WordPressの記事作成機能の1つ「固定ページ」の使い方作り方を説明します。投稿と固定ページの違いを理解して正しく使い分けることで、Webサイトの構造を明確にすることができます。

固定ページの使い方

WordPressで記事を作成するための標準機能には、「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。それぞれの特徴の違いから、次のように使い分けるのが一般的です。

投稿と固定ページの使い分け
投稿
更新頻度の高い記事
  • ブログ記事
  • ニュース
  • お知らせ など
固定ページ
定位置に表示させるページ
  • 問い合わせページ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ など

投稿と固定ページの違い

投稿と固定ページの主な違いは、記事を公開した後の表示のされ方や、分類・整理の方法にあります。

投稿と固定ページの比較表
比較項目 投稿 固定ページ
時系列で表示 できる できない
カテゴリーやタグで分類 できる できない
親子関係の指定 できない できる
アーカイブページの生成 できる できない
トップページへの指定 できない できる
フィードの配信 できる できない
抜粋の入力 できる できない
パーマリンク設定 できる できない

詳しい説明は、投稿と固定ページの違いと使い分けをお読みください。

固定ページの作り方

固定ページを作成する主な手順は、次のとおりです。

  1. 固定ページを新規追加する
  2. タイトルや本文などを入力する
  3. 公開前の設定をする
  4. ページを公開する

1.固定ページを新規追加する

WordPress管理画面の左側にあるメニュー[固定ページ]→[新規追加]をクリックします。

固定ページの新規追加方法

2.タイトルや本文などを入力する

固定ページの編集画面では、投稿と同様に「ブロックエディタ」を使います。もし投稿の編集に慣れているなら、固定ページも簡単に作ることができるはずです。

固定ページのタイトルや本文などを入力する
WordPress講師

必要に応じて「見出し」や「画像」を入れたり、「リスト」を使ったりして、読みやすいページを作りましょう!

ブロックエディタにまだ慣れていない場合は、ブロックエディタ(Gutenberg)の使い方を参考にしてください。

3.公開前の設定をする

固定ページ編集画面の右側にあるパネルで[固定ページ]タブを選択すると、公開前のさまざまな設定ができます。

固定ページ編集画面のパネルで固定ページタブを選択
パネルで設定できる内容は、使っているテーマによって異なります。上の画像は、WordPress標準テーマ「Twenty Twenty-One」利用時のものです。

[固定ページ]タブでできる以下の設定について、詳しく見ていきます。

  • パーマリンクを設定する
  • コメントを受け付ける
  • 親ページを選択する
  • テンプレートを選択する

パーマリンクを設定する

[パーマリンク]で「URLスラッグ」を指定すると、固定ページのURLに反映されます。

固定ページ編集画面のパーマリンクでURLスラッグを入力

たとえばサイトアドレスが「http://example.com/」の場合、URLスラッグに「contact」と入力すると固定ページのURLは、

http://example.com/contact/

となります。

URLスラッグを入力できない場合
パーマリンク設定共通設定で「基本」を選択している場合はURLスラッグを入力できないため、固定ページのURLを任意で決めることはできません。

コメントを受け付ける

[ディスカッション]にある「コメントを許可」にチェックを入れると、作成した固定ページでコメントを受け付けることができます。

固定ページ編集画面の「コメントを許可」にチェック

親ページを選択する

[ページ属性]で「親ページ」を選択することができます。記事に親子関係を設定できるのは、投稿にはない固定ページだけの機能です。親子関係を設定することで、Webサイトの構造を明確にすることができます。

固定ページ編集画面のページ属性で「親ページ」を選択
固定ページの親子関係を指定するためには、親ページを先に作成しておく必要があります。

テンプレートを選択する

テーマによっては、[ページ属性]で「テンプレート」を選択することができます。必要に応じてデザインやレイアウトを変更できる機能です。

固定ページ編集画面のページ属性で「テンプレート」を選択
テーマ「Twenty Twenty-One」利用時は、テンプレートを選択することができません。上の画像は、テーマ「Twenty Twenty」利用時のものです。

