WordPressワードプレス)のパーマリンク設定変更する方法を紹介します。パーマリンク設定は、WordPressをインストールした直後にやっておきたい初期設定の1つです。

WordPressのパーマリンク設定を変更する方法

WordPressで記事を書く前にやるべき初期設定の1つが、パーマリンク設定です。

「リンクなら知ってるけど、パーマリンクという言葉は聞き慣れない」

そんな人も多いのではないでしょうか。

WordPressの記事内でリンクを貼る方法について知りたい場合は、下記ページをご覧ください。
リンクの貼り方

この記事では、

  • パーマリンクとは何なのか
  • おすすめのパーマリンク設定
  • 適切なパーマリンクの設定方法

について、初心者さんにもわかりやすく説明します。

すでにいくつかの記事を公開している場合、パーマリンク設定を変更するのはおすすめできません。なぜなら、このあと「記事公開前に設定変更する理由」で説明する、不具合が発生するからです。

WordPressのパーマリンク設定

パーマリンクとは

パーマリンクとは、WordPressで作成するブログのページごとのURLです。パーマリンク設定では、ページごとのURLを決めるパターンを設定することができます。

パーマリンクを設定できるページの種類
  • WordPressの投稿機能で作成したページ
  • WordPressの固定ページ機能で作成したページ(※制限あり。詳細は後述)
  • WordPressによって自動生成されるカテゴリーアーカイブページ
  • WordPressによって自動生成されるタグアーカイブページ

特に「投稿」のパーマリンク設定は、バリエーションが豊富です。
たとえば、

  • 「投稿名」を含ませたり…………
    例:http://example.com/post-name/
  • 「投稿日時」を含ませたり………
    例:http://example.com/2020-10-16/post-name/
  • 「カテゴリー名」を含ませたり…
    例:http://example.com/category-name/post-name/

できるなど、さまざまなパターンの中から選ぶことができます。

記事公開前に設定変更する理由

記事の公開後にパーマリンク設定を変更してしまうと、以下の問題点が発生してしまいます。

  • 外部サイトからのリンクが無効になる
  • 検索エンジンの評価が下がる可能性がある
  • SNSのシェア回数がリセットされる
  • リダイレクトの設定に手間がかかる
外部サイトからのリンクが無効になる
外部サイトからリンクを貼ってもらっても、パーマリンク設定を変更するとそのリンクは無効となってしまいます。
検索エンジンの評価が下がる可能性がある
検索結果で上位表示されている記事があっても、パーマリンク設定を変更すると検索エンジンからは“別の記事”だと認識され、評価が下がってしまう可能性があります。
SNSのシェア回数がリセットされる
SNSでたくさんシェアされている記事があっても、パーマリンク設定を変更するとシェア回数はリセットされてしまいます。
リダイレクトの設定に手間がかかる
パーマリンク設定を変更後に「リダイレクト設定」をすることで、元のURLから新しいURLへ誘導することができます。しかし、設定には手間と時間がかかりますし、誤った方法でリダイレクト設定をしてしまうと検索エンジンからの評価を下げる可能性もあります。

以上の理由から、パーマリンク設定は記事を書く前に変更することをおすすめします。

おすすめのパーマリンク設定

WordPress管理画面の[設定]>[パーマリンク設定]をクリックし、以下のように設定変更するのがおすすめです。

  • 共通設定は「投稿名」を選択する
  • オプションは「空白のまま」でOK
おすすめのパーマリンク設定

「共通設定」では、主に投稿機能で作成したページのパーマリンクを設定できます。

“主に”と書いたのは、一部の設定項目が「固定ページ」のパーマリンクにも反映するからです。詳しくは、この記事の「パーマリンク設定-共通設定」で説明します。
共通設定で「投稿名」を選択した場合、パーマリンクに日本語が含まれることによる不具合が発生する可能性があります。解決方法は、この記事の「URLに日本語を含めないためにやるべきこと」で説明します。

