WordPressブログの始め方

WordPressを使ったブログ始め方を紹介します。「ブログを開設したい」「アフィリエイトをやってみたい」方には、ワードプレスがおすすめです。豊富な画像つきで解説するこの記事を読めば、WordPressでブログを始める方法がわかります。

この記事のポイント

  • たったの30分でWordPressブログを開設するための手順がわかります。
  • 初期費用は無料!お手頃価格なのに、とっても高性能なサーバーを使用します。
  • 独自ドメインを無料で取得し、あなただけのURLでブログを運営できます。

この記事は、2011年から『WordPress超初心者講座』を運営するKazuyoshiが書きました。

WordPressブログの始め方が、超簡単になりました

私がブログを始めた頃は、ワードプレスをインストールするだけでも手順が複雑で、何時間もかかったことを覚えています。しかし、WordPressの人気が高まるにつれて、ワードプレスの「簡単インストール機能」を提供するレンタルサーバーが増えてきました。

今ではWordPressのインストールだけでなく、ブログの開設に関わるすべての作業を“一括管理”できるレンタルサーバーが登場しています。とりわけ、WordPress初心者でも簡単にブログを始められるのが、ConoHa WING(コノハウィング)です。

WordPress講師

ConoHa WINGは、ワードプレス初心者さんに今いちばんオススメしているサーバーです。
その理由について、少しお話しておきますね。

ConoHa WINGは、2018年9月にレンタルサーバーの提供を開始しました。歴史は浅いものの、すでに登録アカウント数が19万件を突破(2020年5月現在)。いま人気急上昇中のレンタルサーバーです。

なぜConoHa WINGは人気なの?
ConoHa WINGが注目されているのは、WordPressブログを簡単に始められることの他にも、次の特徴があるからだと考えられます。

  • 処理速度が速い
  • 管理画面が直感的に操作できる
  • 初期費用が無料

処理速度が速いと、ブログの表示速度だけでなくワードプレス管理画面の動作も高速になります。

WordPress講師

管理画面がサクサク動くことで、記事の更新スピードも上がります!

また、管理画面が直感的に操作できて初期費用も無料なので、レンタルサーバーを初めて利用する方でも申し込みやすいですよね。

さらに、日本マーケティングリサーチ機構が実施した「レンタルサーバーに関する調査」で、以下の3部門で第1位に選ばれました。

ConoHa WING 3冠達成
  • アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバー
  • WordPress利用者満足度
  • サポートデスク対応満足度

すでにアフィリエイト・ブログを始めている人や、WordPressを使っている人達から高い評価を受けているレンタルサーバーです。サポートも充実しているので、安心してお申し込みください。

超簡単!ConoHa WINGでワードプレスを始めよう

ConoHa WINGでWordPressブログを始める手順は、次の通りです。

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ドメインの取得
WordPressのインストール
独自SSLの設定
WordPressの初期設定

以前は、上記の手順を進めるために

  • WordPress.org(ワードプレス本体を配布する公式サイト)
  • レンタルサーバー会社
  • ドメイン取得会社

の各サイトにアクセスして、面倒な設定をおこなう必要がありました。

ConoHa WINGに申し込めばブログ開設にかかわる全ての手順をConoHa WINGの管理画面上でおこなうことができます。しかも、操作がとても簡単。初心者でも迷うことなくWordPressブログを始めることができるはずです。

ConoHa WINGの申し込みに必要なもの

あらかじめ、ConoHa WINGの申し込みに必要なものを用意しておきましょう。

「必須」のもの

スマートフォン
スマートフォン・携帯電話

本人確認の認証に必要です。
固定電話でもOK。

「あると便利」なもの

レジットカード
クレジットカード

料金の支払いには、クレカが便利です。
他に、プリペイド形式での支払いも可。

WordPress講師

これから説明する通りに進めれば、早い人なら30分くらいでWordPressブログを開設することができますよ!

