FTPソフトは、サーバーとパソコンとの間でファイルをやり取りするために使います。ファイルのダウンロード/アップロード/編集などは、WordPress管理画面上でも実行することができます。なのに、なぜFTPソフトを使う必要があるのでしょうか?

この記事では、

  • WordPressユーザーがFTPソフトを使うべき理由
  • おすすめのFTPソフト
  • FTPソフトの基本的な使い方

について、丁寧に説明しています。

FTPソフトとは

FTPソフトとは、ウェブサーバーとパソコンとの間でファイルを送受信するためのソフトです。正確には、「FTPクライアントソフト」といいます。

FTPソフトでできること
  • パソコン内のファイルをサーバーにアップロードできる
  • サーバー内のファイルをパソコンにダウンロードできる
  • サーバー内/パソコン内のファイルを編集/削除できる など

つまり、WordPressの利用者がFTPソフトを使う目的は、WordPressをインストールしたサーバーとパソコンとの間でファイルをやり取りすることです。

WordPressユーザーがFTPソフトを使う場面

FTPソフトを使わなくても、WordPressでブログ・サイトを運営することはできます。ただ、次の作業を実行する場合は、FTPソフトが必要です。

FTPソフトが必須の作業

  • 管理画面にログインできなくなったときの対処【重要】
  • WordPress構成ファイルの編集

管理画面にログインできなくなったときの対処

たとえば、次のような操作をおこなったときに、画面が真っ白になってWordPress管理画面にログインできなくなるようなエラーが発生することがあります。

管理画面にログインできないエラーが発生する事例
  • WordPress本体/テーマ/プラグインをアップデート(更新)したとき
  • WordPress本体/テーマ/プラグインの構成ファイルを編集/カスタマイズしたとき

どちらもエラー発生の原因となるのは、WordPress本体/テーマ/プラグインの内容が書き換えられたことによるものです。エラーを解消するには、内容を修正したり、書き換えられる前の状態に戻したりしなければなりません。

管理画面にログインできなくなった場合、サーバー内に保存されているWordPress本体/テーマ/プラグインの構成ファイルを修正/復元するには、FTPソフトを使う必要があるのです。

WordPress講師

特に、アップデート(更新)は、初心者さんでも必ずやるべき作業です。アップデートによる不具合は、いつ発生するかわかりません。いざという時のために、ある程度はFTPソフトの使い方に慣れておくといいでしょう。

アップデート(更新)については、下記ページをお読みください。

WordPress構成ファイルの編集

WordPress講師

WordPress構成ファイルの編集は、上級者向けの作業です。よくわからない場合は、気にしなくて大丈夫です。

WordPressの管理画面では、テーマやプラグインの構成ファイルを編集する機能(エディター)が備わっています。

  • テーマを編集する機能:管理画面[外観]>[テーマエディター]
  • プラグインを編集する機能:管理画面[プラグイン]>[プラグインエディター]

しかし、WordPress本体を構成するファイルの編集は管理画面上でできないため、FTPソフトを使う必要があります。


次に、「WordPress管理画面でもできるけど、FTPソフトを使ったほうが便利」なシーンについても紹介しておきます。

FTPソフトが便利な作業

  • テーマのカスタマイズ
  • ファイルのバックアップ

テーマのカスタマイズ

先ほども書いたように、テーマの編集/カスタマイズはWordPress管理画面「テーマエディター」で実行できます。しかし、編集作業によって管理画面にログインできないようなエラーが発生してしまった場合、対処するには結局、FTPソフトを使わなければなりません。

また、FTPソフトを使えば、お好みのエディター(ファイルを編集するためのソフト。筆者はMeryを愛用中)でテーマを編集することができます。もし使い慣れたエディターがあるなら、それを使って編集するのが効率的です。

FTPソフトでお好みのエディターを使うための設定方法については、記事の後半で説明します。

ファイルのバックアップ

たとえば、テーマをカスタマイズする前には、万が一に備えるためのバックアップが欠かせません。FTPソフトを使えば、簡単な操作でテーマファイルをダウンロードできるので、手軽にバックアップを取ることができます。

ダウンロードの操作方法は、記事の後半で説明します。
テーマの「新規追加」や「アップデート(更新)」のときは、データベースもあわせてバックアップしたほうがいいです。ファイルとデータベースの両方をバックアップするには、プラグインを利用するのがおすすめです。

