WordPressで作成したWebサイトのトップページに、固定ページを設定する方法を紹介します。通常、WordPressではトップページに投稿が時系列で表示されますが、この記事で紹介している設定をすればトップページに特定のコンテンツを掲載することができます。

「トップページ」という用語について

Webサイトの入口となるページを「トップページ」と呼ぶのが一般的ですが、WordPress管理画面では「ホームページ」あるいは「フロントページ」と表記されます。

トップページの表示内容を固定化する

WordPressで作成したWebサイトのトップページには、投稿が新しい順に並ぶしくみになっています。これは一般的なブログ型サイトによく見られる表示形式です。

しかし、Webサイトの内容や目的によっては、トップページに特定のコンテンツを掲載したい場合もあるでしょう。そんなホームページ型の表示形式にするには、以下の手順で設定します。

  1. トップページを固定ページで作成する
  2. 作成した固定ページをトップページに指定する

1.トップページを固定ページで作成する

トップページに表示したい内容を、固定ページで編集します。

トップページを固定ページで編集する

固定ページの編集方法については、下記ページを参考にしてください。

2.作成した固定ページをトップページに指定する

1.で作成した固定ページをトップページに指定するには、WordPress管理画面メニュー[設定]→[表示設定]をクリックします。

固定ページをトップページに指定する画面の開き方
WordPress管理画面メニュー[外観]→[カスタマイズ]→[ホームページ設定]でも、同様の設定をすることができます。

ホームページの表示で[固定ページ]をチェックし、[ホームページ:]をクリックして手順1で作成したトップページを選択します。最後に、画面下の変更を保存をクリックします。

ホームページの表示で、トップページに固定ページを指定

トップページに指定したページは、固定ページ一覧で「- フロントページ」と表示されます。

固定ページ一覧で「- フロントページ」と表示
管理画面メニュー[固定ページ]→[固定ページ一覧]

トップページの表示確認

WordPress管理画面上部の「サイト名」をクリックすると、トップページを表示します。

管理画面上部の「サイト名」をクリックしてトップページを表示

編集内容がきちんと反映されているか、チェックしておきましょう。

トップページの表示内容をチェック
トップページに指定した固定ページの内容が表示された

トップページのアドレス(URL)

トップページに指定した固定ページのURLは、管理画面メニュー[設定]→[一般設定]のサイトアドレス (URL)と同じになります。

トップページのURLは、サイトアドレス (URL)に置き換わる
トップページに指定した固定ページのURLは、サイトアドレス (URL)に置き換わる

トップページに指定した固定ページの編集画面では、パーマリンクを変更することはできません。

トップページに指定した固定ページの編集画面では、パーマリンクを変更できない
トップページに指定した固定ページの編集画面では、パーマリンクを変更できない

投稿ページを作成する

先ほど、固定ページをトップページに指定する画面で、[投稿ページ:]というメニューがありました。

表示設定画面の[投稿ページ:]メニュー

投稿ページは、もともとトップページに新しい順に並んでいた投稿の一覧を、別の固定ページに表示できる機能です。

投稿ページの設定は任意です

投稿を一覧表示するページが不要であれば、新たに作成しなくてかまいません。

投稿ページを表示させるためには、以下の手順で設定します。

  1. 投稿ページを固定ページで作成する
  2. 作成した固定ページを投稿ページに指定する

1.投稿ページを固定ページで作成する

投稿ページを固定ページで作成します。このとき、本文には何も入力しなくてかまいません

投稿ページを固定ページで編集する

2.作成した固定ページを投稿ページに指定する

1.で作成した固定ページを投稿ページに指定するには、WordPress管理画面メニュー[設定]→[表示設定]をクリックします。

固定ページを投稿ページに指定する画面の開き方
WordPress管理画面メニュー[外観]→[カスタマイズ]→[ホームページ設定]でも、同様の設定をすることができます。

投稿ページ:]をクリックし、手順1で作成した投稿ページを選択します。最後に、画面下の変更を保存をクリックします。

[投稿ページ:]を指定

投稿ページに指定したページは、固定ページ一覧で「- 投稿ページ」と表示されます。

固定ページ一覧で「- 投稿ページ」と表示
管理画面メニュー[固定ページ]→[固定ページ一覧]

投稿ページに指定すると、内容を編集できなくなる

投稿ページに指定したページは、その編集画面を開いても「最新の投稿を表示するページを編集中です。」と表示され、内容を編集することができなくなります。

投稿ページに指定すると、内容を編集できなくなる
投稿ページに指定した固定ページの編集画面

投稿ページを見つけやすくする

通常、投稿ページを公開・設定しただけでは、Webサイト上に表示されません。サイト訪問者が投稿ページを見つけやすくするため、メニューウィジェットを活用しましょう。詳しい手順は、固定ページの使い方と作り方の「固定ページを見つけやすくする」をお読みください。

固定ページを設定してもトップページが変更されない

使用しているテーマによっては、固定ページをトップページに指定しても、きちんと反映されない場合があります。

トップページが変更されない理由

もしトップページが変更されない場合には、テンプレート階層というルールが影響していると考えられます。

テンプレート階層とは

テーマの中には、Webページの表示に関わるさまざまなファイル(テンプレートファイル)が含まれています。WordPressでは、ページの種類ごとに使用されるテンプレートファイルの優先順位(テンプレート階層)が決められています。

テンプレートファイルの優先順位について、詳しくはテンプレート階層の基本をお読みください。

WordPress公式ページによると、トップページ(フロントページ)の表示に関するテンプレート階層は、以下のとおりです。

  1. front-page.php
  2. 表示設定の「ホームページの表示」で指定した固定ページ
  3. 表示設定の「投稿ページの表示」で指定した固定ページ

つまり、テーマの中に「front-page.php」が含まれている場合は、表示設定の内容に関わらず「front-page.php」の使用が優先されることになります。

トップページが変更されないときの解決策

トップページが変更されない理由が「front-page.php」ファイルの存在であるなら、テーマの中から「front-page.php」を削除することで解決できるということです。

以下の手順で、テーマの中から「front-page.php」を削除できます。

  1. テーマにアクセスする
  2. 「front-page.php」のバックアップを取る
  3. 「front-page.php」を削除する

1.テーマにアクセスする

「front-page.php」ファイルを削除するためには、サーバー上に保管しているテーマにアクセスする必要があります。テーマ内のファイルはWordPress管理画面上では削除できないため、

  • FTPソフト
  • サーバーの「ファイルマネージャー」機能

などを使って、以下の場所にアクセスします。

/(ドメイン名)/public_html/wp-content/themes/(テーマ名)

2.「front-page.php」のバックアップを取る

万が一に備えてバックアップを取っておきましょう。「front-page.php」をダウンロードします。

FTPソフトで「front-page.php」のバックアップを取る

3.「front-page.php」を削除する

テーマ内の「front-page.php」を削除します。

FTPソフトで「front-page.php」を削除する

「front-page.php」を削除できたらトップページを開き、指定した固定ページが表示されるか確認してください。

まとめ

WordPressサイトのトップページに特定のコンテンツを掲載したい場合は、その内容を固定ページで編集し、「ホームページ」に設定します。

もし「ホームページ」に固定ページを設定してもトップページが変更されない場合は、使用しているテーマの中に「front-page.php」ファイルが含まれている可能性があります。「front-page.php」ファイルを削除することで、解決できるかもしれません。

もともとトップページに新しい順に並んでいた投稿の一覧を別のページで表示させたい場合は、「投稿ページ」設定を利用してください。