4.ページを公開する

ページの編集ができたら、[ステータスと公開状態]で公開に関する設定をします。

固定ページ編集画面の「ステータスと公開状態」
  1. 公開の対象者を選択する
  2. 公開日時を設定する
  3. ページを公開する
1.公開の対象者を選択する

表示状態の「公開」をクリックすると、公開の対象とする閲覧者を選択することができます。初期状態では、すべての人(制限なし)が対象となっています。

固定ページ編集画面の表示状態「公開」をクリック
2.公開日時を設定する

公開の「今すぐ」をクリックすると、公開日時の設定ができます。

固定ページ編集画面の公開「今すぐ」をクリック
3.ページを公開する

ページの編集や設定ができたら、画面右上の公開をクリックします。

固定ページ編集画面の「公開」ボタンをクリック

編集や設定の途中で保存する場合は、下書き保存をクリックします。

固定ページ編集画面の「下書き保存」をクリック

公開してもよいですか?」と聞かれます。設定内容に問題がなければ、公開をクリックします。

固定ページ編集画面の「公開」ボタンをクリック
WordPress講師

「公開してもよいですか?」のメッセージが不要であれば、画面下の「公開前チェックを常に表示する。」のチェックを外しておきましょう。

固定ページを見つけやすくする

固定ページを作成・公開しただけでは、Webサイト上には表示されません

固定ページを公開しても、Webサイト上には表示されていない
固定ページを公開しても、Webサイト上には表示されていない
使用しているテーマや、WordPress管理画面の設定状況によっては、固定ページのリンクがWebサイト上に自動表示される場合があります。

訪問者が固定ページを見つけやすいように、メニューウィジェットを活用しましょう。

メニューに固定ページを追加する

メニューは、Webサイト内の移動をしやすくするための目次のようなものです。WordPress管理画面[外観]→[メニュー]をクリックすると、メニューを作成することができます。

メニュー設定画面の表示方法
メニュー設定画面の表示方法

下のようにメニューを作成すると・・・

固定ページ表示用メニューの作成例
固定ページ表示用メニューの作成例

Webサイトのメニューに、固定ページのリンクが表示されます。

メニューに固定ページが表示された
メニューに固定ページが表示された
メニューの表示場所やデザインなどは、使っているテーマによって異なります。上の画像は、WordPress標準テーマ「Twenty Twenty-One」利用時のものです。

ウィジェットに固定ページを追加する

ウィジェットは、Webサイト上にさまざまな“パーツ”を設置できる機能です。管理画面[外観]→[ウィジェット]をクリックすると、ウィジェットの設定をすることができます。

ウィジェット設定画面の表示方法
ウィジェット設定画面の表示方法

利用できるウィジェットには、さまざまなパーツが用意されています。これらのうち、固定ページをサイト上に表示させるための主なウィジェットとして、

  • ナビゲーションメニュー]ウィジェット
  • 固定ページ]ウィジェット

があります。

固定ページを表示できるウィジェット[ナビゲーションメニュー]と[固定ページ]
ウィジェットを使って、サイト上に固定ページのリンクを表示できる
ウィジェットの種類は、使っているテーマによって異なります。上の画像は、WordPress標準テーマ「Twenty Twenty-One」利用時のものです。

ナビゲーションメニュー ウィジェット

ナビゲーションメニュー]ウィジェットを使うと、管理画面[外観]→[メニュー]で作成したメニューをサイドバーなど任意の場所に表示させることができます。

[ナビゲーションメニュー]ウィジェットによる固定ページの表示例
[ナビゲーションメニュー]ウィジェットによる固定ページリンクの表示例

[ナビゲーションメニュー]ウィジェットを追加し、下記手順で固定ページを表示させます。

  1. タイトルを入力する(空欄でも可)
  2. メニューを選択する
  3. 保存をクリック
[ナビゲーションメニュー]ウィジェットで固定ページを表示させる
[タイトル:]を空欄にした場合
サイト上には何も表示されません。
[メニューを選択:]について
メニューに固定ページを追加する」で作成したメニューと同じものを選ぶこともできますし、ウィジェット専用のメニューを新たに作成して設置することもできます。

