitterやYouTubeのブロックを追加
STEP
URLを貼り付け

STEP1でコピーしたURLを貼り付け「埋め込み」ボタンをクリックします。

You Tube動画のURLを貼り付け[埋め込み]をクリック
YouTube動画の埋め込み
ツイートのURLを貼り付け[埋め込み]をクリック
Twitterの埋め込み

以上の手順で、YouTubeやTwitterを埋め込むことができます。

YouTube動画を途中から再生するように埋め込む方法

YouTubeの開始位置を指定して埋め込む手順
  1. 動画ページで「共有」をクリック
  2. 開始時間を入力してURLをコピー
  3. YouTubeブロックにURLを貼り付け
STEP
動画ページで「共有」をクリック

YouTube動画を途中から再生するように埋め込むには、動画ページで「共有」をクリックします。

YouTube動画ページで[共有]をクリック
YouTube動画の「共有」をクリック
かずよし

埋め込み動画の再生を開始したい地点で「共有」をクリックすると、次の手順で開始時間を入力する手間を省くことができますよ

STEP
開始時間を入力してURLをコピー

開始位置」にチェックを入れます。開始時間を入力して「コピー」をクリックします。

開始位置を有効化してURLをコピー
開始時間を入力してURLをコピー
STEP
YouTubeブロックにURLを貼り付け

YouTubeブロックを追加してURLを貼り付け埋め込み」をクリックします。手順は、YouTubeやTwitterを埋め込むで紹介したものと同じです。


地図の埋め込みもできる

WordPressでは、「Googleマップ」や「Yahoo!地図」などのオンライン地図も簡単に埋め込むことができます。くわしくは、WordPressで地図を表示させる(Googleマップなどの埋め込み)方法をお読みください。

ブログカードを設置する

ブログカードとは、リンク先の情報をまとめて表示する埋め込み形式のことです。

下記は、テーマ「SWELL」の関連記事ブロックで作成したブログカードの表示例です。

リンク先の情報には、次の項目が表示されます。

  • 記事タイトル
  • 記事の概要(説明文)
  • アイキャッチ画像 など

WordPressで作成された記事なら、URLをコピーして以下のブロックに貼り付けるだけで、ブログカードが自動生成されます。

  • WordPressブロック
  • 埋め込みブロック

どんなデザインで表示されるかは、使用するテーマによって異なります。

このサイトで使っているテーマ「SWELL」の場合は、以下のようなデザインのブログカードが表示されます。

あわせて読みたい
【2024年版】WordPressブログ初心者におすすめのテーマ6選 WordPress初心者向けのおすすめテーマを紹介します。 WordPressでブログを開設したんだけど、デザインを変えたい ブログ初心者におすすめのテーマを教えてほしい 失敗し...
テーマ「SWELL」が生成する内部リンクのブログカード
日本語
WordPress 6.0 「アルトゥーロ」 以下の内容は WordPress.org 公式ブログの記事「WordPress 6.0 “Arturo”」を日…
テーマ「SWELL」が生成する外部リンクのブログカード

条件によっては、WordPressで作成された記事でもブログカードが自動生成されない場合があります。

広告を掲載して収益化するには、ブログにアフィリエイトリンクを設置します。しかし、ここまでに紹介したリンクの設定方法では、アフィリエイトリンクを貼ることはできません。

まずは、次の手順でアフィリエイトリンクを作成・取得します。

  1. ASPに会員登録する
  2. アフィリエイト広告を選ぶ
  3. アフィリエイトの提携を申請する
  4. アフィリエイトリンクを作成する

次に、取得したアフィリエイトリンクをWordPressのブログ記事に貼り付けます。貼り付け方は、テキストリンク(文字列のリンク)とバナーリンク(画像のリンク)とで異なります。

  • テキスト形式のアフィリエイトリンクを貼る・・・「HTMLとして編集」機能を使う
  • バナー形式のアフィリエイトリンクを貼る・・・・「カスタムHTML」ブロックを使う

アフィリエイトリンクの貼り方や見分け方については、下記ページで詳しく解説しています。

ここまでは、投稿や固定ページの編集画面でリンクを設定する方法を説明しました。
これらのリンクは、すべてブログ記事やページのメインコンテンツに表示されます。

メインコンテンツではない領域(ヘッダー、フッター、サイドバー)にリンクを表示させたい場合は、以下のWordPress標準機能が便利です。

  • 「メニュー」機能
  • 「ウィジェット」機能
グローバルメニューの表示例
グローバルメニューの表示例

「メニュー」や「ウィジェット」によって表示できるリンクの内容や配置場所は、使用しているテーマによって異なります。基本的な使い方は、下記ページを参考にしてください。

