WordPress(ワードプレス)は、ブログやサイト(ホームページ)を作成できるソフトです。今や、世界中のサイトの約3分の1はWordPressで作られていると言われています。日本国内でも、個人ブログだけでなく、企業や公共機関のサイトなどに幅広く利用されています。このページでは、ワードプレスがどんなソフトなのか、主な特徴について紹介します。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPress(ワードプレス)とは、簡単に言うとブログやホームページを作成できるソフトです。

「ブログを作る」というと、芸能人・有名人もよく利用している「アメーバブログ」や、「ライブドアブログ」などのサービスを思い浮かべるかもしれません。また、「ホームページ作成ソフト」といえば、有名どころでは「ホームページビルダー」や「ドリームウィーバー」などがあります。

これらのサービスやソフトと、WordPressの違いは何でしょうか。ワードプレスの特徴とともに、くわしく見ていきましょう。

WordPressの特徴

まずWordPressの特徴として紹介しておきたいのが、オープンソースのソフトであるという点です。

オープンソースのソフトである

オープンソースとは
ソースコード(ソフトの設計図のようなもの。プログラムのこと。)を無償で公開して、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布できるソフトです。

WordPressがオープンソースであることで、次のような利点があります。

  • ソフトの入手・維持費用が無料
  • 多くの開発者によって進化を続ける

ソフトの入手・維持費用が無料

オープンソースのメリットとして、まずソフトが無料であるということ。市販のソフト(営利目的で販売されているホームページ作成ソフト)を入手するためには、当然、費用がかかります。例えば、ホームページビルダーの最新版の価格は、12,744円(税込)~です。

ホームページビルダー21 通常版 スタンダード ダウンロード購入の価格(2019年6月10日現在)

他にも、ソフトによっては、利用期間中に月額料金がかかるものもあります。WordPressなら、ソフトを手に入れるのも利用するのも費用はかかりません。

一般的なブログサービスの場合
アメーバブログなどのブログサービスの場合、利用者がソフトを入手するという形態ではありません。まず、会員登録してアカウントを取得します。ログイン後、ブログの設定画面や記事の編集画面にアクセスできるシステムです。
WordPressにもレンタルブログサービスがある
実は、ワードプレスにもWordPress.comというブログサービスがあります。会員登録すれば、無料で利用することができます(有料プランもあります)。しかし、何かと制限が多いため、ご利用はあまりおすすめしません。

多くの開発者によって進化を続ける

自由に改良することが認められたオープンソースであるがゆえに、WordPressの開発には世界中のさまざまな人々が関わっています。WordPressというソフトそのものに新しい機能を追加したり、後ほど紹介するテーマやプラグインを開発したり、不具合が発生したら迅速に対応したり・・・。おかげで、機能面の充実だけでなく、セキュリティにおいても安心して利用できます。

2003年に公開され、15年以上も改良が重ねられ進化を続けるワードプレスは、開発者だけでなく利用者も増え続けています。ある調査サービス会社が発表した統計によると、世界中のウェブサイトのうち33%がWordPressで作成されているというデータがあります(2019年1月28日現在)

圧倒的な人気を誇るWordPressの特徴も、紹介しておきましょう。

使い方を学べるサイトや書籍が豊富

利用者が多いがゆえに、WordPressの使い方を学べるサイトや書籍は充実しています。

WordPress Codex(公式マニュアル)
まず読んでおきたいのが、WordPress Codex 日本語版です。英語版の公式マニュアルが、有志によって翻訳されたサイトです。ワードプレスに関する、あらゆる情報が掲載されています。

WordPress 公式フォーラム
次に紹介するのは、WordPress 公式サポートです。マニュアルを読んでも解決しない問題は、誰でもフォーラム(掲示板)で質問することができます。

WordPressの関連本
書店に行けば、WordPressに関連する本がたくさん並んでいます。写真は、私がこれまでに読んだワードプレス関連本の一部です。

次に、ワードプレスを使い始めるためには何が必要なのかについて触れておきます。

サーバーを用意し、インストールする

一般的なホームページ作成ソフトは、パソコンにインストールします。それに対し、WordPressはサーバー(ウェブサーバー)という場所にインストールします。

サーバー(ウェブサーバー)とは?
ブログ・サイトのコンテンツ(文章・画像など)やデータ(投稿日・カテゴリーなど)を保管し、ブログ・サイト訪問者のリクエストに応じてページの表示に必要なデータを送信する役目をします。