固定ページ ウィジェット

[固定ページ]ウィジェットを使うと、すでに公開している固定ページのリンクを一覧表示させることができます。

[固定ページ]ウィジェットによる固定ページの表示例
[固定ページ]ウィジェットによる固定ページの表示例

[固定ページ]ウィジェットを追加し、下記手順で固定ページを表示させます。

  1. タイトルを入力する(空欄でも可)
  2. 並び順を選択する
  3. 一覧から除外したい固定ページを指定する(任意)
  4. 保存をクリック
[固定ページ]ウィジェットで固定ページを表示させる
[タイトル:]を空欄にした場合
サイト上には「固定ページ」というタイトルが自動表示されます。
[並び順:]で「ページ順序」を選択した場合

各固定ページの編集画面で指定できる[順序]が反映されます。

固定ページの編集画面で順序を指定できる
固定ページの編集画面で順序を指定できる
[並び順:]や[除外ページ:]にある「ページID」とは
ページIDは、固定ページ1つひとつに自動で割り当てられる数字です。ページIDの確認方法については、投稿・固定ページ・カテゴリー・タグのIDを確認する方法をお読みください。

固定ページの編集・削除

作成済みの固定ページを再編集・削除するには、固定ページの一覧画面から操作できます。

固定ページの一覧表示

固定ページの一覧を表示するには、管理画面メニュー[固定ページ]→[固定ページ一覧]をクリックします。

固定ページ一覧画面の開き方

固定ページの一覧では、[公開済み]ページだけではなく、[下書き保存]したページや[非公開]に設定したページなども含まれます。また、子ページ名の先頭には「-」が表示されます。

固定ページの一覧
固定ページの一覧

固定ページの編集

編集したい固定ページのタイトルにマウスを合わせ、[編集]または[クイック編集]をクリックします。

固定ページの編集方法

クイック編集]画面では本文の内容を編集することはできませんが、タイトルなどを修正するときに便利です。

固定ページのクイック編集画面
固定ページのクイック編集画面

固定ページの削除

固定ページのタイトルにマウスを合わせ[ゴミ箱へ移動]をクリックすると、固定ページを削除できます。

固定ページの削除方法

削除した固定ページの復元

削除した固定ページは、復元することができます。固定ページ一覧で「ゴミ箱」をクリックし、復元したい固定ページのタイトルにマウスを合わせ[復元]をクリックします。

固定ページの復元方法
復元直後のページは、下書き状態となっています。そのため、サイト上に表示させるためには「公開」の操作が必要です。

固定ページをトップページに設定する

通常、WordPressで作成したWebサイトのトップページでは、投稿が新しい順に表示されます。しかし、トップページの表示内容を固定化したい場合もあるでしょう。

任意の固定ページをトップページに指定すれば、独立した1つのページを「トップページ」として表示させることができます

WordPress講師

当サイト「WordPress超初心者講座」のトップページも、固定ページで作成しています。

トップページを固定化するための手順は、次のとおりです。

  1. トップページに表示したい内容を、固定ページで作成する
  2. 作成した固定ページを、トップページに指定する
1.トップページに表示したい内容を、固定ページで作成する
この記事の「固定ページの作り方」で紹介した手順で、トップページを作成します。
2.作成した固定ページを、トップページに指定する

管理画面メニュー[設定]→[表示設定]をクリックします。

表示設定画面の表示方法

ホームページの表示で[固定ページ]をチェックし、[ホームページ:]で手順1で作成したトップページを選択します。最後に、画面下の変更を保存をクリックします。

ホームページの表示で、トップページに固定ページを指定

さらに詳しい説明が必要な場合は、トップページ(フロントページ)に固定ページを設定するをお読みください。

まとめ

WordPressの固定ページ機能は、「問い合わせページ」や「サイトマップ」など、つねに同じ位置に表示させたいページの作成に向いています。また、トップページに表示させたい内容を、固定ページで編集することもできます。

固定ページの編集画面では投稿と同じ「ブロックエディタ」を使うので、もし投稿の編集に慣れているなら固定ページも簡単に作ることができるはずです。

投稿とは違って、固定ページでは親子関係を設定することができるので、Webサイトの構造を明確にすることができます。

ただ、固定ページを作成・公開しただけではWebサイト上に表示されない場合もあるため、メニューやウィジェットなどを活用して、訪問者が見つけやすいようにする工夫が必要です。