WordPress(ワードプレス)とは?

WordPressとは、世界で最も人気の高いCMS(コンテンツ管理システム)です。ワードプレスを使えば、簡単にブログやホームページを作成することができます。この記事では、WordPressの特徴やメリット・デメリット、ワードプレスの始め方について紹介します。

この記事を読めば、次のことがわかります。

そもそも、WordPress(ワードプレス)って何?

WordPressとは、簡単に言うとブログやホームページを作成できるソフトです。

ブログやホームページは、「HTML」や「CSS」という言語をもとにして作られています。さらに、ページにさまざまな機能や動きを加えるためには、「PHP」や「JavaScript」といったプログラミング言語が使われます。

いきなり難しい言葉が並んでしまいましたが、通常、ホームページを作成するにはこれらの専門知識が必要です。でも、「これからホームページ作りを始めよう」という初心者の方がマスターするには、たいへんな時間と労力がかかってしまいます。

ホームページ作成にはHTML・CSS・PHPなどの専門知識が必要
プログラミング言語「PHP」のコードサンプル

そんな難しい部分をあなたの代わりに担当してくれるのが、WordPress(ワードプレス)です。あなたは、文章や画像などのコンテンツを用意するだけで、簡単にホームページを作成することができます

WordPressのように、専門知識なしでホームページが作成でき、文章や画像などのコンテンツを管理できるシステムを、CMSContent Management System:コンテンツ管理システム)といいます。

WordPress講師

WordPressは、世界でトップシェアを誇るCMSなんですよ。

WordPressは世界トップシェアのCMS
W3Techsの調査結果より引用

WordPressの特徴・できることとは?

WordPressがブログやホームページを作ることができるソフトだ、ということはわかりました。でも、ブログを開設するなら「アメーバブログ」「ライブドアブログ」などの無料ブログサービスを使うのが手軽です。ホームページを制作するなら「Dreamweaver(ドリームウィーバー)」など便利な市販ソフトもあります。

なのに、ワードプレスが人気なのはなぜでしょう?ここからは、WordPressの特徴やワードプレスを使ってできることを、無料ブログや市販ソフトとの比較もまじえてご紹介していきます。

無料ブログや市販ソフトと比較して、どこが違う?

WordPressの主な特徴をあげてみましょう。

WordPressの主な特徴
  • 無料で手に入り、商用にも使える
  • 多くの開発者によって進化を続ける
  • 解説本やサイトが充実
  • サーバー設置型なので、いつでもどこでも更新できる
  • 独自ドメインが使える
  • テーマを使って簡単にデザインを変更できる
  • プラグインを使って機能を追加できる
  • 複数のユーザーで管理・運営できる
  • カスタマイズの自由度が高い
WordPress講師

いくつか専門用語が登場したので、ちょっとわかりづらいですか?それぞれの特徴について、くわしく見ていきましょう。

無料で手に入り、商用にも使える

WordPressは、無料で手に入れることができます。

一般的な市販ソフトは購入するのに2~3万円程度必要で、初期コストが大きく異なります。

さらに、ワードプレスは商用利用も認められています。

多くの無料ブログでは、商用利用ができない上に、自動広告が挿入されてしまいます。

そもそも、WordPressはなぜ無料なのでしょうか。それは、WordPressがオープンソースのソフトだからです。

WordPress初心者4

オープンソースって、何ですか?

WordPress講師

ソースコード(ソフトの設計図のようなもの。プログラムのこと)を無償で公開して、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布できるソフトです。

多くの開発者によって進化を続ける

自由に改良することが認められたオープンソースなので、WordPressの開発には世界中の有志たちが関わっています。例えば、WordPress本体に新しい機能が追加されたり、あとで紹介する「テーマ」や「プラグイン」が開発されたりするなど、ワードプレスはどんどん進化しています。

オープンソースであるがゆえの欠点もあります。それは、サイバー攻撃の対象となりやすい点です。主な理由として、

  • ソースコードが無償公開されているので、攻撃者がWordPressの脆弱性を発見しやすい
  • 無料ソフトなので気軽に使える反面、利用者の多くがセキュリティ対策への認識が甘い