バックアップができるプラグインについては、下記ページをお読みください。


ここまでの話をまとめると、

  • ブログの不具合に対応するため
  • ブログをとことんカスタマイズするため

には、FTPソフトを使えるようになりましょう!ということです。

おすすめのFTPソフト

初めてFTPソフトを使うなら、「FileZilla(ファイルジラ)」というソフトがおすすめです。無料版/有料版があり、基本的な使い方をするだけなら無料版で十分です。

FileZillaをおすすめする理由
  • Windows/Macともに使える
  • 日本国内でも利用者が多い
  • 使い方の解説記事が多い

FileZillaの初期設定

ダウンロード

FileZillaの公式ページで、FileZillaをダウンロードします。

ダウンロード手順の詳しい説明が不要な場合は、インストールに進んでください。

あなたが使っているパソコンの「OS」によって、公式ページの表示内容が異なります。筆者の場合「Windows 10の64bit版」のパソコンでアクセスしたので、下図のように表示されました。緑色のボタンをクリックします。

FileZillaの公式ページでインストーラーをダウンロード

無料版/有料版の選択画面が表示されます。無料版をダウンロードするには、「FileZilla」の下にある[Download]ボタンをクリックして、パソコン内の任意の場所に保存します。

FileZillaの無料版を選択

インストール

保存先にある、下図のようなアイコンをダブルクリックします。

FileZillaのインストーラを起動
インストール手順の詳しい説明が不要な場合は、FTP接続情報の確認に進んでください。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と聞かれます。[はい]をクリックします。

FileZillaのインストーラを起動後、「はい」をクリック

利用規約とプライバシーポリシーが表示されます。同意できる場合は[I Agree]をクリックします。

FileZillaの利用規約に同意できる場合は[I Agree]をクリック

パソコンを共有している場合に、すべてのユーザーがFileZillaを利用できるようにするかどうかを選択します。あなただけが利用する場合は、[Only for me]にチェックを入れ、[Next]をクリックします。

FileZillaを利用するユーザーの選択。自分だけなら[Only for me]にチェックを入れ[Next]をクリック

FileZillaの機能を選択します。デスクトップにショートカットアイコンが必要なら[Desktop Icon]にもチェックを入れ、[Next]をクリックします。

FileZillaの機能を選択。必要なら[Desktop Icon]にもチェックを入れ[Next]をクリック

インストール先を選択します。よくわからない場合は、何も変更せず[Next]をクリックしてOKです。

FileZillaのインストール先を選択。[Next]をクリック

スタートメニューのフォルダを選択します。よくわからない場合は、そのまま[Next]をクリックしてOKです。

スタートメニューのフォルダを選択。[Next]をクリック

「Install Additional Software」は、「こちらのソフトもいかがですか?」という広告です。不要なら、[Decline(断る)]をクリックします。

「こちらのソフトもいかがですか?」という広告。[Decline]をクリック

インストールが始まります。

FileZillaのインストール開始

下図のように表示されたら、FileZillaのインストールが完了です。[Start FileZilla Now]にチェックが入ったまま[Finish]をクリックすると、FileZillaが起動します。

FileZillaのインストール完了画面

FTP接続情報の確認

FileZillaを起動すると、下のような画面が表示されます。左側には、パソコン内のファイルが表示されていますが、右側には何も表示されていません。

FileZillaの起動直後の画面
WordPress講師

FileZillaの画面右側は、サーバー内のファイルを表示するエリアです。しかし、まだサーバーと接続できていないので、何も表示されないんですね。

FileZillaをサーバーに接続するためには、以下のFTP接続情報が必要です。

サーバーとの接続に必要な情報
  • ホスト名
  • ユーザー名
  • パスワード
FTP接続情報の確認方法

FTP接続情報は、利用しているサーバーの管理画面や、サーバー契約時に届くメールなどで確認することができます。
例として、WordPress初心者におすすめのサーバーでご紹介している、「エックスサーバー」「ConoHa WING」の接続情報の調べ方について、詳しく説明します。

