WordPressワードプレス)のブロックエディタでよく使うブロックの1つ、「段落」ブロックの使い方を紹介します。段落ブロックでは単に文章を挿入するだけでなく、文字の装飾やリンクの挿入、背景色や文字色の変更などができます。

段落ブロックの使い方

段落ブロックは、WordPressのブロックエディタで一般的なサイトを制作するうえで、最もよく使うブロックの1つです。

段落ブロックで設定できる、主な内容を紹介します。

以下の解説は、つぎの条件下で作成しています。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

  • WordPress バージョン:5.2.2
  • テーマ:Twenty Nineteen
  • パソコン OS:Windows 10

文章の配置を変更する

ブロック内の文章の配置を、[左寄せ][中央寄せ][右寄せ]に変更することができます。

段落ブロック内の文章の配置を変更

文字を装飾する

段落ブロック内の一部の文字列に対して、以下の装飾をすることができます。

  • 太字にする
  • イタリックにする
  • 打ち消し線を引く

太字にする
太字にしたい文字列を選択(ドラッグ)し、[太字]ボタンをクリックします。

文字列を選択(ドラッグ)し、太字ボタンをクリック
[太字]ボタンをクリックする代わりに、[Ctrl]+[B]を押しても太字に変更することができます。

イタリックにする
イタリックにしたい文字列を選択(ドラッグ)し[イタリック]ボタンをクリックします。

文字列を選択(ドラッグ)し、イタリックボタンをクリック
[イタリック]ボタンをクリックする代わりに、[Ctrl]+[I]を押してもイタリックに変更することができます。
WordPress の標準テーマ「Twenty Nineteen」「Twenty Seventeen」など、使用しているテーマによっては、日本語の文字列をイタリックに変更することができません。

打ち消し線を引く
打ち消し線を引きたい文字列を選択(ドラッグ)し[よりリッチなテキスト制御]ボタンをクリックします。メニューの中から[打ち消し]をクリックします。

文字列を選択(ドラッグ)し、よりリッチなテキスト制御ボタン>打ち消しをクリック

[太字にする][イタリックにする][打ち消し線を引く]の操作を実行すると、以下のように変更されました。

段落ブロック 文字装飾実行後

リンクを挿入する

段落ブロック内の文字列の一部にリンクを挿入する手順は、次のとおりです。

リンクを挿入する手順
  1. リンクを挿入する文字列を選択
  2. リンク先URLの指定
  3. リンク先の開き方を指定
  4. 適用ボタンをクリック

リンクを挿入する文字列を選択
リンクを挿入したい文字列を選択(ドラッグ)し、[リンク]ボタンをクリックします。

文字列を選択(ドラッグ)し、リンクボタンをクリック
[リンク]ボタンをクリックする代わりに、[Ctrl]+[K]を押してもリンクを挿入することができます。

リンク先URLの指定
リンク先のURLをコピーして貼り付けます。

リンク先のURLをコピー・貼り付け
内部リンクの場合
サイト内ページへのリンクを挿入する場合、ページタイトルの一部を入力するとリンク先の候補を表示させることができます。候補の中から、リンク先に設定したいページを選択します。

サイト内ページのタイトルを入力、候補からリンク先を選択

リンク先の開き方を指定
リンク先を[同じタブで開く]か[新しいタブで開く]かを指定することができます。[新しいタブで開く]場合のみ、以下の設定が必要です。

[リンク設定]ボタンをクリックして、[新しいタブで開く]をオンの状態にします。

サイト内ページのタイトルを入力、候補からリンク先を選択

適用ボタンをクリック
リンク先のURLの指定や開き方を指定できたら、[適用]ボタンをクリックします。

リンクの適用ボタンをクリック

段落ブロックを選択しているとき、ブロックエディタ画面右側にある設定パネルでは、段落ブロック全体に対する設定変更をすることができます。

段落ブロックの設定パネル

テキスト設定(文字サイズ・ドロップキャップ)

文字サイズの変更
段落ブロック内全体の文字サイズを、[][通常][][特大]の中から指定できます。

段落ブロックの設定パネル 文字サイズの変更

ドロップキャップの設定
ドロップキャップをオンにすると、最初の1文字が大きく表示されます。

段落ブロックの設定パネル ドロップキャップの設定

色設定(背景色・文字色)

段落ブロック全体の背景色と文字色を変更することができます。

段落ブロックの設定パネル 色設定

[カスタムカラー]をクリックすると、任意の色を指定することができます。

段落ブロックの設定パネル 色設定 カスタムカラー
[16進数での色指定]に入力する内容は、「カラーコード」などのキーワードで検索してみてください。

文章の途中で改行するには?

文書作成ソフトなどに慣れ親しんでいる場合は、改行する際に[Enter]キーを押してしまいがちですが…

文字列の途中で[Enter(またはReturn)キー]を押してしまうと

ブロックが分割されてしまうので注意してください。

ブロックが分割されてしまう
改行する方法
段落ブロック内の文章の途中で改行するには、[Shift]+[Enter]キーを使用します。

ブロックの種類を変更する

段落ブロックを他のブロックに変更したい場合は、[ブロックタイプまたはスタイルを変更]ボタンをクリックします。

段落ブロックの種類を変更
ブロックエディタでは、合計60種類以上のブロックを利用できます。しかし、ブロックタイプの変更機能は元のブロックと関連性があるものしか選択することができない仕様となっています。

段落ブロックの使い方 まとめ

文章の配置
ブロック内の文章の配置を、[左寄せ][中央寄せ][右寄せ]に変更できます。
文字の装飾
一部の文字列に対して、[太字にする][イタリックにする][打ち消し線を引く]ことができます。
リンクの挿入
新しいタブで開くように設定できます。内部リンクの場合は、リンク先に設定したいページを検索する機能を使えます。
テキスト設定
段落ブロック内全体の文字サイズを、[小][通常][大][特大]の中から指定できます。ドロップキャップをオンにすると、最初の1文字が大きく表示されます。
色設定
段落ブロック全体の背景色と文字色を変更することができます。
文章中の改行
[Shift]+[Enter]キーを使用します。
ブロックの種類変更
[ブロックタイプまたはスタイルを変更]ボタンをクリックします。