1. 記事・ページの投稿
  2. 固定ページの作成方法

固定ページの作成方法

2015/10/15

WordPressでWebページを作成する機能には、投稿と固定ページがあります。ここでは、固定ページの基本と作り方を紹介します。

WordPressの固定ページとは

固定ページは、投稿とどのような違いがあるのでしょうか。

固定ページと投稿の違いは

固定ページと投稿との違い

  • 投稿は時系列で表示されるが、固定ページには時間的な概念がない
  • 投稿にはカテゴリやタグを設定できるが、固定ページには設定できない

このことから、固定ページはサイトマップやお問い合わせページなどに、投稿は更新頻度が高いブログ記事などに利用されるのが一般的です。

また、多くのWordPressテーマでは、固定ページと投稿のテンプレートファイルが個別に用意されています。通常、固定ページにはpage.php、投稿にはsingle.phpが使われます。

テンプレートファイルを使い分けると、異なるデザインや表示内容を適用できるメリットがあります。たとえば、固定ページ機能で作成したページは1カラムで表示し、投稿機能で作成したページは2カラムで表示する、といったことが可能です。

テンプレートファイルについては、下記も参考にしてください。

固定ページの作成方法

固定ページを作成するには、WordPress管理画面にログイン後、固定ページ]>[新規追加]をクリックします。

固定ページ-新規追加

固定ページの編集作業は、投稿と同じくビジュアルエディタテキストエディタを使うことができます。文章や画像の挿入方法などについては、下記を参考にしてください。

ページ属性の設定

固定ページにはページ属性を設定することができます。設定できる項目は、下記の2つです。

  1. 親ページ
  2. 順序
固定ページ-ページ属性

もし管理画面に『ページ属性』の設定欄が表示されていない場合は、画面右上の表示オプションを開き、『ページ属性』にチェックを入れてください。
表示オプション-ページ属性

親ページ
固定ページは、親子関係を指定して階層構造にすることができます。
(例)親ページ:このサイトについて、子ページ:お問い合わせページ
順序
固定ページをサイト上に表示させる際の順序を指定できます。

固定ページ公開後の編集方法

公開した固定ページの一覧は、管理画面メニューの[固定ページ]>[固定ページ一覧]で表示されます。

固定ページ-固定ページ一覧

編集したいページ名をマウスオーバー(マウスカーソルを上に重ねる)すると、下図のような編集メニューが表示されます。

固定ページ-固定ページ一覧-編集

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。