WordPress

ブログ・ホームページを作ってみたい!という人なら、一度は目にする「WordPressワードプレス)」という言葉。WordPressとは、一体何なのでしょうか?この記事を読めば、

  • WordPressには、どんな特徴があるのか?
  • 専門知識がなくても使えるの?
  • WordPressを使うメリットとデメリットは?
  • 自分にWordPressは向いている?
  • 始めるために必要なものは?
  • 費用はどれくらいかかるの?

こんな疑問やお悩みを解決することができます。WordPressを使い続けて10年の筆者が、初心者さんにもわかりやすい言葉でご説明します。きっとあなたも、今日からWordPressを始めたくなりますよ。

WordPressとは何か?

WordPress初心者4

WordPressとは何ですか?

WordPress講師

WordPressを一言で表すと、ブログ・サイトを簡単に作成できるソフトです。

たまに「Word Press」や「ワード プレス」「ワールドプレス」などのキーワードで検索する人がいらっしゃいますが、正しい表記は「WordPressワードプレス)」です。
WordPress初心者4

ワードプレスの、何がどのように簡単なのですか?

WordPress講師

記事の作成・更新・管理がとにかく簡単なんです。
タイトル、文章、画像などを入力し、各コンテンツをパズル感覚で組み合わせていくだけで記事が完成します。詳しくは、このあと「人気の理由と特徴」で説明しますね。

WordPressは世界一のCMS

WordPressのように、専門知識がなくてもWebページのコンテンツを管理できる仕組みのことを、CMS(コンテンツ管理システム)といいます。CMSは世界中でたくさんの種類が普及していますが、中でもWordPressは世界のトップシェアを誇ります。

Web市場調査サービス「W3Techs」の統計によると、世界中のWebサイトの38.4%はWordPressで作られています。さらにCMSだけに目を向けると、63.6%ものシェアを獲得しています。(いずれも2020年9月時点)

WordPressのシェア獲得率
引用元:https://w3techs.com/technologies/overview/content_management

ワードプレスの活用事例
WordPressは、日本国内でもたいへん人気です。企業のコーポレートサイトや教育機関のWebサイトなどに幅広く活用されています。

WordPress講師

こんなに有名な企業や学校のサイトでも利用されているワードプレスなら、私たちも安心して使えますね。

WordPressを使っているか調べる方法
ある特定のサイトがWordPressを使っているかどうかを調べるには、「IsItWP」というWebサイトや、「Library Sniffer」というGoogle Chrome 拡張機能などを使うと便利です。

ポイント

WordPress(ワードプレス)は、世界で最も人気の高いCMS(コンテンツ管理システム)で、ブログ・サイトを簡単に作成できるソフトのこと。

アメーバブログ・はてなブログなどの無料ブログサービスや、ホームページビルダーなど市販のホームページ作成ソフトがたくさんある中、WordPressがこれほど人気なのはなぜでしょうか?

WordPress講師

ここからは、WordPressの人気が高い理由や特徴について、無料ブログ・市販ソフトとの比較もまじえてご紹介していきます。

なぜ人気が高いのか?

WordPressが人気の理由は、以下の点があげられます。

無料で手に入る

WordPressのソフト本体は、無料で手に入れることができます。

WordPress講師

一般的な市販ソフトの価格は2~3万円程度。初期コストが大きく異なります。

さらに、WordPressは商用利用も認められています。

WordPress講師

多くの無料ブログでは、商用利用ができない上に、自動広告が挿入されてしまいます…。

WordPressが無料で、商用利用もできる理由
WordPressはソースコード(ソフトの設計図のようなもの。プログラムのこと)が無償で公開され、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布することが認められています。このようなソフトは「オープンソース」と呼ばれ、世界中の有志たちによって改良が続けられています。

記事の追加・更新がしやすい

WordPressで記事を編集するときは、ブロックエディタと呼ばれる編集画面を使います。

ブロックエディタの使用例

記事タイトル、見出し、段落、画像などのコンテンツを個別のブロックに分けて編集し、複数のブロックを組み合わせることによって1つの記事を完成させる仕組みです。Microsoft ワードのような文書作成ソフトでページを作る感覚で、手軽に記事の追加や更新をすることができます。