「オプション」では、カテゴリーやタグのアーカイブページのパーマリンクを設定できます。

「オプション」は、特に設定変更する必要はありません。詳しくは、この記事の「パーマリンク設定-オプション」で説明します。

「投稿名」をおすすめする理由

共通設定で「投稿名」の選択をおすすめする理由は、URLを見るだけで何を書いてある記事なのかを理解しやすくするためです。

Google 公式ヘルプにも、見ただけで必要な情報かどうかを判断できるURLにすることが重要だと書かれています。そのためには、「投稿名(記事タイトル)」をURLの一部にするのが最適だと思います。

パーマリンク設定で大事なこと

パーマリンク設定で最も重要なのは、どんな設定内容にするかではありません

  • 外部サイトからのリンクが無効になる
  • 検索エンジンの評価が下がる可能性がある
  • SNSのシェア回数がリセットされる
  • リダイレクトの設定に手間がかかる

などの問題が生じないよう、一度設定したパーマリンクは変更しないことが大切です。


さて、先ほどおすすめした「投稿名」の他にも、いくつかの設定項目が用意されています。

ここからは、パーマリンクの設定方法について詳しく説明します。

パーマリンクの設定方法

パーマリンク設定を変更するには、「パーマリンク設定」画面を開きます。

パーマリンク設定画面を開く
WordPress管理画面[設定]>[パーマリンク設定]をクリックします。

パーマリンク設定画面の開き方

パーマリンク設定画面の構成
[パーマリンク設定]画面は、主に2つのエリアに分かれています。

  • 共通設定
  • オプション
[パーマリンク設定]画面の構成

パーマリンク設定「共通設定」

「共通設定」では、主に投稿機能で作成したページのパーマリンクを設定します。以下の6項目から選択することができます。

パーマリンク設定「共通設定」の選択項目
基本 http://example.com/?p=123
日付と投稿名 http://example.com/2020/10/16/sample-post/
月と投稿名 http://example.com/2020/10/sample-post/
数字ベース http://example.com/archives/123
投稿名 http://example.com/sample-post/
カスタム構造 利用可能なタグを自由に組み合わせて設定できる)

123と表示されている数字は、投稿や固定ページの「ID」を表しています。

IDとは

投稿や固定ページ1つひとつに対して割り当てられる固有の数字です。IDはWordPressのシステムによって自動的に生成されるため、任意の数字を指定することはできません。

2020/10/16などの日付は、投稿の公開日を表しています。

パーマリンクに公開日時を含めることは、いつ書かれた記事なのかがわかりやすいというメリットがあります。一方で、何年も前に書いた記事の内容を更新しても「古い記事」だと判断されるかもしれないというデメリットもあります。
公開日時はWordPressのシステムによって自動的に記録されるため、自分で入力する必要はありません。

sample-postの部分には投稿名が表示されています。

この文字列は、投稿編集画面の「スラッグ」で設定します。
スラッグの設定方法は、この記事の「投稿・固定ページのスラッグを設定する」で説明します。

カスタム構造の設定方法

共通設定6項目のうち「カスタム構造」を選択すると、利用可能なタグを自由に組み合わせてパーマリンクを設定できます。それぞれのタグの内容は、下表のとおりです。

カスタム構造の「利用可能なタグ」一覧
タグ 内容 表示例
%year% 投稿を公開した年 2020
%monthnum% 投稿を公開した月 10
%day% 投稿を公開した日 16
%hour% 投稿を公開した時刻の「時」 15
%minute% 投稿を公開した時刻の「分」 35
%second% 投稿を公開した時刻の「秒」 28
%post_id% 投稿ID 423
%postname% 投稿名 sample-post
%category% カテゴリー名 blog
%author% 投稿の作者名 admin
「%author%(投稿の作者名)」の利用はおすすめしません。理由は、WordPress管理画面にログインするときの「ユーザー名」がURLの一部として公開されてしまうからです。

