WordPressワードプレス)のパーマリンク設定変更する方法を紹介します。パーマリンク設定は、記事を公開する前にやっておきたい設定の1つです。なぜなら、パーマリンクとはページごとのURLのことであり、記事を公開後にパーマリンクを変更するとさまざまな問題が生じるからです。

WordPressのパーマリンク設定

WordPressのパーマリンク設定は、記事を公開する前にやっておきたい設定の1つです。ただ結論から言うと、WordPressのパーマリンク設定は初期設定のまま変更しなくても特に問題はありません。その理由もあわせて、パーマリンク設定について説明をしていきます。

以下の解説は、つぎの条件下で作成しています。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

  • WordPress バージョン:5.2.2

そもそも、「パーマリンク」とは何でしょうか。

パーマリンクとは

WordPressのパーマリンクとは、WordPressによって生成されるページごとのURLです。

パーマリンク(permalink)は、「永久的な」という意味のパーマネント(permanent)とリンク(link)を組み合わせた言葉です。

例えば、この記事のパーマリンクは下記URLです。

https://wp-exp.com/blog/permalink-settei/

WordPressのパーマリンク設定では、どのようなルールでページごとのURLを表示させるのかを設定することができます。ルールを設定できるのは、以下のページです。

  • WordPressの投稿機能で作成したページ
  • WordPressの固定ページ機能で作成したページ(※制限あり。詳細は後述)
  • WordPressによって自動生成されるカテゴリーアーカイブページ
  • WordPressによって自動生成されるタグアーカイブページ
「アーカイブページ」とは、同じカテゴリー(またはタグ)の付いた投稿の一覧ページです。

特に「投稿」のパーマリンクは、さまざまな表示形式の中から選んで設定変更することができます。くわしいことは、この記事内の『パーマリンク設定「共通設定」』で説明します。

パーマリンクを記事公開前に変更する理由

パーマリンクの意味がわかれば、「頻繁に変更すべきものではない」ことはおおよそ見当がつくのではないでしょうか。特に、記事を公開する前にパーマリンクを変更すべき理由は、次の4つだと考えます。

  • 外部サイトからのリンクが無効になる
  • 検索エンジンの評価が下がる可能性がある
  • SNSのシェア回数がリセットされる
  • リダイレクトの設定に手間がかかる
外部サイトからのリンクが無効になる
外部サイトからリンクを貼ってもらっても、パーマリンク設定を変更するとそのリンクは無効となってしまいます。
検索エンジンの評価が下がる可能性がある
検索結果で上位表示されている記事があっても、パーマリンク設定を変更すると検索エンジンからは“別の記事”だと認識され、評価が下がってしまう可能性があります。
SNSのシェア回数がリセットされる
SNSでたくさんシェアされている記事があっても、パーマリンク設定を変更するとシェア回数はリセットされてしまいます。
リダイレクトの設定に手間がかかる
パーマリンク設定を変更後に「リダイレクト設定」をすることで、元のURLから新しいURLへ誘導することができます。しかし、設定には手間と時間がかかりますし、誤った方法でリダイレクト設定をしてしまうと検索エンジンからの評価を下げる可能性もあります。

以上の理由から、パーマリンク設定を変更するなら早めに済ませておきましょう。

パーマリンク設定の変更手順

パーマリンク設定を変更するには、WordPress管理画面で[パーマリンク設定]画面を開きます。

[パーマリンク設定]画面を開く
WordPress管理画面の[設定]>[パーマリンク設定]をクリックします。

[設定]>[パーマリンク設定]をクリック

[パーマリンク設定]画面の構成
[パーマリンク設定]画面は、主に2つのエリアに分かれています。

  • 共通設定
  • オプション
[パーマリンク設定]画面の構成

パーマリンク設定「共通設定」

「共通設定」では、投稿固定ページのパーマリンクを設定できます。

[パーマリンク設定]画面の共通設定
固定ページのパーマリンク
固定ページのパーマリンクに反映されるのは[基本]を選択したときだけです。くわしいことは、この記事内の「固定ページのパーマリンク」で説明します。

[基本]や[数字ベース]の数字 123 は何?