WordPress講師

各ブロックごとに細かい設定が可能で、簡単なマウス操作でブロックを並べ替えることもできます。

詳しい説明は、ブロックエディタ(Gutenberg)の使い方をお読みください。

拡張性・自由度が高い

WordPressは、拡張性やカスタマイズの自由度が高いという特徴があります。それには、以下の2つが大きく関係しています。

  • テーマ:ブログ・サイトのデザインやレイアウトを簡単に設定できる
  • プラグイン:ワードプレス本体には備わっていない機能を追加できる
WordPress講師

テーマやプラグインによる拡張性の高さは、WordPress最大の魅力といっても過言ではありません。テーマ・プラグインについては、このあと「知っておきたいワードプレスの特徴」で詳しく説明します。

WordPressが人気なのは…

  • 無料で手に入り、商用利用もできるから
  • 記事を直感的に編集・作成できるから
  • テーマやプラグインによる拡張性が高いから

知っておきたいワードプレスの特徴

WordPressの特徴を、さらに詳しく見ていきましょう。

「テーマ」を使ってデザインを簡単に変更できる

「テーマ」とは、ブログ全体のデザインやレイアウトを決めるテンプレートのことです。また、WordPress本体にない機能を追加する役割もあります。

WordPress講師

ほとんどの無料ブログサービスではテンプレートの数に限りがありますが、WordPressのテーマは数え切れないほど豊富です。

WordPressの公式サイトには数千種類ものテーマが登録されています。これらは「公式テーマ」と呼ばれ、ほとんどのテーマを無料で利用することができます。

ただ、公式テーマの多くは海外製で、日本語サイトで利用すると表示が崩れるなどの不具合が発生する可能性もあります。

WordPressで利用できるのは、公式テーマだけではありません。WordPress初心者におすすめ!シンプル&おしゃれなテーマの記事では、国産のおすすめテーマをご紹介しています。日本語サイトで問題なく使えるのはもちろん、おしゃれで機能性の高いテーマを集めました。

特にオススメなのが、デザイン性・機能性ともに優れた「THE THOR(ザ・トール)」です。

WordPress講師

テーマは後から変更することもできます。しかし、ある程度使い込んだ後に変更するのは、たいへん手間がかかります。なぜなら、設定変更した内容やカスタマイズした内容が、テーマを変更することで全て反映されなくなってしまうからです。
WordPressを始める段階で、あなたのブログに最適なテーマを見つけてくださいね。

「プラグイン」を使って機能を手軽に追加できる

プラグインとは、WordPress本体に備わっていない機能を追加することができるプログラムです。

たとえば「サイトマップ」を生成する機能や、「問い合わせフォーム」を設置する機能は、WordPress本体には備わっていません。サイトマップや問い合わせフォームを自分で作ろうとしても、初心者にはハードルが高すぎます。しかしプラグインを使うと、これらの機能を簡単に追加することができます。

WordPressプラグイン 新規追加画面
WordPressプラグイン
新規追加画面

プラグインも、先ほどのテーマと同様に「公式プラグイン」が用意されていて、そのほとんどを無料で使うことができます。WordPressの公式サイトに登録されている公式プラグインは、WordPressの管理画面で簡単に手に入ります。

プラグインを大量に導入したり、テーマとプラグインの相性が悪かったりすると、プログラム上の不具合が発生することもあるので注意してください。

詳しい説明は、WordPressプラグインの使い方【基礎知識と追加・停止・削除方法】をお読みください。

サーバーにインストールする必要がある

一般的なホームページ作成ソフトは、パソコンにインストールして使います。
一方、WordPressはサーバー(Webサーバー)という場所にインストールします。

WordPress初心者4

サーバーとは何ですか?

