WordPressの記事作成方法には、「投稿」と「固定ページ」があります。それぞれの特徴の違い使い分け方について、詳しく説明します。

WordPress講師

結論から言うと、
更新頻度の高い記事は「投稿」で、
めったに更新しないページは「固定ページ」で

作成するといいです。

投稿と固定ページの違い

WordPressの管理画面で記事を作成する方法には、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。それぞれの編集画面は同じブロックエディタを使うので、操作方法や使用感の違いはほとんどありません。

「投稿」編集画面の表示例
「投稿」編集画面の表示例
「固定ページ」編集画面の表示例
「固定ページ」編集画面の表示例

投稿と固定ページの主な違いは、記事を公開した後の表示のされ方や、分類・整理の方法にあるため、記事の内容によって使い分ける必要があります。

まずは次の項目について、投稿と固定ページの違いを詳しく見ていきましょう。投稿と固定ページの使い分け方については、記事の後半で説明します。

  • 表示のされ方
  • 分類・整理方法
  • アーカイブページの生成
  • トップページへの指定
  • フィード配信
  • 抜粋の入力
  • パーマリンク設定

表示のされ方

投稿には、トップページなどで時系列に沿って記事が並ぶという特徴があります。新しい記事から順番に表示されるため、更新するたびに古い記事がどんどん埋もれてしまいます。

投稿は時系列に沿って表示される
投稿は時系列に沿って表示される

固定ページは、投稿のように時系列で並ぶことはありません。固定ページは、公開しても自動的にWebサイト上には表示されないため、メニューウィジェットを活用して表示位置を指定する必要があります。

固定ページはメニューなどを使って表示位置を指定する
固定ページはメニューなどを使って表示位置を指定する
使用するテーマの種類や、メニューの設定内容によっては、固定ページが自動表示される場合もあります。

分類・整理方法

時系列で表示される投稿には、埋もれてしまう古い記事を探しやすくするためにカテゴリーやタグで分類できる機能があります。

カテゴリーは、同じ「ジャンル」に属する投稿をグループ化するのに使います。タグは、さまざまなカテゴリーに属する投稿の内容に共通する「キーワード」で分類することができます。詳しくは、タグとカテゴリーとの違いは?をお読みください。

時系列で表示されない固定ページには、カテゴリーやタグによる分類機能はありませんが、親子関係を指定することができます。そのため、Webサイト内の階層構造を明確にすることができます。

固定ページには親子関係を指定できるので、階層構造が明確になる
固定ページには親子関係を指定できるので、階層構造が明確になる

アーカイブページの生成

アーカイブページとは、特定の項目で分類された記事の一覧ページのことです。

投稿では、

  • 「カテゴリー」別
  • 「タグ」別
  • 「日付」別
  • 「作成者」別

アーカイブページが自動生成されます。

一方の固定ページには、アーカイブページの生成機能はありません。

トップページへの指定

もともとWordPressはブログ構築用のソフトウェアとして開発されたため、トップページには投稿が時系列で一覧表示されます。

しかし、任意の固定ページをトップページに指定すれば、独立した1つのページをトップページとして表示させることができます。

固定ページはトップページ(ホームページ)に指定できる
固定ページはトップページ(ホームページ)に指定できる
WordPress管理画面では、「トップページ」ではなく「ホームページ」と表記されています。
WordPress講師

当サイト「WordPress超初心者講座」のトップページも、固定ページで作成しています。

一方の投稿は、トップページに指定することはできません。

フィード配信

「フィード」とは、Webサイトの更新情報を配信する技術です。公開されたページのタイトルや本文などの情報を配信し、フィードリーダーと呼ばれるツールで一覧表示させることができます。

投稿を公開するとフィード配信されるので、記事を公開したことを読者に素早く伝えることができます。

フィードリーダーの表示例
フィードリーダーの表示例
読者がフィード配信の情報を取得するには、フィードリーダーを使う必要があります。

一方の固定ページを公開しても、フィード配信はされません。

専用のプラグインを使うと、固定ページもフィード配信することができます。

抜粋の入力

抜粋とは、記事の内容を短くまとめた要約文のことです。

抜粋は、投稿の編集画面で入力することができます。抜粋に入力した内容は、先ほどの「フィード」によって配信させることができるほか、アーカイブページや、サイト内検索の結果に表示されることがあります。

投稿は抜粋を入力できる
投稿は抜粋を入力できる
抜粋の内容をフィード配信させるには、WordPress管理画面での設定が必要です。[設定]→[表示設定]で、「フィードの各投稿に含める内容」の「要約」を選択します。
抜粋の内容がアーカイブページや検索結果に表示されるかどうかは、使用するテーマによって異なります。
抜粋に何も入力しない場合は、本文の先頭110文字を使って抜粋が自動生成されます。

一方、固定ページの編集画面では、抜粋を入力することはできません。

パーマリンク設定

パーマリンク設定とは、記事ごとのURLの形式を設定する機能です。WordPress管理画面[設定]→[パーマリンク設定]では、URLの形式をさまざまなパターンの中から選択することができます。

パーマリンク設定画面
パーマリンク設定画面

ただし、パーマリンク設定の内容がきちんと反映されるのは、投稿で作成した記事のURLだけです。

固定ページのURLは、パーマリンク設定の「共通設定」の内容によって、以下のように決まります。

WordPress 固定ページのパーマリンク
上の画像で、[基本]を選択したときのURLに含まれる「123」という数字は、固定ページの「ID」を示しています。IDはWordPressのシステムによって自動付与されるもので、任意の数字を指定することはできません。

テンプレートの選択について

「テンプレートの選択」は、記事ごとにデザインやレイアウトを変更できる機能で、以前は固定ページ特有の機能でした。

記事ごとにテンプレートの選択ができる
記事ごとにテンプレートの選択ができる

しかし最近では、テーマによっては投稿でもテンプレートの選択ができるようになっています。WordPress関連書籍やWebサイトの中には「テンプレートの選択は固定ページのみ使える」と書かれているものもありますが、現在は仕様が変わっています。


投稿と固定ページの比較表

ここまでにご紹介した「投稿と固定ページの違い」を、下表にまとめました。

比較項目 投稿 固定ページ
時系列で表示 できる できない
カテゴリーやタグで分類 できる できない
親子関係の指定 できない できる
アーカイブページの生成 できる できない
トップページへの指定 できない できる
フィードの配信 できる できない
抜粋の入力 できる できない
パーマリンク設定 できる できない

投稿と固定ページの使い分け

投稿と固定ページの特徴の違いから、以下のように使い分けるといいでしょう。

投稿
更新頻度の高い記事
  • ブログ記事
  • ニュース
  • お知らせ など
固定ページ
定位置に表示させるページ
  • 問い合わせページ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ など

使い分けの具体例

たとえば、会社のWebサイトをWordPressで作成する場合は、投稿で「新着情報」や「ブログ記事」を作成してカテゴリーで分類し、その他のページは固定ページで作成して親子関係を設定するといいでしょう。

投稿と固定ページの使い分けの例

固定ページの作成方法については、固定ページの使い方と作り方で詳しく説明しています。