[パーマリンク設定]画面の[基本]や[数字ベース]の数字 123 とは

[基本]や[数字ベース]に含まれる数字は、投稿や固定ページの「ID」を表しています。IDとは、投稿や固定ページ1つひとつに対して割り当てられる固有の数字です。IDはWordPressのシステムによって自動的に生成されるため、任意の数字を指定することはできません。

カスタム構造の「利用可能なタグ」とは

[パーマリンク設定]画面のカスタム構造「利用可能なタグ」

[カスタム構造]を選択すると、「利用可能なタグ」から任意のものを選択して投稿のパーマリンクに反映させることができます。タグは複数個を組み合わせることもできます。それぞれのタグの内容は、下表のとおりです。

カスタム構造の「利用可能なタグ」
%year% 投稿年(表示例:2019)
%monthnum% 投稿月(表示例:08)
%day% 投稿日(表示例:31)
%hour% 投稿時刻の「時」(表示例:15)
%minute% 投稿時刻の「分」(表示例:35)
%second% 投稿時刻の「秒」(表示例:28)
%postname% 投稿名 (表示例:permalink-settei)
%post_id% 投稿ID(表示例:423)
%category% カテゴリー名(表示例:dashboard)
%author% 投稿の作者名(表示例:admin)

[カスタム構造]では、上記タグだけでなく任意の文字列(半角英数字および記号)も含ませることができます。例えば、[カスタム構造]で

/blog/%postname%/

と設定することで、投稿で作成した各ページのパーマリンクは

http://example.com/blog/(投稿名)/

となります。

おすすめのパーマリンク設定

パーマリンク設定画面の共通設定エリアには6つの選択肢があり、さらに[カスタム構造]では10種類ものタグを使うことができます。どれを選べばいいのか、迷ってしまいますね。

パーマリンクの設定内容に唯一の正解はありませんが、ぜひ参考にしていただきたいのがGoogle 公式ヘルプによる下記ページです。

公式ヘルプページでは、検索エンジンのクローラー(サイト内のページを巡回するプログラムのこと)やサイト訪問者にとって適切なURL構造とするためには、できるだけシンプルなURL構造にすることが重要だと書かれています。ポイントを、下記にまとめます。

  • 見ただけで必要な情報かどうかを判断できるURLにする
  • URLが長くなるときは区切り記号を使用する
見ただけで必要な情報かどうかを判断できるURLにする
この記事のパーマリンク(https://wp-exp.com/blog/permalink-settei/)のように、ひと目見ただけで内容が推測できるURLにします。つまり、[基本]や[数字ベース]で表示される数字(ID)は、パーマリンクには使用しないのがベターです。
URLが長くなるときは区切り記号を使用する
「permalinksettei」よりも「permalink-settei」の方が読みやすくないですか?もし区切り記号を使用するなら、アンダースコア(_)ではなくハイフン(-)が推奨されています。

以上のことから、WordPressのパーマリンクとしておすすめしたい設定内容は、次のとおりです。

おすすめのパーマリンク設定
  • ① http://example.com/(投稿名)/
  • ② http://example.com/(カテゴリー名)/(投稿名)/

おすすめのパーマリンク設定を適用するための手順を紹介します。

①「http://example.com/(投稿名)/」の設定
[投稿名]を選択します。WordPressの古いバージョンでは[基本]が初期設定値でしたが、最近では[投稿名]が初期値となっているため、設定変更をする必要はありません。

利用環境によっては、初期設定値が異なる場合があります。
WordPress おすすめパーマリンク設定1

②「http://example.com/(カテゴリー名)/(投稿名)/」の設定
[カスタム構造]を選択します。初期状態の入力欄には、すでに「/%postname%/」という文字列が表示されています。その先頭にカーソルを合わせ、/%category%/をクリックします。