FTP接続情報の調べ方がわかる場合は、サーバーとの接続設定に進んでください。
「エックスサーバー」のFTP接続情報の調べ方

サーバーパネルにログインして、[サブFTPアカウント設定]をクリックします。

エックスサーバー・サーバーパネルにログインし[サブFTPアカウント設定]をクリック

ドメイン選択画面が表示されたら、「すべてのドメイン」の右側にある[選択する]をクリックします。

ドメイン選択画面「すべてのドメイン」の右側にある[選択する]をクリック

[FTPソフト設定]タブをクリックします。

サブFTPアカウント設定画面の[FTPソフト設定]をクリック

初期FTPアカウントの設定内容の表に、接続情報が記載されています。確認できたら、サーバーとの接続設定に進んでください。

初期FTPアカウントの設定内容の表から、接続情報を確認
「ConoHa WING」のFTP接続情報の調べ方

ConoHa WINGでは、まず「FTPアカウント」を作成する必要があります。FTP接続するための「ユーザー名」「パスワード」に、任意の文字列を設定できます。

ConoHa WINGコントロールパネル[サイト管理]をクリックします。

ConoHa WINGコントロールパネルの[サイト管理]をクリック

[FTP]をクリックします。

[FTP]をクリック

[+ FTPアカウント]をクリックします。

[+ FTPアカウント]をクリック

[ユーザー名]と[パスワード]に任意の文字列を入力します。パスワードは後からコントロールパネルで確認することができないので、メモしておきましょう。[保存]をクリックすると、FTPアカウントの作成が完了です。

[ユーザー名]と[パスワード]に任意の文字列を入力

FTPアカウント名をクリックすると、FTP接続情報を確認することができます。なお、「FTPサーバー」の項目に書かれている文字列が、サーバーとの接続設定で入力する「ホスト名」になります。

ConoHa WINGでのFTP接続情報の確認

サーバーとの接続設定

先ほど確認したFTP接続情報(ホスト名/ユーザー名/パスワード)を使って、FileZillaとサーバーとを接続してみましょう。

サーバーとの接続設定手順
  1. [サイトマネージャー]アイコンをクリック
  2. [新しいサイト]をクリックし、サイト名などを入力
  3. FTP情報を入力して[接続]をクリック
  4. パスワード保存方法を選択

手順1.FileZillaの画面左上[サイトマネージャー]アイコンをクリックします。

FileZillaの画面左上[サイトマネージャー]アイコンをクリック

手順2.[新しいサイト]をクリックし、識別しやすい文字列(サイト名など)を入力します。

[新しいサイト]をクリック。サイト名などを入力

手順3.FTP情報を以下のとおり入力して、[接続]をクリックします。

FTP情報を入力して[接続]をクリック
入力項目の説明
  • プロトコル:「FTP – ファイル転送プロトコル」を選択
  • ホスト:接続情報の確認で調べた「ホスト名」
  • 暗号化:「明示的な FTP over TLS が必要」を選択
  • ログオン タイプ:「通常」を選択
  • ユーザー:接続情報の確認で調べた「ユーザー名」
  • パスワード:接続情報の確認で調べた「パスワード」

手順4.パスワードを保存するかどうか選択して、[OK]をクリックします。

パスワード保存方法を選択して[OK]をクリック
サーバー証明書に関するメッセージが表示された場合は、[OK]をクリックしてください。

サーバー証明書に関するメッセージ。[OK]をクリック

ディレクトリ リストの表示成功」というメッセージが表示されたら、FileZillaとサーバーとの接続が完了しています。

「〇〇のディレクトリ リストの表示成功」というメッセージが表示されたら、FileZillaとサーバーとの接続が完了
もしエラーが発生して接続できない場合は、接続情報の入力ミスの可能性があります。

FileZilla接続エラー画面

解決するには、[サイトマネージャー]アイコンをクリックして、入力内容を再確認してください。

FileZillaの使い方

ここからは、FileZillaの基本的な使い方をご紹介します。

画面の見方

FileZillaをサーバーと接続すると、

  • 画面左側(ローカル サイト):パソコン内のファイル
  • 画面右側(リモート サイト):サーバー内のファイル

が表示されます。

FileZilla 画面構成
WordPress講師

サーバー内には、たくさんのディレクトリ(フォルダ)が含まれていて、階層構造(ツリー構造)になっています。パソコンでの操作と同じように、フォルダをダブルクリックするとその内容が表示されます。

ダウンロード

サーバー内のフォルダ/ファイルをダウンロードするには、まず画面左側でパソコン内の保存先を選択した上で、以下のいずれかを実行します。

  • ドラッグ・アンド・ドロップ
  • 右クリック後「ダウンロード」を選択
  • ダブルクリック(ファイルのみ)
FileZillaでファイルをダウンロードする方法
WordPress講師

たとえば、テーマやプラグインのフォルダを丸ごとダウンロードすれば、簡単にバックアップを取ることができますね。

ダブルクリックしたときに、ファイルを表示/編集できるよう設定変更する方法はこちら

アップロード

反対に、パソコン内のフォルダ/ファイルをアップロードするには、まず画面右側でサーバー内の保存先を選択した上で、以下のいずれかを実行します。先ほどの「ダウンロード」と同様に操作してください。