などが考えられます。そこでWordPress開発者は、脆弱性が見つかれば速やかに修正し、新バージョンを公開しています。私たち利用者も、

  • 新バージョンが公開されたらアップデート(更新)する
  • セキュリティが強固なサーバーを利用する
  • セキュリティ関連のプラグインを導入する

など、できる限りの対策をする必要があります。
サーバー、プラグインについては、このあと紹介します。

解説本やサイトが充実

世界でトップシェアを誇るWordPressは日本でも人気で、活用事例はたくさんあります。個人ブログや企業の公式サイトだけでなく、学校・公的機関などのホームページにもWordPressが使われています。もちろん、いまご覧のWordPress超初心者講座もワードプレスで作っています。

WordPressの活用事例

WordPressの活用事例1
クックパッド株式会社
WordPressの活用事例2
早稲田大学
WordPressの活用事例3
南三陸町観光協会

日本人ユーザーが多いため、日本語で解説されたサイトや書籍が充実しています。

WordPress Codex(公式マニュアル)

まず読んでおきたいのが、WordPress Codex 日本語版です。英語版の公式マニュアルが、有志によって翻訳されたサイトです。ワードプレスに関する、あらゆる情報が掲載されています。

WordPress 公式フォーラム

次に紹介するのは、WordPress 公式サポートです。マニュアルを読んでも解決しない問題は、誰でもフォーラム(掲示板)で質問することができます。

WordPressの関連本

書店に行けば、WordPressに関連する本がたくさん並んでいます。写真は、私がこれまでに読んだワードプレス関連本の一部です。

使い方がわからなかったり、トラブルが生じても、解決策を見つけやすいというのがWordPressの魅力の1つです。

利用者が多いということは、WordPressを取り扱っているホームページ制作業者も多いということ。仮に制作中につまづいてしまっても、いざとなったらプロに任せることもできますね。
サーバー設置型なので、いつでもどこでも更新できる

もしあなたが普段パソコンを使っているなら、ソフトはどこにインストールされていますか?ワープロソフトや表計算ソフトなど、通常はパソコン本体にインストールされていますよね。
またスマートフォンを使っているなら、新しいアプリを追加するときスマホ本体にインストールするのではないでしょうか。

しかし、WordPressはパソコンやスマホ本体にインストールするソフトではなく、サーバー(Webサーバー)という場所にインストールします。

WordPress初心者4

サーバーとは何ですか?

WordPress講師

インターネットにつながった、サイトに関わるデータを保管するコンピューターの一種です。WordPressをインストールしたサーバーには、コンテンツ(文章・画像など)や、記事に設定したカテゴリー・公開日など、さまざまなデータが保管されます。

サーバーには、サイトにアクセスがあるたびに、ページの表示に必要なデータを訪問者側に送信する役目もあります。サーバーの仕組みや役割については、WordPressを使うために準備するべきもの 【サーバー・ドメインの基礎知識】でくわしく解説しています。

このように、WordPressは“インターネット上のコンピューター”にインストールするので、ネット環境があれば場所や機器を問わず記事を更新することができるのも魅力です。

一般的な市販ソフトは特定の端末にインストールするため、その機器でしか作業することができません。

サーバーは、レンタルするのが一般的です。おすすめは、当サイトでも使用しているエックスサーバー(Xserver)です。安定性が高く稼働実績が豊富で、国内トップクラスのシェアを誇ります。

独自ドメインが使える
WordPress初心者4

ドメインって何ですか?

WordPress講師

インターネット上で、サイトのアドレス(URL)やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。例えば、WordPress超初心者講座では「wp-exp.com」というドメインを利用しています。

専用のアドレスでサイトを運営できる独自ドメインは、大きな財産になります。なぜなら、あなただけのアドレスを半永久的に使用できるからです。

独自ドメインを取得しなくても、WordPressでサイトを作ることはできます。例えば、先ほど紹介したエックスサーバーをレンタルすると、「○○○.xsrv.jp」というドメイン(初期ドメイン)が与えられます。

初期ドメインを使ってサイトを開設することもできるのですが、いわばアドレスを借りている状態です。仮に、他のサーバーに引っ越したり、サーバーのレンタル提供が終了してしまったら、このアドレスでサイトを続けることはできなくなってしまいます。

誰かがあなたのサイトをお気に入りに登録してくれていたり、他のサイトからリンクを貼ってくれていても、アクセスしてもらうことはできません。これは、大きな損失ですよね。

独自ドメインの利用は有料ですが、商用サイトの場合は特にコストパフォーマンスが高いと思います。ちなみに、WordPress超初心者講座のドメイン(wp-exp.com)はお名前.comで取得・管理しています。

テーマを使って簡単にデザインを変更できる
WordPress初心者4

テーマって何ですか?