目次に戻る

WordPressでは、リンクの編集や解除も簡単にできます。

WordPressの記事でリンクを編集する手順は、次のとおりです。

  1. 編集したいリンクの一部をクリック
  2. リンクのテキストやURLを変更
STEP
編集したいリンクの一部をクリック

編集したいリンクの一部をクリックして、「編集」アイコンをクリックします。

リンクの「編集(ペン型)」アイコンをクリック
1.リンクの一部をクリック
2.編集アイコンをクリック
STEP
リンクのテキストやURLを変更

リンクのテキストやURLを変更し、保存をクリックします。

リンクのテキストやURLを変更
1.リンクのテキストやURLを変更
2.保存をクリック

以上の手順で、リンク先URLを編集できます。

解除したいリンクの一部をクリックし、「リンク解除」アイコンをクリックします。

リンクの一部をクリックし[リンク解除]アイコンをクリック
「リンク解除」アイコン

以上の手順で、リンクを解除できます。

目次に戻る

広告などのリンクコードを貼り付けたとき、記事にリンクコードがそのまま表示されてしまうことがあります。

WordPressの記事にリンクコードがそのまま表示されている
WordPressの記事にリンクコードがそのまま表示されている

解決法は、利用しているエディタの種類によって異なります。

「エディタ」とは、記事を編集するための機能のことです。WordPressには上記2種類のエディタがあります。WordPress最新バージョンの標準エディタは「ブロックエディタです。

通常、ブロックエディタの「段落ブロック」などにリンクコードを貼り付けると、記事には「リンク」として表示されます。しかし、ブロックによっては例外もあります。

例えば、「クラシックブロック」の中にリンクコードを貼り付けると、記事にリンクコードがそのまま表示されてしまいます。

こんなときは、「HTML として編集」機能を使うことで解決できます。以下の手順を参考にしてください。

STEP
リンクコードを貼り付けたい場所に目印を付けておく

ブロックの内容によっては、後ほどSTEP3 でリンクコードを貼り付ける位置を見つけにくい場合があります。スムーズにリンクコードを貼り付けられるよう、目印を付けておきましょう。

なるべく目立つ記号などを書いておくといいです。今回は、「◆◆◆」と書きました。

リンクコードを貼り付けたい場所に目印を書いておく
リンクコードを貼り付けたい場所に目印を書いておく
STEP
ブロックツールバー「︙」>「HTML として編集」をクリック
「オプション」>「HTML として編集」をクリック
「︙」>「HTML として編集」をクリック
STEP
リンクコードを貼り付ける

STEP1 で書いた目印をドラッグし、リンクコードを貼り付けます。

リンクコードを貼り付け
目印をドラッグし、リンクコードを貼り付け
STEP
ブロックツールバー「ビジュアル編集」をクリック

ビジュアル編集」をクリックすると、通常の編集モードに戻ります。リンクコードを貼り付けた場所に「リンク」が正しく表示されているか確認してください。

「ビジュアル編集」をクリック
「ビジュアル編集」をクリック

「リンク」が正しく表示されているか確認
「リンク」が正しく表示されているか確認

クラシックエディタを使っている場合は、「テキスト」モードに変更してからリンクコードを貼り付けると解決する可能性があります。

クラシックエディタで「テキスト」モードに変更
クラシックエディタで「テキスト」モードに変更

WordPressリンクの貼り方まとめ

WordPressでリンクを貼る方法を紹介しました。

まずは、リンク設定の基本となる、

  • 外部リンク
  • 内部リンク
  • ページ内リンク

について、それぞれの違いや貼り方を理解しておきましょう。

また、特殊なリンクの設定についても解説しました。

ボタンや画像のリンク設定、SNSの埋め込み、ブログカードやアフィリエイトリンクの設置など、リンクには様々な種類があります。

とくにアフィリエイトリンクの貼り方については、リンクコードの取得から設置までの手順が多いため、別記事で詳しく解説しています。

アフィリエイトリンクは、正しい利用方法を知っておかないとせっかく広告から売上があっても成果が認められない可能性があります。努力がムダにならないよう、ぜひ詳細記事を参考にしてください。

おすすめ記事

目次