各タグのボタンをクリックすることで、カスタム構造の入力欄にタグ名が自動入力されます。

たとえば、

  • http://example.com/カテゴリー名/投稿名/

というパーマリンクを設定したい場合は、

%category% %postname%

の順にボタンをクリックします。

設定を変更した後は、画面下部の変更を保存をクリックするのを忘れずに。

固定ページのパーマリンク

共通設定の中で、固定ページのパーマリンクに反映されるのは、「基本」を選択したときだけです。

[パーマリンク設定]画面の共通設定

「基本」以外を選択しても、下の図にあるルールが優先されます。

WordPress 固定ページのパーマリンク
上図のように、固定ページのパーマリンクでは「親子関係」を明確にすることができます。

ここまでは、主に「投稿」のパーマリンク設定について説明しました。

ここからは、「カテゴリーページ」「タグページ」のパーマリンク設定についてご紹介します。

パーマリンク設定「オプション」

先に結論から言うと、「オプション」の設定は特に変更する必要はありません。

パーマリンク設定「オプション」

オプションで設定できるのは、カテゴリーやタグの「アーカイブページ」のパーマリンクです。

アーカイブページとは

WordPressには、投稿機能で作成したページを分類するための機能として、「カテゴリー」と「タグ」が用意されています。一般的には、以下のように利用されます。

  • カテゴリー:複数の投稿を大まかに分類する
  • タグ:カテゴリーよりもさらに細かく分類する

WordPressでは、同じカテゴリーあるいはタグに属する投稿一覧を自動生成する機能があります。この一覧ページを、「アーカイブページ」といいます。

アーカイブページのパーマリンクは、初期状態では以下のように設定されています。

カテゴリーアーカイブページ
http://example.com/category/(カテゴリー名)/
タグアーカイブページ
http://example.com/tag/(タグ名)/

オプション設定では、上で青い文字で示した部分を設定することができます。特にこだわりがないなら、変更する必要はありません。

パーマリンク設定の変更ができない場合

パーマリンク設定画面の変更を保存をクリックした後、「.htaccess を更新する必要があります。」というメッセージが表示され、設定変更に失敗する場合があります。

原因として、WordPressをインストールしているサーバーの仕様により「.htaccess」というファイルが正常に機能していないことが考えられます。具体的には、サーバー側の設定によって

  • .htaccess が生成できない
  • .htaccess への書き込みが制限されている

などが原因かもしれません。くわしくは、サーバー事業者にお問い合わせください。

それでも解決しない場合は、サーバーの乗り換えを検討してもいいかもしれません。WordPress初心者におすすめのサーバーを参考にしてください。

パーマリンク設定画面では解決できない問題点

ここまで、パーマリンク設定画面の使い方について説明しました。

しかし、適切なパーマリンクを生成するためには、パーマリンク設定画面での設定だけでは不十分です。なぜなら、URLの一部が日本語で表示されることで、不具合が生じる場合があるからです。

パーマリンクに日本語が含まれると、どうなるの?

日本語を含むURLをコピーし、メールソフトの編集画面などに貼り付けると、英数字や記号に変換(エンコード)されてしまうことがあります。このようなURLを見た人の中には、怪しいページだと判断する人もいるでしょう。また、文字列が長くなることで不要な改行が挿入され、リンク切れを起こすこともあります。

日本語を含むURLをコピペするとエンコードされる

さらに利用環境によっては、日本語を含むURLにアクセスしようとするとエラーとなり、ページが正常に表示されないこともあります。

パーマリンクの一部が日本語になるのは、どんなとき?

パーマリンクの一部が日本語となる可能性があるのは、「投稿名」「固定ページ名」「カテゴリー名」「タグ名」をURLに含むページです。

URLの一部が日本語となる可能性があるページ
  1. 共通設定で「投稿名」「カテゴリー名」を含む設定をしたときの、投稿
  2. 共通設定で「基本」以外を設定したときの、固定ページ
  3. カテゴリーアーカイブページ
  4. タグアーカイブページ

3.や4.のアーカイブページのURLには、パーマリンク設定での設定内容に関係なく「カテゴリー名」あるいは「タグ名」が自動的に含まれるので、URLの一部が日本語となる可能性があります。

なぜURLの一部が日本語になってしまうの?