WordPress講師

サイトの見た目を決める「デザインテンプレート」です。文章などのコンテンツはそのままに、テーマを変更するだけで簡単に“着せ替え”することができます。WordPressテーマの基礎知識でくわしく解説していますよ。

最新のWordPres公式テーマ 「Twenty Twenty」
最新のWordPres公式テーマ
「Twenty Twenty」

WordPressの公式サイト内「テーマディレクトリ」で、たくさんのテーマが配布されています。これらは「公式テーマ」と呼ばれ、WordPressの管理画面で簡単に入手できます。

公式テーマは、世界中のレビュアーによって動作検証され、安全が確認されたもののみ登録されます。ただ公式テーマの多くは海外製で、英語に不慣れだと扱いにくかったり、日本語サイトの表示に不具合が生じる場合があります。

公式テーマ以外にも、日本国内の個人や企業が配布・販売している日本語対応のテーマもあります。ただし、悪意のあるコードが仕組まれている場合もあるので、信頼できる開発者から手に入れましょう。

WordPress初心者にオススメ!

プラグインを使って機能を追加できる
WordPress初心者4

プラグインとは?

WordPress講師

WordPress本体に備わっていない機能を、追加することができるプログラムです。

例えば、「サイトマップ」を生成する機能や、「問い合わせフォーム」を設置する機能は、WordPress本体には備わっていません。サイトマップや問い合わせフォームを自分で作ろうとしても、初心者にはハードルが高すぎます。しかしプラグインを使うと、これらの機能を簡単に追加することができます。くわしくは、プラグインの使い方(インストール・有効化)をご覧ください。

WordPressプラグイン 新規追加画面
WordPressプラグイン
新規追加画面

プラグインも、先ほどのテーマと同様に「公式プラグイン」が存在し、WordPressの管理画面で簡単に手に入ります。ただ、プラグインを大量に導入すると、プログラム上の不具合が発生することもあるので注意してください。

複数のユーザーで管理・運営できる

WordPressでは、ユーザー権限を設定することができます。例えば、ブログ・サイト全体を管理する人、記事を書く人、デザインを変更する人など、担当者ごとにユーザーを登録し、それぞれに権限を持たせることが可能です。

カスタマイズの自由度が高い

テーマカスタマイザー機能を使うと、レイアウトや色、表示内容を簡単に変更することができます。また、ウィジェット機能を使えば、サイドバーやフッター部分などにさまざまなパーツを設置することができます。

WordPress テーマカスタマイザー画面
テーマカスタマイザー画面

さらに、テーマの構成ファイルに記述されているコードを直接編集すれば、より高度なカスタマイズが可能です。

WordPress講師

ただ、HTML・CSS・PHPなどの専門知識が必要なので、初心者向きではありません…。

WordPress テーマの編集画面

WordPressを使うメリット・デメリット

これまでにご紹介した特徴をふまえ、WordPressを使うメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 専門知識がなくてもサイトを作れる
  • 無料で使えて商用利用もOK
  • 新しい機能がどんどん追加される
  • 使い方に関する情報を見つけやすい
  • 場所を機器を問わず簡単に更新できる
  • 独自ドメインでサイトを運営できる
  • 「テーマ」でデザイン設定が簡単
  • 「プラグイン」で機能拡張が簡単
  • 複数のユーザーで管理できる
  • 思い通りにカスタマイズできる
デメリット
  • サーバーやドメインの費用がかかる
  • 初期設定が少しだけ面倒
  • サイバー攻撃の対象となりやすい
  • とことんカスタマイズするなら専門知識が必要
WordPress講師

いかがですか?たくさんの魅力があるワードプレス、始めてみたくなったでしょうか?

ワードプレスは2種類ある!?
「Wordpress.org」と「Wordpress.com」の違い

WordPress初心者4

ワードプレスは、会員登録すれば無料で使えるって聞いたことがあるんですが…。

WordPress講師

それは「Wordpress.com」というレンタルブログサービスのことですね。

WordPress.com は、Automatic(オートマティック)という企業が運営するレンタルブログサービスです。会員登録すれば無料でワードプレスを使い始めることができますが、使用できる機能には制限があります。いくつかの有料プランもあり、利用料金が高いプランほど機能の制限が解除されるしくみです。

WordPress.org は、ソフトウェアであるWordPressを無償で配布する公式サイトのことです。また、WordPressというソフトウェアそのものを「Wordpress.org」と呼ぶ場合もあります。

当サイト「WordPress超初心者講座」では、後者のWordpress.orgに関連する内容について紹介しています。ワードプレス関連書籍においても、Wordpress.orgについて書かれているものがほとんどです。

WordPress講師

「Wordpress.org」と「Wordpress.com」とを混同してしまっている初心者の方が多いです。違いをしっかりチェックしておきましょう!

