Home > 記事・ページの投稿 > 固定ページの作成方法

固定ページの作成方法

WordPressで作成できるコンテンツには、投稿(記事)の他に「固定ページ」という機能があります。ここでは「固定ページ」の基本と作成方法をご紹介します。

固定ページとは

WordPressの「固定ページ」とは、投稿(記事)と下記のような違いがあることから、「サイトマップ」や「サイト概要」、「プロフィール」などに使われるのが一般的です。

固定ページと投稿との違い

  • 投稿は(反)時系列的に表示されるが、固定ページには時間的な概念がない
  • 投稿には「カテゴリ」や「タグ」を設定できるが、固定ページには設定できない

また、使用しているテーマによっては「投稿」と「固定ページ」とでテンプレートの使い分けができます。通常、「投稿」には『single.php』、「固定ページ」には『page.php』というテンプレートファイルが割り当てられています。

テンプレートファイルについては、下記も参考にしてください。

固定ページの作成方法

固定ページを作成するには、WordPress管理画面[固定ページ]>[新規追加]をクリックします。
[固定ページ]>[新規追加]

固定ページで表示する本文は、投稿と同様に「ビジュアルエディタ」もしくは「HTMLエディタ」で編集することができます。使い方も同じですので、下記を参考にしてください。

ページ属性の設定

固定ページには『ページ属性』を設定することができます。設定できる項目は、下記2つです。

  1. 親ページ
  2. 順序

ページ属性

もし管理画面に『ページ属性』の設定欄が表示されていない場合は、画面右上の表示オプションを開き、『ページ属性』にチェックを入れてください。

親ページ

固定ページは、親子関係を指定して「階層構造」にすることができます。

順序

固定ページをサイト上に表示させる際の順序を指定できます。


作成した「固定ページ」をサイト内でリンクさせる一般的な方法として、『ウィジェットの使用』やテーマによっては『グローバルナビゲーション』で表示することもできます。

あわせてお読みください


おすすめレンタルサーバー

高速・多機能・安定性で選ぶなら…

プログラムの高速実行が可能となる「FastCGI」対応。 高パフォーマンスのサーバーを採用し、安定したサイト運営が可能。 高性能なウイルスチェックやスパムフィルターを搭載し、セキュリティ対策もとても充実しています。
くわしくは→ エックスサーバー

とにかく安く済ませるなら…

月々の料金はお小遣い程度の価格ながら、WordPressを使うための機能はしっかりと網羅。 まずは、WordPressの使い勝手を試してみたい方におすすめのサーバーです。
くわしくは→ ロリポップ!

その他にもお探しですか?

wpXレンタルサーバー や、さくらインターネット お名前.comレンタルサーバー も、初心者にも使いやすく人気です。

Web素材 おすすめ無料サイト

ロゴマルシェ(LogoMarche)

ロゴマルシェ - LogoMarche

一流クリエイターが作成したロゴを無料でダウンロード&利用できます。 200種類以上の中からあなたのサイトに合ったロゴを選べます。
くわしくは→ ロゴマルシェ(LogoMarche)

ボタンマルシェ(ButtonMarche)

ボタンマルシェ - ButtonMarche

高品質なボタン素材・画像を無料で提供されています。 配色やアイコンの有無の選択など自由に改変でき、商用利用も可能です。
くわしくは→ ボタンマルシェ(ButtonMarche)

WordPressおすすめ書籍

WordPressの基本的な使い方だけでなく、Webサイト制作に重要なポイントも学べる一冊。HTMLやCSSがわからなくても、手順通りに進めるだけで本格的なWebサイトが作れます。
くわしくは→ いちばんやさしい WordPress の教本

Home > 記事・ページの投稿 > 固定ページの作成方法

カテゴリ
人気の記事

ページ上部に戻る