パーマリンク設定方法

WordPressパーマリンク設定方法をご紹介します。パーマリンクは、WordPressをインストールした後、記事を公開する前に設定することをお勧めします。

WordPressでパーマリンク設定を変更する

パーマリンク(permalink)とは、サイトの各ページに与えられるURLの一部です。

例えば、ホームページのアドレス(管理画面[設定]>[一般設定]のサイトアドレス (URL)に指定しているアドレス)が http://example.com の場合、パーマリンク設定を変更できるのは下記の太字部分です。

http://example.com/permalink

初期状態(パーマリンク設定変更前の状態)では、各ページのURLは下記のような形式です。

投稿の個別ページ
http://example.com/?p=123
(投稿IDが123の場合)
投稿のアーカイブページ
http://example.com/?cat=1
(カテゴリーIDが1の場合)
固定ページ
http://example.com/?page_id=3
(固定ページIDが3の場合)

アーカイブページとは、特定のカテゴリー・タグ・公開日時などに属する投稿を一覧形式で表示するページです。

WordPressでは、管理画面から任意のパーマリンクを設定することができます。

パーマリンク設定は、なぜ最初にやっておくべきなのか?

いくつかの記事を公開した後でパーマリンク設定を変更すると、次のような問題が生じる場合があります。

パーマリンク変更後に生じる問題とは
  1. 外部サイトからのリンクが無効になる
  2. 内部リンクが無効になる
  3. 検索結果に表示されたリンクが無効になる

外部サイトからのリンクが無効になる

訪問者にとって役に立つ記事や興味深い記事などが書けた場合、他のサイトやブログなどからリンクが張られることもあるでしょう。しかし、パーマリンクを変更してしまうと、そのリンクは無効になってしまいます。

内部リンクが無効になる

サイトの作成を進めていくと、そのサイト内でリンクを張ることも増えてきます。パーマリンクを変更してしまうと、すべて新しいURLに書き換えなければなりません。

検索結果に表示されたリンクが無効になる

Googleなどの検索エンジンでは、キーワードに応じて適切な結果を返すため、データベースにあらゆるウェブページの情報を保管しています。その情報には、ページのURLも含まれます。たとえ検索結果にあなたのページが表示されたとしても、そのリンクがパーマリンク変更前のURLであれば、利用者はアクセスすることはできません。


以上のことから、パーマリンク設定は早めにしておくことをおすすめします。

WordPressのパーマリンク設定

パーマリンク設定を変更するには、管理画面の[設定]>[パーマリンク設定]をクリックします。

管理画面の[設定]>[パーマリンク設定]をクリック

パーマリンク設定で出来ること

パーマリンク設定画面でできることは、次の2つです。

  • 共通設定
  • オプション
パーマリンク設定画面でできること

共通設定では、投稿のパーマリンク設定を変更できます。オプションでは、カテゴリー・タグの各アーカイブのURL構造を変更できます。くわしくは、後述します。

おすすめのパーマリンク設定

投稿のパーマリンク設定は、次のいずれかがお勧めです。

おすすめのパーマリンク設定
  1. http://example.com/カテゴリー名/投稿名
  2. http://example.com/投稿名

「カテゴリー名」の部分は、その投稿が属するカテゴリーのスラッグに置き換わります。カテゴリーのスラッグは、カテゴリー編集画面(管理画面[投稿]>[カテゴリー])で設定する項目です。

カテゴリー編集画面で指定したスラッグ

「投稿名」は投稿編集画面で指定したパーマリンク(スラッグ)に置き換わります。

投稿編集画面で指定したパーマリンク(スラッグ)
これらのパーマリンクをお勧めする理由

これらのパーマリンクをお勧めするのは、いずれもURL構造がシンプルで、ひと目見ればページの概要がわかるからです。この点は、Googleのコンテンツに関するガイドラインでも提唱されています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

特に、前者の http://example.com/カテゴリー名/投稿名 では、投稿のタイトルに加えてどのカテゴリーに属しているかも把握できます。そのため、この設定内容はWordPress公式マニュアル Codexをはじめ、多くのWordPress関連書籍・サイト等でも紹介されています。

しかし、この設定内容にはある問題があります。それは、その投稿が属するカテゴリーを変更したときに、投稿のURLも変更されてしまうという点です。

具体例をあげてみましょう。ある投稿が属するカテゴリーを、下記のように変更するとします。

変更前 「WordPress」カテゴリー
(カテゴリースラッグ:wordpress
変更後 「Web制作システム」カテゴリー
(カテゴリースラッグ:web-system