ConoHa WINGでWordPressブログを始める手順の内容について、簡単に紹介しておきます。

WordPressブログを始める手順

  1. サーバーの申し込み
    サーバーは、WordPress本体やコンテンツ・データを保管する大切な場所です。
    今回は、ワードプレス初心者に最適な「ConoHa WING」に申し込みます。
  2. ドメインの取得
    ドメインは、ブログのURLに使われます。
    WordPressを使うと、独自ドメインでブログを運営できます。
  3. WordPressのインストール
    WordPressは、サーバーにインストールすることで動作するソフトウェアです。
    ConoHa WINGなら、ワードプレスのインストールが驚くほど簡単にできます。
  4. 独自SSLの設定

    独自SSLは、通信を暗号化する技術です。
    ブログ読者のプライバシーを守るための大切な設定です。

    ここまでの作業で、WordPressブログの開設が完了!
    すべてConoHa WINGの管理画面上でおこなうことができます
  5. WordPressの初期設定
    記事を書く前に、ワードプレスの初期設定をしておきましょう。
    設定は、WordPressの管理画面上でおこないます。

手順1.サーバーの申し込み

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ここを説明します
ドメインの取得
WordPressのインストール
独自SSLの設定
WordPressの初期設定

サーバーの申し込みは、以下の手順でおこないます。

サーバーの申し込み手順
  1. 1-1.お申し込み画面にアクセス
  2. 1-2.契約プランの選択
  3. 1-3.お客様情報入力
  4. 1-4.SMS/電話認証
  5. 1-5.お支払い方法の入力
  6. 1-6.申し込み完了画面の表示
かかる時間:10~15分
1-1.お申し込み画面にアクセス

ConoHa WINGの公式サイトにアクセスして、[今すぐお申し込み(お申し込み)]ボタンをクリックします。

ConoHa WING 申し込みボタン

ConoHa WINGのお申し込み画面が開きます。ConoHa WINGを初めて利用する場合、[メールアドレス]と[パスワード]を入力して、[次へ]をクリックします。

ConoHa WING お申し込み画面にアクセス
WordPress講師

入力したメールアドレスとパスワードは、ConoHa WINGの管理画面にログインするときに必要です。忘れないよう、メモしておきましょう!

1-2.契約プランの選択

契約内容に関する画面です。

ConoHa WING 契約プランの選択
料金タイプ WINGパック」がおすすめ。独自ドメインの取得・更新費用が無料になるので、たいへんお得です。
契約期間 長期になるほど割安にはなりますが、不安であれば「3ヶ月」でいいでしょう。
プラン これからWordPressブログを始めるなら「ベーシック」プランがおすすめです。
初期ドメイン 適当な文字列でOK。この記事の解説通りに進めるなら、初期ドメインは利用しません。
サーバー名 適当な文字列で(初期値のままでも)OK。

WordPressテーマ「Cocoon」が使える
画面下部で[WordPressテーマ]をクリックすると、ConoHa WINGが提供するWordPressテーマを選択できます。「テーマ」とは、WordPressブログのデザインや機能を切り替えられるテンプレートのことです。