小中規模サイト向けのウェブサーバーを用意するには、レンタルするのが一般的です。サービス内容により価格は異なり、月々数百円~数千円ほどで利用することができます。

無料ウェブサーバーのデメリット
無料で使えるウェブサーバーもありますが、「突然サービスの提供が終了するかもしれない」「広告が表示される」など、デメリットが大きいことからおすすめしません。特に、ブログ・サイトをビジネスに利用する場合は、有料サービスを使いましょう。

サーバーの仕組みや、レンタルサーバーの選び方については、下記ページをご覧ください。

当サイトでは、安定性が高く稼働実績が豊富なエックスサーバーをおすすめしています。

また、ブログ・サイトを専用のアドレスで運用する場合、独自ドメインの取得が必要です。

独自ドメインが使える

ドメインとは?
インターネット上で、ブログ・サイトの住所やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。例えば、当サイトでは「wp-exp.com」というドメインを利用しています。

専用のアドレスでブログ・サイトを運用できる独自ドメインは、大きな財産になります。なぜなら、あなただけのアドレスを半永久的に使用できるからです。

無料ブログサービスの多くは、独自ドメインを使うことができません。例えば、アメーバブログでブログを開設した場合、トップページのアドレスは「https://ameblo.jp/(任意の文字列)/」となります。いわば、アドレスを借りている状態です。

もしブログサービスが終了してしまったら、このアドレスでブログを運用することはできなくなってしまいます。仮に、あなたのブログ・サイト訪問者がお気に入りに登録してくれても、アドレスがなくなってしまったらアクセスしてもらうことは不可能です。これは、大きな損失です。

独自ドメインの取得は有料ですが、商用ブログ・サイトの場合は特に費用対効果が高いと思います。おすすめのドメイン取得サービスについては、下記ページをご覧ください。


さて、ワードプレスの魅力的な特徴は、まだあります。先ほど少しお話した「テーマ」と「プラグイン」について紹介しましょう。

テーマ:ブログ・サイトのデザインが選べる

テーマとは
ブログ・サイトのデザインを決める「テンプレート」です。文章などのコンテンツはそのままに、テーマを変更するだけでブログ・サイトの見た目を“着せ替え”することができます。
WordPress 公式テーマ「Twenty Nineteen」
テーマは、世界中の開発者によって作成されていて、審査を通過したテーマは「WordPress テーマディレクトリ」に登録されます。ディレクトリに登録されたテーマは、ほとんどを無料で手に入れることができます。画像は、最新の公式テーマ「Twenty Nineteen」です。

プラグイン:機能を追加できる

プラグインとは
WordPressのソフトにはない機能を、追加することができるプログラムです。

例えば、サイト内のページを一覧表示する「サイトマップ」を生成する機能や、「問い合わせフォーム」を生成する機能は、WordPressには備わっていません。サイトマップや問い合わせフォームを自分で作成しようと思ったら、初心者にとっては大変な作業です。しかし、プラグインを使うと、これらの機能を簡単に追加することができます。

WordPressのプラグインは、他にもたくさんあります。そのほとんどが、無料で手に入ります。市販のホームページ作成ソフトの場合、機能を追加するごとに料金が発生するものもあります。

商用サイトを作成できる

WordPressで作成したサイトでは、店舗や会社の商品をネット販売できるのはもちろん、アフィリエイト広告やクリック課金型広告(Google アドセンスなど)もページ上に掲載することができます。

無料ブログサービスの多くは、商用利用を禁止しています。商用利用できるものでも、サービス運営者による広告がブログに表示されるケースがほとんどで、あなたのビジネスを妨害してしまいます。

権限を管理し、複数人で運用できる

ワードプレスでは、ユーザー権限を管理することができます。例えば、ブログ・サイト全体を管理する人、記事を書く人、デザインを変更する人など、担当者ごとにユーザーを登録し、それぞれに権限を持たせることが可能です。

まとめ

ブログやサイトを簡単に作成できるソフト、「WordPress(ワードプレス)」の特徴をまとめます。

  • オープンソースのソフトである
  • ソフトの入手・維持費用が無料
  • 多くの開発者によって進化を続ける
  • 使い方を学べるサイトや書籍が豊富
  • サーバーを用意し、インストールする
  • 独自ドメインが使える
  • テーマ:ブログ・サイトのデザインが選べる
  • プラグイン:機能を追加できる
  • 商用サイトを作成できる
  • 権限を管理し、複数人で運用できる

当サイトでは、WordPress初心者の方でもスムーズに使い始められるように、できるだけわかりやすい用語で解説することを心がけています。どうぞ、お役立てください。

ワードプレスを使い始めるための第一歩は、サーバーのレンタルと、独自ドメインの取得です。くわしくは、WordPressを使うために準備するべきもの 【おすすめのサーバー・ドメイン取得サービス】をご覧ください。