WordPress(ワードプレス)は、ブログやホームページを作成できるソフトです。今や、世界中のWebサイトの約3分の1はWordPressで作られていると言われています。日本国内でも、個人ブログだけでなく企業や公共機関のホームページなどに幅広く利用されています。このページでは、ワードプレスの主な特徴やメリット・デメリットを紹介します。

WordPress(ワードプレス)とは

WordPressとは、簡単に言うとブログやホームページを作成できるソフトです。

通常、ホームページを作成するにはHTML・CSS・PHPなどの専門知識が必要です。しかし、「これからホームページ作りを始めよう」という初心者がこれらの知識を習得するには、たいへんな時間と労力がかかります。

ホームページ作成にはHTML・CSS・PHPなどの専門知識が必要
プログラミング言語「PHP」のコードサンプル

そんな難しい部分をあなたの代わりに担当してくれるのが、WordPressです。あなたは、文章や画像などのコンテンツを専用の管理画面から入力するだけで、簡単にホームページを作成することができます。

このように、専門知識なしでホームページが作成でき、文章や画像などのコンテンツを管理できるシステムを、CMSContent Management System:コンテンツ管理システム)といいます。WordPressは、世界でトップシェアを誇るCMSなんですよ。

WordPressは世界トップシェアのCMS
W3Techsの調査結果より引用

日本国内でも、WordPressの活用事例はたくさんあります。個人ブログや企業の公式サイトだけでなく、学校・公的機関などのホームページにもWordPressが使われています。もちろん、いまご覧のWordPress超初心者講座も、WordPressで作っています。

WordPressの活用事例

WordPressの活用事例1
クックパッド株式会社
WordPressの活用事例2
早稲田大学
WordPressの活用事例3
南三陸町観光協会

なぜWordPressはこんなにも人気が高いのでしょうか?その理由は、次に紹介するWordPressの特徴が大きく関係していると思います。

WordPressの特徴

WordPressの主な特徴をあげてみましょう。

  • 無料で商用にも使える
  • 多くの開発者によって進化を続ける
  • 日本国内で人気が高い
  • 更新作業が簡単にできる
  • サーバー設置型のソフトである
  • 独自ドメインが使える
  • テーマを使って簡単にデザインを変更できる
  • プラグインを使って機能を追加できる
  • 複数のユーザーで管理・運営できる
  • カスタマイズの自由度が高い

いくつか専門用語が登場したので、ちょっとわかりづらいですか?それぞれの特徴について、くわしく見ていきます。

無料で商用にも使える

WordPressは、無料で手に入れることができます。使用にも費用はかかりません。さらに、商用利用も認められています。ビジネス用にブログやホームページを始めたい人にとって、コスト削減になるのは嬉しいですよね。

そもそも、WordPressはなぜ無料なのでしょうか。それは、WordPressがオープンソースのソフトだからです。

オープンソースとは
ソースコード(ソフトの設計図のようなもの。プログラムのこと)を無償で公開して、商用・非商用を問わず自由に改良・再配布できるソフトです。

多くの開発者によって進化を続ける

自由に改良することが認められたオープンソースなので、WordPressの開発には世界中の有志たちが関わっています。例えば、WordPress本体の新機能追加、あとで紹介する「テーマ」や「プラグイン」の開発など。WordPressは進化を続けています。

しかし、オープンソースであるがゆえの欠点もあります。それは、サイバー攻撃の対象となりやすい点です。主な理由として、

  • ソースコードが無償公開されているので、攻撃者がWordPressの脆弱性を発見しやすい
  • 無料ソフトなので気軽に使える反面、利用者の多くがセキュリティ対策への認識が甘い

などが考えられます。
そこでWordPress開発者は、脆弱性が見つかれば速やかに修正し、新バージョンを公開しています。
私たち利用者も、

  • 新バージョンが公開されたらアップデート(更新)する
  • セキュリティが強固なサーバーを利用する
  • セキュリティ関連のプラグインを導入する

など、できる限りの対策をする必要があります。
サーバー、プラグインについては、このあと紹介します。

日本国内でも人気が高い

世界でトップシェアを誇るWordPressは、日本でも人気のCMSです。日本人ユーザーが多いため、日本語で解説されたWebサイトや書籍が充実しています。

WordPress Codex(公式マニュアル)

まず読んでおきたいのが、WordPress Codex 日本語版です。英語版の公式マニュアルが、有志によって翻訳されたサイトです。ワードプレスに関する、あらゆる情報が掲載されています。