WordPress おすすめパーマリンク設定2

このパーマリンク設定は、URL構造を明確にするという点で優れているのですが、次の点に注意が必要です。

パーマリンクに「カテゴリー名」を含める場合の注意点
以下の操作をした場合、投稿のパーマリンクが変更されてしまいます。

  1. 投稿が属するカテゴリーを変更した場合
  2. カテゴリー名を変更した場合

特に「2.カテゴリー名を変更した場合」は、そのカテゴリーに属する全投稿のパーマリンクが変更されてしまうので注意してください。

変更を保存する
パーマリンク設定を変更した場合は、画面下部の変更を保存をクリックします。

WordPress パーマリンク設定の変更を保存

パーマリンク設定の変更ができない場合

パーマリンク設定画面の変更を保存をクリックした後、「.htaccess を更新する必要があります。」というメッセージが表示され、設定変更に失敗する場合があります。

原因として、WordPressをインストールしているサーバーの仕様により「.htaccess」というファイルが正常に機能していないことが考えられます。具体的には、サーバー側の設定によって

  • .htaccess が生成できない
  • .htaccess への書き込みが制限されている

などが原因かもしれません。くわしくは、サーバー事業者にお問い合わせください。

それでも解決しない場合は、サーバーの乗り換えを検討してもいいかもしれません。おすすめのサーバーは、WordPressを使うために準備するべきもの 【おすすめのサーバー・ドメイン取得サービス】で紹介しています。

固定ページのパーマリンク

くり返しになりますが、固定ページのパーマリンクに反映されるのは[基本]を選択したときだけです。[基本]以外の選択肢を設定しても、固定ページのパーマリンクは下図のように定められています。親子関係を設定した固定ページでは、その階層によってパーマリンクの表示ルールが異なります。

WordPress 固定ページのパーマリンク

ここまで、パーマリンク設定画面の「共通設定」について見てきました。次に「オプション」について説明します。

パーマリンク設定「オプション」

「オプション」では、カテゴリーアーカイブ・タグアーカイブ各ページのパーマリンクを変更することができます。

パーマリンク設定「オプション」

初期設定では空欄になっていますね。このまま変更しない場合、各ページのパーマリンクは次のように表示されます。

カテゴリーアーカイブページ
http://example.com/category/(カテゴリー名)/
タグアーカイブページ
http://example.com/tag/(タグ名)/
パーマリンク設定「オプション」は、category」「tag」の部分の文字列を変更できる機能です。

特にこだわりがないなら、初期設定のままで構いません。


ここまでの操作で、パーマリンク設定画面での作業は終了です。しかし、適切なパーマリンクを生成するためには、これらの設定だけでは不十分です。なぜなら、URLの一部が日本語で表示されることで不具合が生じる場合があるからです。

パーマリンクに日本語が含まれるとどうなるの?
日本語を含むURLを、ブラウザのアドレスバーやメールソフトの編集画面などにコピー・アンド・ペーストすると、英数字や記号に変換されてしまうことがあります。このようなURLを見た人には、必要な情報かどうかを判断することができません。また、文字列が長くなることで不要な改行が挿入され、リンク切れを起こすこともあります。

日本語を含むURLをコピペするとエンコードされる

さらに利用環境によっては、日本語を含むURLにアクセスしようとするとエラーとなり、ページが正常に表示されないこともあります。

パーマリンクに日本語を含まないようにするには?
結論から言うと、投稿や固定ページ、カテゴリー、タグのスラッグを半角英数字で設定することです。(スラッグについては、あとで解説します。)