ワードプレスの始め方・使い方

WordPress初心者4

ワードプレスを始めるには、どうすればいいですか?

WordPress講師

まずは、次の4つを用意しましょう!

ワードプレスを始めるのに必要なものは?

  • パソコン
  • インターネット回線
  • サーバー
  • 独自ドメイン
パソコンとインターネット回線

WordPressを使ってサイトを作るためには、インターネット回線につながったパソコンが必要です。今このページをご覧になっているあなたは、すでにこの2つは用意できているのではないでしょうか。

スマートフォンやタブレットといったモバイル端末でもWordPressを使うことができます。しかし、作業効率を考えると、画面サイズが大きくマウス操作もできるパソコンを使うことをおすすめします。
WordPress初心者4

いま使っているパソコンが古いんですが、買い換える必要がありますか?

WordPress講師

正常に動いているパソコンなら、無理して買い換える必要はありません。ただ、サイトに動画コンテンツを掲載するなら、サクサク編集ができる高性能なパソコンを選ぶといいですね。

WordPress初心者4

ネット回線も、乗り換えなくて大丈夫?

WordPress講師

あまりにも低速で不安定な回線の場合、WordPressで編集作業をしている途中で接続が切れて、正常に使えないかもしれません。できれば光回線のように高速で安定性の高い回線を用意したいですね。

サーバー

サーバーは、WordPressをインストールする場所であり、サイトの大切なデータを保管する場所でもあります。なので、サーバーは慎重に選びたいものです。

WordPress初心者4

サーバーはどうやって用意するんですか?

WordPress講師

個人のブログやお店のホームページなど、小中規模サイトにサーバーを用意するならレンタルするのが一般的です。サービス内容により価格は異なり、月々数百円~数千円ほどで利用することができます。

無料サーバーのデメリット
無料で使えるサーバーもありますが、「突然サービスの提供が終了するかもしれない」「広告が表示される」など、デメリットが大きいことからおすすめしません。特に、WordPressをビジネスに利用する場合は、有料サーバーを使いましょう。

先ほど紹介したエックスサーバーの他にも、ワードプレス初心者向けのおすすめサーバーを下記ページでご紹介しています。

独自ドメイン
WordPress初心者4

ドメインを取得するときの、選び方や決め方は?

WordPress講師

特にこだわりがなければ「.com」や「.net」などを選ぶのが無難です。企業サイトなら「co.jp」を選ぶといいですね。日本に登記がある組織だけが登録できるので、信頼性を高める効果が期待できます。

ドメインは、サイトのURLやメールアドレスとして利用できる文字列です。

サイトのURLとして利用
  • http(s)://○○○.com
  • http(s)://○○○.net
  • http(s)://○○○.co.jp
メールアドレスとして利用
  • △△△@○○○.com
  • △△△@○○○.net
  • △△△@○○○.co.jp

○○○に入る文字列は自由に決めることができますが、すでに登録されている場合は使用することができません。早いもの勝ちなので、注意してください。

先ほど紹介したお名前.comの他にも、おすすめのドメイン取得サービスを下記ページでご紹介しています。

ワードプレスを使うためにかかる費用は?

パソコンやインターネット回線をすでに用意できているなら、あと必要なのは「サーバー」と「ドメイン」です。この記事で紹介しているおすすめのサーバーとドメイン取得サービスを利用すれば、月々1,000円程度でワードプレスを使うことができます。

サーバーの費用
サーバーを提供する業者はたくさんあり、どんな契約プランを選ぶかによっても料金が異なります。例えば、当サイトでオススメする「エックスサーバー」「ConoHa WING」では、次の費用がかかります。

下記料金は、2020年3月24日時点の金額(税抜き)です。キャンペーン等により、変動する場合があります。

エックス
サーバー
ConoHa
WING
初期費用 3,000円 無料
月額料金 900円~ 800円~
月額料金は、長期利用(36ヶ月)契約時の料金を月割り計算しています。
WordPress講師