  • ドラッグ・アンド・ドロップ
  • 右クリック後「アップロード」を選択
  • ダブルクリック(ファイルのみ)
ダブルクリックしたときに、ファイルを表示/編集できるよう設定変更する方法はこちら

ファイルの編集

ファイルを編集するには、右クリック後[表示/編集]をクリックします。

FileZillaでファイルをダウンロードする方法

ファイルの種類に関連付けられたプログラムがありません」と表示されたら、どのエディターで編集するのかを選択し、[OK]をクリックします。

FileZilla「ファイルの種類に関連付けられたプログラムがありません」
お好みのエディターで編集するには、[カスタム プログラムを使用]にチェックを入れ、[参照]をクリックした後にエディターを選択できます。
ダブルクリックしてファイルを開く方法

パソコンの操作に慣れていると、ファイルを開くときについついダブルクリックしてしまうこともあるでしょう。初期設定ではファイルをダブルクリックすると「転送」されてしまいますが、これを「表示/編集」する、つまりファイルをエディターで開くように設定変更することができます。

設定変更手順
  1. 画面左上[編集]>[設定]の順にクリック
  2. ページの選択で[ファイル リスト]を選択
  3. ファイルをダブルクリックしたときのアクションで[表示/編集]を選択し、[OK]をクリック
ダブルクリックしてファイルを開く方法

名前の変更

フォルダ/ファイルを右クリック後[名前の変更]をクリックします。

FileZilla「名前の変更」をクリック
WordPress講師

Windowsなら、ファイルを選択して[F2]キーを押すことでも、名前を変更することができます。

削除

フォルダ/ファイルを右クリック後[削除]をクリックします。

FileZilla「削除」をクリック

本当にサーバーから削除しますか?」とメッセージが表示されます。削除してよいなら、[はい]をクリックします。削除後は元に戻せないので、十分注意してください。

FileZilla「本当にサーバーから削除しますか?」
WordPress講師

Windowsなら、ファイルを選択して[Delete]キーを押すことでも、削除することができます。

起動時の接続先の変更

FileZillaを起動したときに表示される接続先を、指定することができます。よく表示させる接続先を指定しておくと効率的です。

よく使うサーバー側の接続先

テーマフォルダ
/public_html/(ドメイン名)/wp-content/themes

プラグインフォルダ
/public_html/(ドメイン名)/wp-content/plugins

アップロードフォルダ(画像ファイルの保存場所)
/public_html/(ドメイン名)/wp-content/uploads

指定したい接続先を表示させ、パス(アドレスのようなもの)をコピーします。

FileZillaで指定したいデフォルトディレクトリのパスをコピー
上の図では、リモート サイト(サーバー側)のパスをコピーしていますが、ローカル サイト(パソコン側)のパスについても以下の手順で指定することができます。

[サイトマネージャー]アイコンをクリックします。

FileZilla[サイトマネージャー]アイコンをクリック

サイトを選択し、[詳細]タブをクリックします。

FileZilla サイトマネージャーの[詳細]タブをクリック

先ほどコピーした接続先のパスを、以下の場所に貼り付けます。

  • パソコン側のパス:[デフォルトのローカル ディレクトリ]
  • サーバー側のパス:[デフォルトのリモート ディレクトリ]

貼り付けできたら、[OK]をクリックして設定完了です。

FileZilla デフォルトディレクトリのパスを貼り付け後[OK]をクリック

FTP操作ができるプラグイン

WordPressの管理画面上でFTPソフトのような操作ができるプラグイン(たとえば、「File Manager」など)もあります。

しかし、管理画面にログインできなければプラグインによる操作もできません。FTP操作をするなら、プラグインではなくFileZillaのようなソフトを使うのがおすすめです。

File Manager プラグイン(6.8以前)は早急にアップデートを!

File Manager プラグインにおいて、緊急性の高い脆弱性が発見されています。バージョン6.8以前を使用している場合は、すぐにプラグインをアップデート(更新)してください。

参考リンク:

まとめ

FTPソフトは、ウェブサーバーとパソコンとの間でファイルをやり取りするためのソフトです。ファイルのダウンロード/アップロード/編集/削除などができます。

FTPソフトを使う主な目的は、以下のとおりです。

  • 管理画面にログインできなくなったときの対処【重要】
  • ファイルのバックアップ
  • WordPress構成ファイルやテーマなどの編集(上級者向け) など

初心者さんにおすすめのFTPソフトは、「FileZilla(ファイルジラ)」です。無料版でも機能性は十分で、Windows/Macともに使える人気ソフトです。