WordPress 公式フォーラム

次に紹介するのは、WordPress 公式サポートです。マニュアルを読んでも解決しない問題は、誰でもフォーラム(掲示板)で質問することができます。

WordPressの関連本
書店に行けば、WordPressに関連する本がたくさん並んでいます。写真は、私がこれまでに読んだワードプレス関連本の一部です。

使い方がわからなかったり、トラブルが生じても、解決策を見つけやすいというのがWordPressの魅力の1つです。

利用者が多いということは、WordPressを取り扱っているホームページ制作業者も多いということ。仮に制作中につまづいてしまっても、いざとなったらプロに任せることもできますね。

更新作業が簡単にできる

記事の投稿・編集やサイトに関する設定などは、WordPress専用の管理画面から行います。わかりやすい画面構成なので、直感的な操作ができるはずです。管理画面は、ブラウザ(Webサイトを閲覧するソフト)で開くことができます。

WordPress 管理画面
WordPressの管理画面

管理画面は、ログイン用のユーザー名とパスワードを知っている人だけがアクセスできます。インターネットにつながったパソコンやスマートフォンなどがあれば、自宅やオフィスだけでなくカフェや公園などでもログインできるので、時間や場所を問わず更新作業ができます。

サーバー設置型のソフトである

もしあなたが普段パソコンを使っているなら、ソフトはどこにインストールされていますか?ワープロソフトや表計算ソフトなど、通常はパソコン本体にインストールされていますよね。
またスマートフォンを使っているなら、新しいアプリを追加するときスマホ本体にインストールするのではないでしょうか。

しかし、WordPressはパソコンやスマホ本体にインストールするソフトではなく、サーバー(Webサーバー)という場所にインストールします。

サーバー(Webサーバー)とは?
インターネットにつながった、サイトに関わるデータを保管するコンピューターの一種です。WordPressをインストールしたサーバーには、管理画面から入力した文章・画像や、記事に設定したカテゴリー・公開日など、さまざまなデータが保管されます。

WordPressで作ったサイトにアクセスされると、そのページの表示に必要なデータを訪問者側に送信する役目もあります。

「ネットにつながったパソコンやスマートフォンなどがあればいつでも管理画面にアクセスできる」と言ったのは、WordPressをサーバー(Webサーバー)にインストールするからなんです。

「サーバーにWordPressをインストールするなんて、私にできるのだろうか…。」

そんな心配は無用です。ひと昔前なら、WordPressは自力でサーバーにインストールする必要がありましたが、最近では多くのサーバー事業者が簡単インストール機能を提供しています。簡単なクリック&入力操作だけでインストールが完了します。かかる時間は、慣れればものの数分です。

サーバーはどうやって用意するの?
個人のブログやお店のホームページなど、規模がそれほど大きくないサイト向けにサーバーを用意するなら、レンタルするのが一般的です。サービス内容により価格は異なり、月々数百円~数千円ほどで利用することができます。
無料サーバーのデメリット
無料で使えるサーバーもありますが、「突然サービスの提供が終了するかもしれない」「広告が表示される」など、デメリットが大きいことからおすすめしません。特に、WordPressをビジネスに利用する場合は、有料サービスを使いましょう。

簡単インストール機能を備えた有料サーバーの中でオススメなのが、エックスサーバーです。安定性が高く稼働実績が豊富で、WordPress超初心者講座もエックスサーバーを利用しています。

エックスサーバーの評判がいい理由とは?8年以上使い続けた感想と評価

サーバーの仕組みやレンタルサーバーの選び方については、下記ページをご覧ください。

独自ドメインが使える

WordPressは独自ドメインが使える
ドメインとは?
インターネット上で、サイトのアドレス(URL)やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。例えば、WordPress超初心者講座では「wp-exp.com」というドメインを利用しています。

専用のアドレスでサイトを運営できる独自ドメインは、大きな財産になります。なぜなら、あなただけのアドレスを半永久的に使用できるからです。

独自ドメインを取得しなくても、WordPressでサイトを作ることはできます。例えば、先ほど紹介したエックスサーバーをレンタルすると、「○○○.xsrv.jp」というドメイン(初期ドメイン)が与えられます。

初期ドメインを使ってサイトを開設することもできるのですが、いわばアドレスを借りている状態です。仮に、他のサーバーに引っ越したり、サーバーのレンタル提供が終了してしまったら、このアドレスでサイトを続けることはできなくなってしまいます。
お気に入りに登録してくれていたり、他のサイトからリンクを貼ってくれていても、アクセスしてもらうことはできません。これは、大きな損失ですよね。

独自ドメインの利用は有料ですが、商用サイトの場合は特にコストパフォーマンスが高いと思います。ちなみに、WordPress超初心者講座のドメイン(wp-exp.com)はお名前.comで取得・管理しています。