WordPress講師

インターネットにつながった、サイトに関わるデータを保管するコンピューターの一種です。サーバーの基礎知識については、WordPressを始めるために必要なもの【サーバー・ドメイン・テーマ】で説明しています。

サーバーは自前で用意することもできますが、高度な技術や費用が必要な上、メンテナンスも大変です。サーバーは、レンタルするのが一般的です。

レンタルサーバーは、さまざまな会社が提供しています。性能やサービス内容によって料金は異なり、月に数百円から数万円程度です。これからWordPressを始める初心者さんには、月額1,000円ほどで借りられる以下のサーバーを特におすすめしています。

WordPress初心者さんにおすすめのサーバーについては、WordPress初心者におすすめのサーバー4選【2020年版】をお読みください。

記事編集や設定は管理画面で行う

WordPressで記事の投稿やブログの設定などをするには、下図のような管理画面を使います。

WordPressの管理画面
WordPressでは「管理画面」で記事の編集やサイトの設定などを行う

管理画面は、ブラウザで特定のURLにアクセスし、「ユーザー名」と「パスワード」を入力することで開くことができます。ネット環境があれば、場所や機器を問わず記事を更新することができるのも魅力です。

詳しい説明は、WordPress管理画面の基本と使い方をお読みください。

独自のURLでブログ・サイトを運営できる

WordPressは、独自ドメインを使ってブログ・サイトを運営することができます。

WordPress初心者4

ドメインって何ですか?

WordPress講師

インターネット上で、サイトのアドレス(URL)やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。たとえば、WordPress超初心者講座では「wp-exp.com」というドメインを利用しています。

サイトのURLとして利用
  • http(s)://○○○.com
  • http(s)://○○○.net
  • http(s)://○○○.co.jp
メールアドレスとして利用
  • △△△@○○○.com
  • △△△@○○○.net
  • △△△@○○○.co.jp
○○○に入る文字列は、自由に決めることができます。しかし、すでに他者が登録している場合は使用することができません。早いもの勝ちです。

専用のアドレスでサイトを運営できる独自ドメインは、大きな財産になります。なぜなら、あなただけのアドレスを半永久的に使用できるからです。

WordPress初心者4

ドメインは、どうやって手に入れるんですか?

WordPress講師

以前はドメイン取得専門の業者に申し込むのが一般的でした。
しかし最近では、レンタルサーバーの契約時にサーバーもドメインも一括で申し込めるサービスが増えています。

先ほど紹介した「ConoHa WING」や「エックスサーバー」でも、サーバーとドメインの一括申し込みが可能です。詳しい説明は、下記ページをお読みください。

記事作成は「投稿」と「固定ページ」を使い分ける

一般的なブログでは、記事を追加すればするほど古い記事は埋もれて、読者が見つけづらくなってしまいます。これでは、たとえ「お問い合わせ」や「運営者プロフィール」などの重要なページを作っても、なかなか読んでもらえません。

この問題を解消するため、WordPressには「投稿」と「固定ページ」という2つの記事作成方法が用意されています。

「投稿」と「固定ページ」の一般的な使い分け

  • 投稿・・更新頻度の高い記事の作成に利用
  • 固定ページ・・常に特定の場所に固定表示させたいページの作成に利用
WordPress初心者3

お問い合わせやプロフィールのページは、「固定ページ」で作ればいいんですね!

詳しい説明は、投稿と固定ページの違いをお読みください。

アクセスされる度にページを生成する

WordPressでは、アクセスされる度にページを生成する仕組みになっています。どういうことなのか、一般的なホームページ作成ソフトの仕組みと比較して説明します。

一般的なホームページ作成ソフトの場合:

記事を作る度に、その記事内容を含んだファイルを生成します。つまり、100記事作れば100個のファイルが生成されるわけです。

記事にアクセスがあると、サーバーは記事ファイルの内容をそのまま読者のブラウザに送信してページを表示します。このように、あらかじめページの表示に必要なファイルを用意しておくサイトは「静的サイト」と呼ばれます。

WordPressの場合:

一方のWordPressは、記事が完成した段階でファイルを生成することはありません。では、いつファイルを生成するのか?それは、記事にアクセスされたときです。

WordPressでは、記事にアクセスがある度にサーバー内のデータを呼び出してからファイルを生成します。このように、その都度ページの表示に必要なファイルを生成するサイトは「動的サイト」と呼ばれます。

動的サイトのメリット
ショッピングサイトや会員制サイトのようにユーザーごとに異なる内容を表示させたり、Googleなどの検索サイトのようにリアルタイムで最新情報を提供できたりする、というメリットがあります。
WordPress講師

たとえばショッピングサイトの「購入履歴ページ」は、ユーザーごとに表示内容が異なりますよね。またGoogleでキーワード検索したときの「検索結果ページ」は、その時点で最新の検索結果が表示されます。

動的サイトのデメリット
アクセスがある度にページを生成する(=サーバーの仕事量が増える)ため、アクセスが多くなるほどサーバーへの負荷がかかり表示速度が遅くなる、というデメリットがあります。

ポイント

動的サイトを構築するWordPressを始めるなら、負荷に強く表示速度の速いサーバーを選ぶ

負荷に強く表示速度の速いサーバーを選ぶなら、下記の記事を参考にしてください。

関連書籍や解説サイトで情報を探しやすい

世界中で人気の高いWordPressは日本人ユーザーも多いため、日本語で解説されたサイトや書籍が充実しています。

WordPress Codex(公式マニュアル)

まず読んでおきたいのが、WordPress Codex 日本語版です。英語版の公式マニュアルが、有志によって翻訳されたサイトです。WordPressに関する、あらゆる情報が掲載されています。

WordPress 公式フォーラム

次に紹介するのは、WordPress 公式サポートです。マニュアルを読んでも解決しない問題は、誰でもフォーラム(掲示板)で質問することができます。

WordPressの関連本

書店に行けば、WordPressに関連する本がたくさん並んでいます。写真は、私がこれまでに読んだWordPress関連本の一部です。

WordPress講師

使い方がわからなかったり、トラブルが生じても、解決策を見つけやすいというのがWordPressの魅力の1つです。

セキュリティー対策は自己責任で

無料ブログサービスなら、セキュリティー対策は全て運営会社がやってくれます。しかし、WordPressの場合は基本的にセキュリティー対策は自分でやらなければなりません

WordPress初心者6

セキュリティー対策!?そんな難しいこと、私にはできそうにありません…

WordPress講師

初心者さんでも簡単にできるセキュリティー対策を紹介しますね。

簡単にできるセキュリティー対策

  • セキュリティー対策がしっかりしたサーバーを選ぶ
  • WordPress本体・テーマ・プラグインは最新の状態で使う
  • こまめにバックアップを取る
  • セキュリティー対策用のプラグインを利用する
セキュリティー対策がしっかりしたサーバーを選ぶ

セキュリティー対策がしっかりしていて、初心者さんにもおすすめなのはエックスサーバーです。エックスサーバーは、WordPressに特化したセキュリティー機能が充実しています。

エックスサーバーのWordPressセキュリティー設定
エックスサーバーでは、こんなに多くの機能が追加料金なしで使える
WordPressが狙われやすい場所の1つに、管理画面にログインするための「ログインページ」があります。エックスサーバーでは、攻撃者が短時間に連続してログインに失敗した場合にアクセスを制限する機能や、海外からのアクセスを制限する機能などが用意されています。

エックスサーバーの申し込み方法は、【ブログの始め方】エックスサーバーのWordPressクイックスタートで詳しく説明しています。

WordPress本体・テーマ・プラグインは最新の状態で使う

WordPress本体や、テーマ、プラグインは、新機能の追加やセキュリティー向上を目的としたバージョンアップがおこなわれています。新しいバージョンが公開されると、WordPressの管理画面上に更新を促す通知やメッセージが表示されます。

WordPress x.x.x が利用可能です ! 今すぐ更新してください。
WordPress講師

新バージョンが公開されたら、なるべく早めにアップデート(更新)するようにしましょう。アップデートする前には、このあと紹介する「バックアップ」も忘れずに。

詳しい説明は、WordPressをアップデート(更新)するをお読みください。

こまめにバックアップを取る

バックアップとは、万が一に備えてデータを別の場所に保存しておくことをいいます。もしブログ・サイトが表示されなくなるといったトラブルが発生しても、バックアップデータがあればトラブル発生前の状態に戻す(復元する)ことができます。

WordPress初心者4

どんなデータをバックアップすればいいんですか?