安定性と実績で選ぶなら「エックスサーバー」、初期コストの安さと使いやすさで選ぶなら「ConoHa WING」がオススメですよ。

エックスサーバー 公式サイトを見る
ConoHa WING 公式サイトを見る

ドメインの費用
ドメインの利用にかかる費用は、ドメインの種類(.comや.netなど)によって異なります。例えば、お名前.comで定番ドメイン「.com」を取得すると、取得時(1年目)に760円、更新時(2年目以降)に1,480円かかります。

お名前.com 公式サイトを見る

1年あたりの費用まとめ
サーバーとドメインの利用にかかる1年あたりの費用をまとめると、下の表になります。

エックスサーバー+
お名前.com
ConoHa WING+
お名前.com
1年目 14,560円
(=3,000円+900円✕12ヶ月+760円)
10,360円
(=800円✕12ヶ月+760円)
2年目以降 12,080円
(=900円✕12ヶ月+1,280円)
10,880円
(=800円✕12ヶ月+1,280円)

つまり、1年あたり1万円ちょっとの費用でWordPressを使ったサイト運営ができます。また、エックスサーバーやConoHa WINGでは複数のサイトを運営できるので、2サイト目以降にかかる費用はドメインの料金だけで済みます。

WordPress講師

複数のサイトを運営したい場合は、「マルチドメイン」機能を備えたサーバーを選んでくださいね。

ワードプレスを使い始めるための手順は?

WordPressを使い始めるための主な手順は、次のとおりです。

  1. サーバーを契約する
  2. ドメインを取得する
  3. ドメインとサーバーを関連付ける
  4. サーバーにWordPressをインストールする
  5. WordPressの管理画面で初期設定する

効率よく作業を進めれば、1日でワードプレスを使い始めることも可能です。これらの手順についてくわしくまとめた記事を、後日公開する予定です。

ワードプレスの基本的な使い方

ワードプレスで記事を書いたり、サイトの設定をしたりするには、管理画面から行います。わかりやすい画面構成なので、直感的な操作ができるはずです。管理画面は、ブラウザで開くことができます。

WordPress 管理画面
WordPressの管理画面

管理画面は、ログイン用のユーザー名とパスワードを知っている人だけがアクセスできます。インターネットにつながったパソコンやスマートフォンなどがあれば、自宅やオフィスだけでなくカフェや公園などでもログインできるので、場所を機器を問わず更新作業ができます。

記事の編集画面は、ブロックエディタと呼ばれています。記事タイトル、見出し、段落、画像などを個別のブロックに分けて編集し、複数のブロックを組み合わせることによって1つの記事を完成させるしくみです。

ブロックエディタの使用例

各ブロックごとに細かい設定が可能で、簡単なマウス操作(ドラッグ・アンド・ドロップ)でブロックを並べ替えることもできます。

この記事のまとめ

WordPressは、ブログやホームページを作成できるオープンソースのCMSです。無料で入手でき、商用サイトの作成にも使えます。

ワードプレスの開発には世界中の有志たちが関わっていて、日々進化を続けています。ただ、脆弱性を突いたサイバー攻撃の対象となりやすい点には注意が必要です。

世界でトップシェアを誇るWordPressは日本人ユーザーも多く、日本語で解説されたサイトや書籍が充実しています。使い方がわからなかったり、トラブルが生じても、解決策を見つけやすいのが魅力です。

ワードプレスは、サーバーに設置するソフトウェアです。サーバーはレンタルするのが一般的で、初心者の方にもオススメなのは「ConoHa WING」「Xサーバー」です。また、独自ドメインが使えるのは、一般的な無料ブログサービスよりも優れたポイントです。

そして、WordPress最大の魅力といえるのが「テーマ」と「プラグイン」です。その多くが無料で入手でき、Web初心者でも本格的なサイト制作を実現できるからです。

ワードプレスが向いている人
  • 簡単に記事を更新できる環境がほしい
  • 独自ドメインでブログ・ホームページを運営したい
  • オリジナリティのあるサイトを作りたい
  • 複数のユーザーで管理したい
ワードプレスが向いていない人
  • 完全無料でブログ・サイトを運営したい
  • あまり記事を更新しない
  • 独自ドメインは必要ない
  • 初期設定は面倒なのでしたくない
WordPress講師

慣れるまでには、多少の時間と経験が必要です。WordPress超初心者講座では、初心者の方でもスムーズに使い始められるように、できるだけわかりやすい用語と豊富な図解で解説することを心がけています。どうぞ、お役立てください。まずは、下記ページを参考に始めてみませんか?