ConoHa WING WordPressテーマの選択

「Cocoon」は無料で使える人気テーマです。高機能で、カスタマイズしやすいのが特徴です。今回は、Cocoonを適用した状態で申し込み手続きを進めます

すべての選択・入力ができたら、画面右側の[次へ]をクリックします。

ConoHa WING 契約プランの選択から次へ
1-3.お客様情報入力

氏名や住所など、*必須の項目をすべて入力します。

ConoHa WING お客様情報入力
入力する個人情報は、外部に漏れる(たとえば、WordPressブログ上に表示される)などという心配ありません。

すべての選択・入力ができたら、画面右側の[次へ]をクリックします。

1-4.SMS/電話認証

本人確認のための認証作業です。スマートフォン・携帯電話であれば、「SMS認証」が手軽です。

ConoHa WING SMS/電話認証
固定電話の場合は、「電話認証」を選択してください。認証に必要な番号が、自動音声で案内されます。

SMSに表示された[認証コード]を入力し、[送信]をクリックします。

ConoHa WING 認証コードを入力
1-5.お支払い方法の入力

お支払い方法は、すぐにサーバーの利用を開始できる「クレジットカード」がおすすめです。すべて入力できたら、画面下部の[お申し込み]をクリックします。

ConoHa WING お支払い方法の入力
1-6.申し込み完了画面の表示

下図のような画面が表示されたら、ConoHa WINGの申し込みは完了です。

ConoHa WING 申し込み完了画面
WordPress講師

お疲れさまでした。続いて、ドメインの取得に進みましょう。

手順2.ドメインの取得

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ドメインの取得
ここを説明します
WordPressのインストール
独自SSLの設定
WordPressの初期設定

ConoHa WINGでは、WINGパックに申し込むと独自ドメインが1つ無料になります。取得だけでなく、毎年の更新費用も無料になるので、かなりお得です。


ドメインとは?
ドメインは、ブログのURLとして利用する文字列です。
たとえば、WordPress超初心者講座では「wp-exp.com」というドメインを使っています。トップページや記事ページのURLは、以下の通りです。

トップページのURL https://wp-exp.com/
この記事のURL https://wp-exp.com/blog/wordpress-start/
ConoHa WING ドメインの取得

独自ドメインは、赤文字の部分を自由に決めることができます。ただし、他の人が登録している文字列は使用することができません。早いもの勝ちなので、注意してください。


ドメインの取得は、以下の手順でおこないます。

ドメインの取得手順
  1. 2-1.ドメイン新規取得を選択
  2. 2-2.ドメイン名の入力
  3. 2-3.カートに追加
  4. 2-4.登録情報の入力
  5. 2-5.申込内容の確認
  6. 2-6.サーバーにセット
  7. 2-7.ドメイン情報認証
かかる時間:5~10分
2-1.ドメイン新規取得を選択

ConoHa WINGでサーバーの申し込みが完了すると、下図のように「無料独自ドメインを設定しますか」と表示されます。[ドメイン新規取得]がチェックされていることを確認し、[追加する]をクリックします。

ConoHa WING ドメイン新規取得を選択
2-2.ドメイン名の入力

取得したい[ドメイン名]を入力して、[検索ボタン](虫眼鏡マーク)をクリックします。

ConoHa WING ドメイン名の入力
2-3.カートに追加(無料)

取得できるドメインの候補が表示されました。希望するドメインの[カートに追加]をクリックします。

ConoHa WING ドメインをカートに追加
「カートに追加」とありますが、この記事の説明通りに作業を進めていれば独自ドメインは無料なので安心してください。

選択したドメインが[追加済み]に変更されているのを確認し、[次へ]をクリックします。

ConoHa WING ドメイン追加済み
2-4.登録情報の入力

*必須の項目をすべて入力し、[次へ]をクリックします。

ConoHa WING ドメイン登録情報の入力
ConoHa WINGは「WHOIS情報公開代行」が無料
通常、ドメインを取得すると登録者に関する情報(WHOIS情報)がインターネット上に公開されます。
「WHOIS情報公開代行(無料)」は、あなたの氏名や電話番号などの個人情報をConoHa WINGの情報に代えて公開するサービスです。上記で入力した個人情報を守ってくれます。
2-5.お申込み内容の確認

申し込み内容に問題がなければ、[決定]をクリックします。

ConoHa WING ドメインお申込み内容の確認
2-6.サーバーにセット

「サーバーにセット」とは申し込んだサーバー(手順1)で、取得したドメイン(手順2)を利用できるようにするための設定です。何も操作する必要はありません。100%になるまで、しばらくお待ち下さい。

ConoHa WING ドメインをサーバーにセット
通常であれば、サーバーとドメインの関連付け(紐付け)はそれぞれの管理画面上で操作する必要があります。ConoHa WINGではこの設定が自動化されているので、初心者さんでも迷うことはありません。