WordPress講師

WordPressのバックアップを取るには、「データベース」と「ファイル」のバックアップが必要です。

更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください
データベースとは?
記事の内容やコメント、WordPress管理画面での設定内容などのデータが保存される場所です。
WordPressが使用可能なレンタルサーバーでは、必ずデータベースが使える仕様となっています。
ファイルとは?
記事内に掲載する画像ファイルや、テーマ・プラグインを構成するファイル群などを指しています。

これらのバックアップをWeb初心者が自力で行うのは、かなり難しいです。でも安心してください。下記の記事でご紹介している方法なら、誰でも簡単にバックアップと復元をすることができます。

セキュリティー対策用のプラグインを利用する

WordPressでは、セキュリティー対策用のプラグインも用意されています。たとえば、下記の記事でご紹介している「SiteGuard WP Plugin」プラグインを使えば、WordPress管理画面のログインページURLを変更して不正アクセスを防ぐことができます。

詳しい説明は、WordPress管理画面のログインURLを変更できるプラグインをお読みください。

WordPressを使うメリット・デメリット

ここまでにご紹介したワードプレスの特徴を踏まえて、WordPressを使うメリット・デメリットをまとめます。

メリット

  • 無料で手に入り、商用利用もできる
  • 記事を直感的に編集・作成できる
  • テーマやプラグインによる拡張性が高い
  • ネット環境があればいつでもどこでも記事を更新できる
  • 独自ドメインでブログ・サイトを運営できる
  • 情報量が豊富である

デメリット

  • サーバー代・ドメイン代がかかる
  • 動的サイトなので表示速度が遅くなる
  • セキュリティー対策は自分でやる必要がある

向いている人・向いていない人

WordPressを使うのに向いている人と向いていない人についても、考えてみました。

向いている人

  • たくさんの情報を発信したい人
  • ブログ・サイトを使って、集客・収益化したい人
  • とことんカスタマイズして、独自性の高いサイトを作りたい人

向いていない人

  • 完全無料でブログを始めたい人
  • 記事をほとんど更新する予定がない人

WordPress講師

いかがですか?たくさんの魅力があるWordPress、始めてみたくなったでしょうか?
でもその前に、初心者さんが勘違いしがちな次の点について確認しておいてください。

ワードプレスは2種類ある!?
「Wordpress.org」と「Wordpress.com」の違い

WordPress初心者4

WordPressは、会員登録すれば無料で使えるって聞いたことがあるんですが…。

WordPress講師

それは「Wordpress.com」というレンタルブログサービスのことですね。

Wordpress.comのトップページ
レンタルブログサービス「Wordpress.com」

WordPress.com は、Automattic(オートマティック)という企業が運営するレンタルブログサービスです。会員登録すれば無料でWordpressを使い始めることができますが、使用できる機能には制限があります。いくつかの有料プランもあり、利用料金が高いプランほど機能の制限が解除される仕組みです。

WordPress.org は、WordPressソフト本体を無償で配布する公式サイトのことです。また、WordPressというソフトそのものを「Wordpress.org」と呼ぶ場合もあります。

当サイト「WordPress超初心者講座」では、後者のWordpress.orgに関連する内容について紹介しています。WordPress関連書籍においても、Wordpress.orgについて書かれているものがほとんどです。
WordPress講師

「Wordpress.org」と「Wordpress.com」とを混同してしまっている初心者さんが多いです。違いをしっかりチェックしておきましょう!