ここで[パーマリンク設定]画面での設定内容をふり返ってみましょう。
[共通設定]では、パーマリンクを次のいずれかの設定をするようおすすめしました。

  • ① http://example.com/(投稿名)/
  • ② http://example.com/(カテゴリー名)/(投稿名)/

また[オプション]では、カテゴリーおよびタグアーカイブページのパーマリンクは初期設定のままで問題ないと言いました。

  • http://example.com/category/(カテゴリー名)/
  • http://example.com/tag/(タグ名)/

固定ページのパーマリンクは、WordPressの仕様によって次のようになるんでしたね。

  • http://example.com/(ページ名)/
  • http://example.com/(親ページ名)/(子ページ名)/ など

各パーマリンクの(太字)部分に注目してください。日本語のサイトを作成する場合、ほとんどの人が投稿や固定ページ、カテゴリー、タグの名前を日本語で付けるのではないでしょうか。

名前に使われた日本語がパーマリンクに表示されないようにするためには、スラッグを利用します。スラッグとは、URLの文字列の一部を指定できる機能です。スラッグに半角英数字やハイフンを設定することで、パーマリンクに日本語を含めないようにすることができるわけです。

続いて、スラッグの設定手順を紹介します。

カテゴリー・タグのスラッグを設定する

例として、カテゴリーのスラッグを設定する方法を紹介します。(タグのスラッグも同様の手順で設定できます。)

手順1.[カテゴリー]設定画面を開く
WordPress管理画面の[投稿]>[カテゴリー]をクリックします。

WordPress管理画面の[投稿]>[カテゴリー]をクリック

手順2-1.カテゴリーを新規追加する場合
カテゴリーを新規追加するときのスラッグ設定は、下図で示した箇所に入力します。

カテゴリーを新規追加する場合のスラッグ設定

手順2-2.既存のカテゴリーを編集する場合
カテゴリー名をマウスオーバー(マウスカーソルを対象物の上に重ねること)して、[クイック編集]をクリックします。

カテゴリーの[クイック編集]をクリック

スラッグを半角の英数字やハイフンで入力して、カテゴリーを更新をクリックします。

既存カテゴリーのスラッグ設定

投稿・固定ページのスラッグを設定する

例として、投稿のスラッグを設定する方法を紹介します。(固定ページのスラッグも同様の手順で設定できます。)

投稿を新規作成する場合
スラッグを設定する箇所は、2つあります。

投稿のスラッグ設定
スラッグの入力欄が表示されない場合
画面右上の「下書きとして保存」をクリックしてください。

投稿の下書き保存

既存の投稿のスラッグを変更する場合
WordPress管理画面の[投稿]>[投稿一覧]をクリックします。

WordPress管理画面の[投稿]>[投稿一覧]をクリック

投稿名をマウスオーバーして、[クイック編集]をクリックします。

投稿の[クイック編集]をクリック

スラッグを半角の英数字やハイフンで入力して、更新をクリックします。

既存投稿のスラッグ設定

まとめ

WordPressのパーマリンク設定は、以下の理由により記事を公開する前にやっておきたい設定の1つです。

  • 外部サイトからのリンクが無効になる
  • 検索エンジンの評価が下がる可能性がある
  • SNSのシェア回数がリセットされる
  • リダイレクトの設定に手間がかかる

ただ、WordPressのパーマリンク設定は初期設定のまま変更しなくても特に問題はありません。

WordPressのパーマリンク設定画面では、どのようなルールでページごとのURLを表示させるのかを設定することができます。ルールを設定できるのは、以下のページのパーマリンクです。

「共通設定」
  • 投稿
  • 固定ページ(※選択肢「基本」しか反映されない)
「オプション」
  • カテゴリーアーカイブページ
  • タグアーカイブページ

「共通設定」のおすすめ設定内容は、次のいずれかです。

おすすめのパーマリンク設定
  • 「投稿名」を選択する(初期設定値)
  • 「カスタム構造」を選択して、/(カテゴリー名)/(投稿名)/に変更する

「オプション」は、初期設定のままで問題ありません。

適切なパーマリンクを生成するためには、URLが日本語で表示されないようにするとよいでしょう。パーマリンクに日本語を含まないようにするには、投稿や固定ページ、カテゴリー、タグのスラッグを半角英数字やハイフンで設定します。