100%になると「WordPressを作成しますか?」と聞かれます。このあとの操作は、手順3.WordPressのインストールでくわしく説明します。この画面を閉じずに、次の手順に進んでください

ConoHa WING ドメインをサーバーにセット完了後
2-7.ドメイン情報認証

ドメインの取得が完了すると、「【重要】[ConoHa] ドメイン 情報認証のお願い」という件名でメールが届きます。

メールは、サーバー申し込みの1-3.お客様情報入力で登録したメールアドレスに届きます。
ConoHa WING ドメイン 情報認証のお願いメール

メール内に記載されたURLにアクセスすることで、ドメインの認証手続きが完了します。

手続き完了後、「[ConoHa]ドメイン取得完了いたしました」という件名のメールが届きます。
対応期日(ドメイン取得の14日後)までに手続きをしないと、ブログが正常に稼働しないので注意してください。
WordPress講師

ドメインの取得ができましたね。
次はいよいよ、WordPressのインストールです。

手順3.WordPressのインストール

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ドメインの取得
WordPressのインストール
ここを説明します
独自SSLの設定
WordPressの初期設定

WordPressのインストールも、ConoHa WINGの管理画面上で完了します。

WordPressのインストール手順
  1. 3-1.WordPressの作成
  2. 3-2.ドメインの選択
  3. 3-3.ブログ情報の入力
  4. 3-4.稼働状況の確認
かかる時間:およそ5~10分
3-1.WordPressの作成

「WordPressを作成しますか?」の画面で、[作成する]をクリックします。

ConoHa WING WordPressを作成する
3-2.ドメインの選択

WordPressインストール画面で先ほど取得した独自ドメインを選択して、[次へ]をクリックします。

ConoHa WING WordPressをインストールするドメインの選択
「xxx.conohawing.com」を選択しないよう、ご注意ください。
3-3.ブログ情報の入力

次の画像や説明を参考にブログ情報を入力して、[作成する]をクリックします。

ConoHa WING WordPressブログ情報の入力
バージョン 最新バージョンを選択(初期値でOK)。
URL 「wwwなし」を推奨。その下の空欄は、入力不要。
サイト名 あなたのブログタイトルを入力。あとから変更可。
メールアドレス あなたのメールアドレスを入力。あとから変更可。
…WordPressの自動アップデートや、エラーが発生した時などにメールが届きます
ユーザー名 ※重要 WordPressの管理画面にログインするためのユーザー名を入力。
パスワード ※重要 WordPressの管理画面にログインするためのパスワードを入力。
データベース
-データベース名
適当な文字列を入力(初期値でOK)。
データベース
-ユーザー名
データベースの管理画面にログインするためのユーザー名を入力(初期値でOK)。
…使用頻度は少ないですが、念のためメモしておきましょう
データベース
-パスワード
データベースの管理画面にログインするためのパスワードを入力。
…使用頻度は少ないですが、念のためメモしておきましょう
プラグイン チェックを入れたままでOK。
WordPressテーマ
インストール
「利用する」がおすすめ。
テーマ 「Cocoon」を選択。
「ユーザー名」と「パスワード」は特に重要です。忘れないよう、メモしておきましょう!

下図のような画面が表示されたら、[閉じる]をクリックしてしばらくお待ちください。

ConoHa WING WordPressインストールを開始
今回の検証では、1分ほどで次の手順に進めました。
3-4.稼働状況の確認

[ブログURL]をクリックして、ステータスが「稼働中」になっていれば、WordPressのインストールが完了です。

ConoHa WING WordPressインストール完了
WordPress講師

これでWordPressのインストールが完了しました!
あともう一息、「独自SSL」の設定をやってしまいましょう!