おすすめのドメイン取得サービスについては、下記ページをご覧ください。

次に、先ほど少しお話した「テーマ」と「プラグイン」について紹介しましょう。

テーマを使って簡単にデザインを変更できる

テーマとは
サイトの見た目を決める「デザインテンプレート」です。文章などのコンテンツはそのままに、テーマを変更するだけで簡単に“着せ替え”することができます。
最新のWordPres公式テーマ 「Twenty Twenty」
最新のWordPres公式テーマ
「Twenty Twenty」

WordPressの公式サイト内「テーマディレクトリ」で、たくさんのテーマが配布されています。これらは「公式テーマ」と呼ばれ、WordPressの管理画面で簡単に入手できます。

公式テーマは、世界中のレビュアーによって動作検証され、安全が確認されたもののみ登録されます。ただ公式テーマの多くは海外製で、英語に不慣れだと扱いにくかったり、日本語サイトの表示に不具合が生じる場合があります。

公式テーマ以外にも、個人や企業が配布・販売しているテーマもあります。ただし、悪意のあるコードが仕組まれている場合もあるので、信頼できる開発者から手に入れましょう。

プラグインで機能を追加できる

プラグインとは
WordPress本体に備わっていない機能を、追加することができるプログラムです。

例えば、「サイトマップ」を生成する機能や、「問い合わせフォーム」を設置する機能は、WordPress本体には備わっていません。サイトマップや問い合わせフォームを自分で作ろうとしても、初心者には不可能です。しかしプラグインを使うと、これらの機能を簡単に追加することができます。

WordPressプラグイン 新規追加画面
WordPressプラグイン
新規追加画面

プラグインも、先ほどのテーマと同様に「公式プラグイン」が存在し、WordPressの管理画面で簡単に手に入ります。ただ、プラグインを大量に導入すると、プログラム上の不具合が発生することもあるので注意してください。

複数のユーザーで管理・運営できる

WordPressでは、ユーザー権限を設定することができます。例えば、ブログ・サイト全体を管理する人、記事を書く人、デザインを変更する人など、担当者ごとにユーザーを登録し、それぞれに権限を持たせることが可能です。

カスタマイズの自由度が高い

テーマカスタマイザー機能を使うと、レイアウトや色、表示内容を簡単に変更することができます。

WordPress テーマカスタマイザー画面

ウィジェット機能を使えば、サイドバーやフッター部分などにさまざまなパーツを設置することができます。

また、テーマの構成ファイルに記述されているコードを直接編集すれば、より高度なカスタマイズが可能です。ただし、HTML・CSS・PHPなどの専門知識が必要なので、初心者向きではありません…。

WordPress テーマの編集画面

WordPressを使うメリット・デメリット

これまでにご紹介した特徴をふまえ、WordPressを使うメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • 専門知識がなくてもサイトを作れる
  • 無料で使えて商用利用もOK
  • 新しい機能がどんどん追加される
  • 使い方に関する情報を見つけやすい
  • 時間や場所を問わず簡単に更新できる
  • 独自ドメインでサイトを運営できる
  • 「テーマ」でデザイン設定が簡単
  • 「プラグイン」で機能拡張が簡単
  • 複数のユーザーで管理できる
  • 思い通りにカスタマイズできる
デメリット
  • サーバーやドメインの費用がかかる
  • 初期設定が少しだけ面倒
  • サイバー攻撃の対象となりやすい
  • とことんカスタマイズするなら専門知識が必要

まとめ

WordPressは、ブログやホームページを作成できるオープンソースのソフトです。無料で入手でき、商用サイトの作成にも使えます。
WordPressの開発には世界中の有志たちが関わっていて、日々進化を続けています。ただ、脆弱性を突いたサイバー攻撃の対象となりやすい点には注意が必要です。

世界でトップシェアを誇るWordPressは日本人ユーザーも多く、日本語で解説されたWebサイトや書籍が充実しています。使い方がわからなかったり、トラブルが生じても、解決策を見つけやすいです。

WordPressはWebサーバー設置型のソフトで、管理画面の表示にはブラウザを使用するため、時間や場所を問わず更新作業ができます。
独自ドメインが使えるのは、一般的な無料ブログサービスよりも優れたポイントです。

そして、WordPress最大の魅力といえるのが、「テーマ」と「プラグイン」です。その多くが無料で入手でき、Web初心者でも本格的なサイト制作を実現できるからです。

慣れるまでには、多少の時間と経験が必要です。WordPress超初心者講座では、初心者の方でもスムーズに使い始められるように、できるだけわかりやすい用語と豊富な図解で解説することを心がけています。どうぞ、お役立てください。

まずは、下記ページを参考に始めてみませんか?