すると、その投稿のURLは、次のように変更されてしまいます。

変更前 http://example.com/wordpress/(投稿名)
変更後 http://example.com/web-system/(投稿名)

以上のことから、将来的にカテゴリーの設定変更の可能性があるかどうかによって、パーマリンク設定の形式を選択することをお勧めします。

カテゴリーの設定変更の可能性がある場合
http://example.com/投稿名
カテゴリーの設定変更の可能性がない場合
http://example.com/カテゴリー名/投稿名

もちろん、これら以外の形式を設定しても問題ありません。次に、パーマリンク設定の具体的な方法を見ていきましょう。

パーマリンクの設定方法

先に紹介した、パーマリンク設定画面([設定]>[パーマリンク設定])を開きます。投稿のパーマリンクは、共通設定のエリアで設定するんでしたね?

http://example.com/投稿名 を設定する方法

共通設定の投稿名を選択し、変更を保存をクリックすると設定完了です。

パーマリンク設定-投稿名を選択
http://example.com/カテゴリー名/投稿名 を設定する方法

共通設定のカスタム構造に下記を入力し、変更を保存をクリックすると設定完了です。

/%category%/%postname%/
パーマリンク設定-カスタム構造に入力

この文字列は、パーマリンク設定に用いる構造タグです。カテゴリー名や投稿名以外にも、いくつかのタグが用意されています。

パーマリンク設定に使える構造タグ一覧
%year% 投稿年・4桁 (表示例:2017)
%monthnum% 投稿月 (表示例:04)
%day% 投稿日 (表示例:01)
%hour% 投稿時刻の「時」 (表示例:15)
%minute% 投稿時刻の「分」 (表示例:35)
%second% 投稿時刻の「秒」 (表示例:28)
%postname% 投稿タイトル (投稿スラッグ)
%post_id% 投稿固有のID番号 (表示例:423)
%category% カテゴリー名 (カテゴリースラッグ)
%tag% タグ名 (タグスラッグ)
%author% 投稿の作者名

構造タグについての最新情報は、WordPress 公式マニュアル Codexを参照してください。

ちなみに、このサイトのパーマリンク設定は、/blog/%postname%/にしています。このように、任意の文字列と構造タグの組み合わせによる設定もできます。この設定内容は、ある書籍を参考にしたものだと記憶していますが、今では「カテゴリー名/投稿名」の形式を採用しておけばよかったと、少々後悔しています…。

固定ページのURL

パーマリンク設定画面の共通設定で何らかの変更をした場合、固定ページのURLは次のような形式になります。

http://example.com/固定ページのスラッグ/

例えば、サイトマップのページ(スラッグ:sitemap)であれば、URLは次のようになります。

http://example.com/sitemap/

記事公開時の注意点

パーマリンクに「投稿名」を含むよう設定した場合に注意しておきたいのが、記事公開前にパーマリンク(スラッグ)を半角英数字に変更することです。

パーマリンクを半角英数字に変更

たいていの場合、記事のタイトルには日本語を使用するでしょう。このとき、もしパーマリンク(スラッグ)を変更せずに記事を公開すると、URLに日本語が使われることになります。

ブラウザのアドレスバーには日本語URLを表示

上図のように、ブラウザのアドレスバーにはきちんと日本語が表示されます。しかし、メールソフトなどにURLを貼り付けると、下図のように複雑な文字列が並ぶURLに変換されてしまうことがあります。

日本語URLがエンコード

場合によっては、不要な改行が挿入されるなどの不具合によって、リンクが正しく機能しないこともあるので注意が必要です。

パーマリンク設定のオプション

パーマリンク設定画面のオプションエリアでは、カテゴリーやタグのアーカイブページについてURL構造を設定できます。

初期状態では何も入力されていませんが、実はあらかじめアーカイブページのURL構造が設定されています。具体例をあげてみましょう。

例えば、WordPressカテゴリー(スラッグ:wordpress)、プラグインタグ(スラッグ:plugin)のアーカイブページURLは、それぞれ次のようになります。

  • http://example.com/category/wordpress/
  • http://example.com/tag/plugin/

上記の太字で示した「category」や「tag」の文字列が、あらかじめ設定された部分です。パーマリンク設定のオプションでは、この文字列を変更することができます。ただし、この部分を完全に削除することはできません。

2011年3月14日 Kazuyoshi