手順4.独自SSLの設定

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ドメインの取得
WordPressのインストール
独自SSLの設定
ここを説明します
WordPressの初期設定

ConoHa WINGでは、無料で独自SSLを設定することができます。


SSLとは?
「SSL」とは、ブログやホームページの通信を暗号化する仕組みのことです。SSLが適用されたブログはURLが「https://~」で始まるのが特徴で、セキュリティの高さをアピールすることができます。

“独自”SSLとは?
SSLには、大きく分けて

  • 共有SSL
  • 独自SSL

があります。共有SSLは、サーバー会社が所有するドメインをSSL化して、複数の人たちで共有します。それに対して独自SSLは、あなた専用の独自ドメインをSSL化することができます。独自SSLの利用は一般的に有料ですが、ConoHa WINGでは無料で独自SSLを設定できます


独自SSLの設定手順
  1. 4-1.独自SSL設定画面にアクセス
  2. 4-2.設定状況の確認
  3. 4-3.SSL有効化
かかる時間:およそ10~20分
4-1.独自SSL設定画面にアクセス

ConoHa WINGの管理画面で、画面左側メニューの[サイトセキュリティ]をクリックします。

ConoHa WING 独自SSL設定画面にアクセス

独自SSLの画面で、[無料独自SSL]をクリックしたあと、利用設定の[ON]を選択します。

ConoHa WING 独自SSLの利用設定をONに
4-2.設定状況の確認

前の手順で[ON]にしたあと、独自SSL設定が有効となるにはしばらく時間がかかります。完了すると、「設定中」の表示が「利用中」に変わります。

ConoHa WING 独自SSL設定状況の確認
今回の検証では、「利用中」になるまでに10分ほどかかりました。
4-3.SSL有効化

ConoHa WING管理画面メニューの[サイト設定]をクリックし、[ブログURL]を選択してください。
かんたんSSL化の[SSL有効化]ボタン(青色)をクリックして、

ConoHa WING SSL有効化ボタンをクリック

成功しました」と表示されたら、独自SSLの設定が完了です。

ConoHa WING SSL有効化成功

次の2つのURLにアクセスして、それぞれブックマークしておきましょう。

ConoHa WING SSL有効化後のサイトURL、WordPress管理画面URL
サイトURL

ブログのトップページのURLです。
アクセスすると、次のような画面が開きます。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログのトップページ
管理画面URL

WordPress管理画面のURLです。
ログインするには、WordPressのインストール手順3-3.ブログ情報の入力で登録した「ユーザー名」と「パスワード」を使います。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログのログイン画面

ログインに成功すると、下図のような管理画面が開きます。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログのダッシュボード
WordPress講師

以上でブログの開設が完了です。お疲れ様でした!
最後に、WordPressの初期設定を済ませましょう。

手順5.WordPressの初期設定

WordPressブログを始める手順
サーバーの申し込み
ドメインの取得
WordPressのインストール
独自SSLの設定
WordPressの初期設定
ここを説明します

初期設定の内容は、どのようなブログを運営するかによって異なります。ここでは、最低限やっておくべき初期設定について紹介します。難しい操作はないので、安心してください。

最低限やっておくべき
WordPress初期設定
  1. 5-1.パーマリンク設定
  2. 5-2.テーマの有効化/変更
  3. 5-3.プラグインの有効化
  4. 5-4.ニックネームの設定
  5. 5-5.キャッチフレーズの変更
  6. 5-6.アクセス解析の設定
5-1.パーマリンク設定

「パーマリンク」とは、WordPressブログのページごとのURLです。WordPressのパーマリンク設定では、どのようなルールでページごとのURLを生成するのかを設定することができます。

WordPress講師

記事をいくつか公開したあとにパーマリンク設定を変更すると、何かと面倒です。早めに設定を変更しておきましょう。

パーマリンク設定画面を開くには、WordPress管理画面のメニュー[設定]>[パーマリンク設定]をクリックします。

おすすめの設定は、「投稿名」です。チェックを入れて、画面最下部の変更を保存をクリックします。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログのパーマリンク設定画面
パーマリンク設定のくわしい内容は、パーマリンク設定を変更するを参考にしてください。
5-2.テーマの有効化/変更