ほとんどの場合、「投稿」「固定ページ」のタイトルや「カテゴリー」「タグ」の名前は、日本語で付けるでしょう。もし何も対策をしなければ、タイトルや名前に付けた日本語がそのままURLの一部に含まれてしまいます。

たとえば、「ブログの始め方」という名前のカテゴリーを作成した場合、アーカイブページのURLは

  • http://example.com/category/ブログの始め方/

となり、メールソフトなどに貼り付けると

  • http://example.com/category/%E3%83%96%E3(中略)%81%E6%96%B9/

と、意味不明の文字列に変換されてしまいます。

URLに日本語を含めないためにやるべきこと

では、URLに日本語を含めないようにするためには、どうすればいいのでしょうか?

それは、投稿/固定ページ/カテゴリー/タグの

「スラッグ」を半角の英数字やハイフン(-)で設定

することです。

スラッグとは

ブログ上に表示する「記事のタイトル」や「カテゴリー名」などとは別に、URLの一部に利用するなどの目的で名前を付けることができる機能を「スラッグ」といいます。

たとえば、「ブログの始め方」カテゴリーのスラッグを「blog-start」に設定した場合、アーカイブページのURLは

  • http://example.com/category/blog-start/

となり、意味不明の文字列に変換されることはありません。

スラッグは、投稿/固定ページ/カテゴリー/タグの各編集画面で設定することができます。

投稿・固定ページのスラッグを設定する

例として、投稿のスラッグを設定する方法を紹介します。

固定ページのスラッグも同様の手順で設定できます。

投稿を新規作成する場合
スラッグを設定する箇所は、2つあります。

投稿のスラッグ設定
表示される画面のデザインは、使用するテーマ(デザインテンプレート)によって異なります。
スラッグの入力欄が表示されない場合
画面右上の「下書きとして保存」をクリックしてください。

投稿の下書き保存

既存の投稿のスラッグを変更する場合
WordPress管理画面の[投稿]>[投稿一覧]をクリックします。

WordPress管理画面の[投稿]>[投稿一覧]をクリック
固定ページの場合は、管理画面[固定ページ]>[固定ページ一覧]をクリックします。

投稿名にマウスカーソルを近づけて、[クイック編集]をクリックします。

投稿の[クイック編集]をクリック

スラッグを半角の英数字やハイフンで入力して、更新をクリックします。

既存投稿のスラッグ設定

カテゴリー・タグのスラッグを設定する

例として、カテゴリーのスラッグを設定する方法を紹介します。

タグのスラッグも同様の手順で設定できます。

手順1.[カテゴリー]設定画面を開く
WordPress管理画面の[投稿]>[カテゴリー]をクリックします。

WordPress管理画面の[投稿]>[カテゴリー]をクリック
タグの場合は、管理画面[投稿]>[タグ]をクリックします。

手順2-1.カテゴリーを新規追加する場合
カテゴリーを新規追加するときのスラッグ設定は、下図で示した箇所に入力します。

カテゴリーを新規追加する場合のスラッグ設定

手順2-2.既存のカテゴリーを編集する場合
カテゴリー名にマウスカーソルを近づけて、[クイック編集]をクリックします。

カテゴリーの[クイック編集]をクリック

スラッグを半角の英数字やハイフンで入力して、カテゴリーを更新をクリックします。

既存カテゴリーのスラッグ設定

まとめ

パーマリンク設定は、WordPressのインストール後、すぐにやっておきたい初期設定の1つです。記事の公開後に設定変更してしまうと、さまざまな不具合が生じるからです。

パーマリンク設定画面は、以下の2つのエリアがあります。

  • 共通設定:主に投稿のパーマリンク設定
  • オプション:カテゴリー&タグのアーカイブのパーマリンク設定

おすすめの設定は、共通設定で「投稿名」を選択することです。オプションは、特に変更する必要はありません。

適切なパーマリンクにするためには、URLに日本語を含まないようにしましょう。スラッグを、半角の英数字やハイフンで設定してください。