1. WordPress基礎知識
  2. WordPressとは?

WordPressとは?

2016/7/27

WordPress(ワードプレス)は、もともとブログを作成するためのシステムとして公開されました。その後どんどん進化し、個人ブログ、企業サイト、公共機関のサイトなど、多方面にわたるウェブサイトで利用されています。このページでは、WordPressがどのようなソフトウェアなのか、WordPressの主な特徴について紹介します。

WordPressって、どんなソフトウェアなの?

WordPressは、2003年にオープンソースのブログ作成システムとして公開されました。

オープンソースとは?
ソースコード(ソフトウェアの設計図のようなもの、プログラム)を無償で公開して、誰でも自由に改良・再配布できるソフトウェアです。

WordPressがオープンソースであるおかげで、世界中の技術者たちが開発に加わることができ、利用者のニーズに合わせてバージョンアップが繰り返されています。こうしてWordPressは、単なるブログソフトとしてだけでなく、CMS(コンテンツ管理システム)として利用されるようになりました。

CMSとは?
ウェブサイトのコンテンツ(テキスト・画像など)のデータを管理し、それらをウェブページとして表示させるシステムです。

WordPressは圧倒的なシェアを誇るCMS

W3Techsという調査サービスが発表した統計によると、世界中のウェブサイトのうち26.5%はWordPressで作成されているというデータがあります。また、CMSで作られたサイトに限定すると、59.6%と圧倒的なシェアを占めています。

W3Techsが発表したWordPressに関する統計
W3Techsが発表したWordPressに関する統計

国内でも、大手企業がコーポレートサイトの制作にWordPressを利用しています。

カカクコムのコーポレートサイト
カカクコムのコーポレートサイト
クックパッドのコーポレートサイト
クックパッドのコーポレートサイト

WordPressを利用するメリット

たいへん人気の高いWordPress。利用するうえで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

無料で使える

オープンソースであるWordPressは無料で使うことができます。個人での利用・商用利用を問わず、費用はかかりません。

WordPress自体は無料ですが、ウェブサイトの運営に必要なサーバーのレンタルや独自ドメインの取得には費用がかかります。くわしくは、後述します。

専門知識がなくてもサイトを作成できる

コンテンツの追加・編集・削除などの作業は、専用の管理画面で行います。以前は、ホームページを開設するにはHTML、PHPなどの専門知識が必須でした。しかし、WordPress管理画面での基本操作には専門知識やスキルが不要なので、簡単にサイトを作成することができます。

管理画面は、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのインターネットブラウザで開くことができます。

WordPress管理画面の一例
WordPress管理画面の一例

不明な点やトラブルを解決しやすい

WordPressの人気の高さは、これからウェブサイトの制作を始めるにはとても大きなメリットです。なぜなら、もし使い方がわからなかったりトラブルが生じたりしても、解決しやすいからです。

書店に行けばWordPressに関連する本がたくさん並んでいますし、ウェブで検索すれば丁寧に解説されたサイトがたくさん見つかります。

今おすすめのWordPress入門書
WordPress関連サイトの例

テーマを使って、デザインを自由に切り替えできる

WordPressは、コンテンツの内容はそのままで、サイトのデザインだけを簡単に切り替えられるようになっています。その仕組みのことを、WordPressではテーマといいます。一般的なブログサービスで、「テンプレート」や「スキン」と呼ばれるものとよく似ています。

WordPressを使いはじめる段階で、標準のテーマがいくつか用意されています。他にも、無料で公開されているものや有料で販売されているテーマを利用することもできます。また、自分だけのオリジナルテーマを作ることも可能です。

標準テーマ「Twenty Sixteen」
標準テーマ「Twenty Sixteen」

ビジネスサイト向けのおすすめテーマを、こちらのページで紹介しています。

プラグインで必要な機能を追加できる

プラグインは、WordPressの機能を拡張するプログラムです。必要に応じて、サイトにさまざまな機能を追加することができます。

たとえば、サイト内のページを一覧表示するサイトマップを自動生成するプラグインや、簡単にお問い合わせフォームを作成できるプラグインなど、多種多様です。プラグインは、そのほとんどを無料で利用することができます。

プラグインに関連する記事一覧は、こちらからご覧ください。

WordPressのデメリット

使い慣れると大変便利なWordPressですが、もちろん欠点もあります。ここでは、主に無料ブログサービスや無料ホームページサービスと比較した場合のデメリットを書いています。

管理画面の専門用語がわかりにくい

WordPressは、もともと英語で開発されているソフトウェアです。私たち日本人が利用できる「日本語版」は、WordPress独自の機能名などを「翻訳」しているため、理解しにくい用語が出てくることがあります。このサイトでは、WordPress初心者にもなるべくわかりやすい言葉で解説することを心がけています。

運営コストがかかる

先ほど、「WordPressは無料で使える」とお話しました。しかし、WordPressを使ってウェブサイトを公開するためには、ウェブサーバーを用意する必要があり、利用するには費用がかかります。

ウェブサーバーとは?
ウェブサイトの表示に必要なデータを保管し、サイト訪問者のリクエストに応じてそのデータを送信する仕組みを持ちます。

小中規模サイト向けのウェブサーバーを用意するには、レンタルするのが一般的です。サービス内容により価格は異なり、月々数百円~数千円ほどで利用することができます。

無料のウェブサーバーもありますが、「突然サービスの提供が終了するかもしれない」「広告が表示される」など、デメリットが大きいことからお勧めしません。特に、ウェブサイトをビジネスに利用する場合は、有料サービスを使いましょう。

また、ウェブサイトを専用のアドレスで運用する場合は、ドメインの取得が必要です。

ドメインとは?
インターネット上で、ウェブサイトの住所やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。

たとえば、このサイトでは「wp-exp.com」というドメインを利用しています。「.com」の場合、費用は年間 1,000円程度です。

ウェブサーバーとドメインを提供する事業者は、たくさんあります。どれを選べばいいかわからない場合は、下記を参考にしてください。

インストール作業が必要

ウェブサーバーとドメインを用意できても、すぐにはWordPressを使えません。なぜなら、WordPressはウェブサーバーにインストールする必要があるからです。

でも、ご安心ください。最近では、自動インストール機能を用意しているウェブサーバーが増えています。簡単な入力・操作だけでWordPressを使い始めることができます。

このサイトで利用しているエックスサーバーでも、自動インストール機能を利用できます。


このように、若干の手間とコストがかかるものの、WordPressはとても利用価値が高いソフトウェアです。「テーマ」でデザインを簡単に着せ替えられ、「プラグイン」で必要な機能を簡単に追加することができます。そして、何と言っても「無料」です。

はじめは少々取っ付きにくいかもしれません。しかし、使い方をマスターすれば直感的な操作でウェブサイトを構築していくことができます。このサイトが、その一助となれば幸いです。

このサイトでも利用している、おすすめサービス

エックスサーバー

当サイト開設から5年以上使っていますが、トラブルは一切ありません。WordPress自動インストール機能は、もちろん標準装備。ドメインプレゼントキャンペーン延長決定!(12月23日(金)18:00まで)

お名前.com

格安でドメインを取得できるお得なキャンペーンを頻繁に開催。国内最大級のドメイン登録サービスです。電話サポートが24時間無料なので、初心者でも安心して利用できます。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。