WordPressの始め方

WordPress初心者6

WordPressの特徴は理解できました。でも、どうやって始めたらいいかわかりません…

WordPress講師

次に紹介する、必要なものを用意しましょう!

始めるために必要なもの

WordPressでブログ・サイトを始めるために必要なのが、

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン
  • テーマ(デザインテンプレート)

です。

レンタルサーバー・独自ドメインを用意する

以前は、レンタルサーバー業者とドメイン取得業者、それぞれに契約申し込みをして面倒な初期設定をする必要がありました。

WordPress講師

実際にこのサイト(WordPress超初心者講座)では、サーバーは「エックスサーバー」、ドメインは「お名前.com」を利用しています。
サイト開設当時は、サーバー・ドメインを別々に申し込み、両者を紐付けするという方法が一般的でした。

しかし、現在ではレンタルサーバーの使い勝手がとてもよくなっています。おすすめの「ConoHa WING」や「エックスサーバー」なら、

  • サーバーの申し込み
  • 独自ドメインの取得
  • サーバー・ドメインの紐付け
  • WordPressブログの開設

これら全てが、たった10分ほどの手続きで完了。以前とは比べ物にならないほど簡単になりました。具体的な手順は、下記の記事で詳しく説明しています。

テーマを用意する

WordPress初期状態のインストール済みテーマ
WordPressの初期テーマ

WordPressには、初期状態でいくつかの公式テーマがインストールされています。さらに、ワードプレスの管理画面から数千種類もの公式テーマを無料で手に入れることもできます。

もちろん、これら公式テーマを利用するのもよいでしょう。しかし、これからWordPressを始める初心者さんには、次のポイントに注意してテーマを選んでほしいと思っています。

WordPress テーマ選びのポイント

  • シンプルなデザインのテーマを選ぶ
  • 初心者でも設定しやすい高機能なテーマを選ぶ
  • 日本語を正しく表示できるテーマを選ぶ
シンプルなデザインのテーマを選ぶ

テーマの中には、ページを開いた瞬間にド派手なアニメーションが始まるテーマや、複雑なレイアウトが組み込まれたテーマなどもあります。見た目にはインパクトがあるかもしれませんが、これらの演出は表示速度に悪影響をおよぼす可能性もあります。

WordPress講師

ページがなかなか表示されなければ、ほとんどの読者は立ち去ってしまいます…

なるべくシンプルなデザインのテーマを選ぶのがベターです。

初心者でも設定しやすい高機能なテーマを選ぶ

WordPressテーマには、ただデザインやレイアウトを決めるだけでなく、WordPress本体には無い機能を追加する役割もあります。たとえば、関連記事や人気記事ランキングの表示機能は、ワードプレスそのものには備わっていません。

これから運営するブログ・サイトに必要な機能が、十分に備わっているかチェックしましょう。

必要な機能がテーマに無ければ、プラグインを使って機能を追加するという方法もあります。しかし、プラグインを使いすぎたりテーマとの相性が悪かったりすると、プログラム上の不具合が発生することもあります。なるべく必要な機能が備わったテーマを利用したいですね。
日本語を正しく表示できるテーマを選ぶ

公式テーマはほとんどが海外製で、日本語サイト向けに作られているものは多くありません。中には、日本語サイトで利用すると、表示が崩れてしまうテーマもあります。

下記の記事では、日本国内で作られたおすすめのテーマをご紹介しています。

WordPressを始めるために必要なもの

レンタルサーバー・独自ドメイン

サーバー・ドメインを一括で簡単に申し込みできる、次の2つがオススメ。

WordPressの始め方「ConoHa WING」編

WordPressの始め方「エックスサーバー」編

テーマ(デザインテンプレート)

シンプルなデザインで、初心者でも設定しやすく高機能な、日本語を正しく表示できるテーマを選びましょう。

WordPress初心者におすすめのテーマ

WordPressの利用にかかる費用は?