「テーマ」は、WordPressブログのデザインや機能を切り替えられるテンプレートです。手順3-3.ブログ情報の入力で、「Cocoon」という無料テーマをインストールしました。しかし、テーマをインストールしただけではブログに反映しません。実際にCocoonテーマを使うには、「有効化」という操作が必要です。

テーマを有効化するには、WordPress管理画面のメニュー[外観]をクリックします。「Cocoon」の画像の上にマウスを合わせ、[有効化]をクリックすると、Cocoonテーマが使えるようになります。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログでCocoonテーマ有効化

もしCocoonテーマが気に入らなければ、他のテーマに変更することができます。ブログで収益化をめざすなら、「THE THOR(ザ・トール)」という有料テーマがおすすめです。

テーマを切り替えるには、WordPressのテーマを変更する方法を参考にしてください。
5-3.プラグインの有効化

WordPressに足りない機能を追加したり、より便利にしたりできるのが「プラグイン」です。WordPress管理画面[プラグイン]をクリックすると、すでにいくつかのプラグインがインストールされています。

この中で「WP Multibyte Patch」プラグインを有効化してください。WP Multibyte Patchは、日本語のブログで発生する可能性のある不具合を防ぐためのプラグインです。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログでWP Multibyte Patchプラグイン有効化
5-4.ニックネームの設定

WordPressでは、使用するテーマによっては管理画面ログイン時の「ユーザー名」がブログ上に表示されるものがあります。このことは、セキュリティ上あまり好ましくありません。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログ上にユーザー名が表示される
標準テーマ「Twenty Twenty」

ブログ上の表示名を変更するには、ニックネームを設定します。WordPress管理画面[ユーザー]>[あなたのプロフィール]をクリックしてください。

[ニックネーム(必須)]の入力欄にユーザー名が表示されているので、別の文字列を入力します。さらに[ブログ上の表示名]を、いま入力したニックネームに変更して、画面最下部のプロフィールの更新をクリックします。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログでニックネームを設定
5-5.キャッチフレーズの変更

「キャッチフレーズ」とはブログの説明文のことで、多くのテーマでブログ上部に表示されます。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログでキャッチフレーズを表示
Cocoonテーマのキャッチフレーズ表示

初期状態では英語が表示されていますね?変更するには、WordPress管理画面[設定]をクリックしてください。[キャッチフレーズ]を変更して、画面最下部の変更を保存をクリックします。

ConoHa WINGで開設したWordPressブログでキャッチフレーズを変更
5-6.アクセス解析の設置

ブログ運営で欠かせないツールに、アクセス解析があります。おすすめのツールは、次の2つです。

  • Google アナリティクス
    …ブログ読者の行動記録や閲覧環境を知ることができます
  • Search Console(サーチコンソール)
    …ブログがGoogle検索においてどのような評価を受けているのかを知ることができます

どちらもGoogle(グーグル)が提供する無料ツールです。各ツールの内容や設定方法については、次の記事を参考にしてください。

ConoHa WING キャンペーン情報

ConoHa WING Cocoonテーマ提供開始記念キャンペーン

Cocoonテーマ提供開始記念キャンペーン開催中です。「Cocoon」は高機能でカスタマイズしやすい、人気のWordPress無料テーマです。通常、Cocoonを使うにはテーマ公式サイトからのダウンロードが必要で、インストールするのに少し手間がかかります。

そこでConoHa WINGでは、Cocoonをサーバー管理画面から簡単にインストール・管理できる機能を追加しました。Cocoonテーマ提供開始記念キャンペーン期間中は、WINGパック(長期利用者向けの割引プラン)利用料金が5%OFFとなります。

キャンペーンは期間限定(2020年6月8日まで)なのでご注意ください。