WordPressでブログ・サイトを運営するためにかかる費用は、主に次の4つです。

WordPressの利用にかかる主な費用

  • サーバー初期費用(一部のサーバーは無料)
  • サーバー利用料金
  • 独自ドメイン取得・更新費用(一部のサーバーは無料)
  • テーマ購入費(有料テーマ利用の場合のみ)
以下に表示している料金は、いずれも2020年9月時点の税抜価格です。
サーバー初期費用

どのサーバーに申し込むかによって、初期費用は異なります。たとえば、おすすめサーバー ConoHa WINGとエックスサーバーの初期費用は、次の通りです。

  • ConoHa WING:無料
  • エックスサーバー:3,000円
サーバー利用・ドメイン更新の費用

サーバー利用料金と独自ドメイン更新費用については、WordPressを利用し続ける限りずっとかかります。いわゆる「固定費」です。

業者・サービスによって料金は異なりますが、一般的にはサーバーの利用に1ヶ月あたり数百円から数万円程度くらい、ドメイン更新に1年あたり1,000円~3,000円くらいかかります。
WordPress講師

ちなみに、このサイト(WordPress超初心者講座)の運営にかかっている1年あたりの費用は、サーバー代が10,800円、ドメイン更新費が1,280円です。

しかし、おすすめの「ConoHa WING」「エックスサーバー」なら、申し込みの方法やタイミングによっては独自ドメインの取得・更新費用をずっと無料にすることが可能です。

ConoHa WING(ベーシックプラン)の場合

WINGパック(長期利用者向けの割引プラン)に申し込むと独自ドメインの更新費用が無料になります。2020年11月6日まで、ConoHa WING 2周年記念キャンペーンを実施中。12ヶ月契約以上のWINGパックを新規申込すると全プラン20%OFFに。初期費用も無料なので、サーバー・ドメインの利用にかかる費用は1年あたり7,680円~ですみます。

ConoHa WING 公式サイトを見る

エックスサーバー(X10プラン)の場合

独自ドメイン無料や初期費用半額キャンペーンが不定期で開催されています。2020年11月5日まで、ドメイン永久無料&ご利用料金20%オフキャンペーンを実施中。今なら、サーバー・ドメインの利用にかかる費用は1年あたり9,640円~ですみます。

エックスサーバー 公式サイトを見る

テーマ購入費

有料テーマは買い切り型のものが多く、購入時のみ費用がかかります。もちろん無料テーマを使ってもよいのですが、個人的には有料テーマをおすすめします。その主な理由は、無料テーマに比べて次の点ですぐれているものが多いからです。

  • デザイン性が高い
  • 高機能である
  • 設定が簡単である
  • マニュアルやサポートが充実している

初心者さんにオススメの「THE THOR(ザ・トール)」というテーマは、購入時に14,800円かかります。しかしデザイン性も機能性も高く、簡単に扱えるうえ、複数のブログ・サイトで使いまわしも可能なので、コスパのいいテーマといえます。

かかる費用のまとめ

WordPressを使うためにかかる費用をまとめます。最初の1年間は、以下の費用がかかります。

内訳 ConoHa WING
ベーシックプラン利用の場合
エックスサーバー
X10プラン利用の場合
サーバー初期費用 0円 3,000円
サーバー利用料金
1年あたり
7,680円
36ヶ月契約の場合
9,600円
36ヶ月契約の場合
独自ドメイン費用 0円
WINGパック利用の場合
0円
11月5日まで
テーマ購入費 14,800円
「ザ・トール」を購入した場合
合計 22,480円~
無料テーマを使う場合は7,680円~
27,400円~
無料テーマを使う場合は12,600円~
表内「サーバー利用料金」は、キャンペーン適用時の特別料金です(ConoHa WING:2020年11月6日まで/エックスサーバー:2020年11月5日まで)

よくある質問

無料で使えるサーバーはないの?

数は少ないですが、WordPressが使える無料サーバーもあります。しかし、以下の理由でおすすめはしません。

  • 性能が低い
  • 広告が表示される
  • サービスが終了しても文句は言えない

本当に専門知識がなくても始められるの?

WordPressは、直感的な操作で記事を作成でき、コンテンツの管理が簡単にできる、とてもすぐれたツールです。ただ、WordPress本体の機能はとてもシンプルなので、足りない機能はテーマやプラグインによって補う必要があります。

それでも不十分な場合は、カスタマイズすることもできます。たとえば、テーマを構成するファイル内のコードを書き換えたり、テーマやプラグインそのものを自作することも可能です。ただし、このようなカスタマイズをするには以下の専門知識が欠かせません。

  • HTML
    ・・Webページを作成するための基本となる言語
  • CSS
    ・・Webページのスタイルを指定する言語
  • PHP
    ・・Webページを動的に生成する言語
WordPress講師

決して完璧にマスターする必要はありません。ネット検索やおすすめの本で基本を身につけるだけでも、ある程度のカスタマイズはできるようになります。

まとめ

WordPress(ワードプレス)とは?

  • ブログ・サイトを簡単に作成できるソフトのこと
  • 世界で最も人気の高いCMS(コンテンツ管理システム)

WordPressはなぜ人気なのか?

  • 無料で手に入り、商用利用もできるから
  • 記事を直感的に編集・作成できるから
  • テーマやプラグインによる拡張性が高いから

WordPressの主な特徴は?

  • 「テーマ」を使ってデザインを簡単に変更できる
  • 「プラグイン」を使って機能を手軽に追加できる
  • サーバーにインストールする必要がある
  • 独自のURLでブログ・サイトを運営できる
  • 記事作成は「投稿」と「固定ページ」を使い分ける
  • アクセスされる度にページを生成する
  • 関連書籍や解説サイトで情報を探しやすい
  • セキュリティー対策は自己責任で

WordPressを使うメリットは?

  • 無料で手に入り、商用利用もできる
  • 記事を直感的に編集・作成できる
  • テーマやプラグインによる拡張性が高い
  • ネット環境があればいつでもどこでも記事を更新できる
  • 独自ドメインでブログ・サイトを運営できる
  • 情報量が豊富である

逆に、デメリットは?

  • サーバー代・ドメイン代がかかる
  • 動的サイトなので表示速度が遅くなる
  • セキュリティー対策は自分でやる必要がある

WordPressを使うのに向いている人は?

  • たくさんの情報を発信したい人
  • ブログ・サイトを使って、集客・収益化したい人
  • とことんカスタマイズして、独自性の高いサイトを作りたい人

逆に、向いていない人は?

  • 完全無料でブログを始めたい人
  • 記事をほとんど更新する予定がない人

WordPressを始めるために必要なものは?

  • レンタルサーバー
  • 独自ドメイン
  • テーマ(デザインテンプレート)

WordPress初心者におすすめのサーバーは?

おすすめのテーマ(デザインテンプレート)は?

WordPressの利用にかかる費用は?

  • サーバー初期費用(一部のサーバーは無料)
  • サーバー利用料金
  • 独自ドメイン取得・更新費用(一部のサーバーは無料)
  • テーマ購入費(有料テーマ利用の場合のみ)

継続的にかかる費用は、年間1万円程度。


ここまでWordPressの特徴やメリット・デメリット、さらにワードプレスの始め方について説明してきました。いかがだったでしょうか?

ウェブ制作が初めての人には聞き慣れない「サーバー」や「ドメイン」などの話が登場し、面倒そうだな…と感じたかもしれませんね。でも、現在のレンタルサーバーは本当に使い勝手がよくなっていて、WordPressブログ・サイトの開設はあっという間に完了します。

ぜひ、下記の記事を参考にWordPressを始めてみてください。

超初心者さんにはコチラがおすすめ!
高速で管理画面が使いやすい「ConoHa WING」で始めたい人は…

安定性が高く実績豊富な「エックスサーバー」で始めたい人は…

WordPress講師

使い方でわからないことがあったら、またこのサイトをお役立ていただけたら嬉しいです。では、頑張ってくださいね!