WordPressを無料サーバーで始める方法まとめ【初心者向け】

WordPressを始めたいんだけど、お金はかけたくないな……。
無料で使えるレンタルサーバーってないのかな?

その気持ち、とてもよくわかります。使い方もよくわからないWordPressを始めるために、いきなり有料のレンタルサーバーに申し込むのは不安ですよね。

無料でWordPressを始める方法はあります。しかし、費用がかからないというメリットよりも、デメリットのほうがはるかに大きいので、おすすめはできません

おすすめのサーバーでは月額500円ほどで利用できるサービスもありますが、どうしても無料で始めなければならない場合は、このまま読み進めてください。

目次

WordPressを無料で始める3つの方法

WordPressを無料で始めるための方法には、次の3つがあります。

あなたがWordPressを始める目的によって、どの方法を選ぶべきかが異なります。

【目的1】WordPressで作るサイトをインターネット上に公開するなら……
方法1. 無料レンタルサーバー あるいは 方法2. 無料レンタルブログサービス

レンタルサーバーとレンタルブログ、どっちがいいの?

「方法2. 無料レンタルブログサービス」ではWordPressで使える機能が一部制限されてしまうため、「方法1. 無料レンタルサーバー」がベターです。

【目的2】WordPressをお試しで使ってみたいだけなら……
方法3. PCにインストール

1. 無料レンタルサーバーを使う

レンタルサーバーの中には、無料で利用できるものもあります。ただし、WordPressを使うためには「PHP」や「MySQL」が利用できるサーバーを選ばなければなりません。

WordPressの公式サイトには、WordPressが正常に動作するためのサーバー環境が明記されています。くわしくは、WordPressに適したレンタルサーバーの選び方をお読みください。

WordPressが動作する無料サーバーは、のちほどWordPressを利用できる無料レンタルサーバーで紹介します。

2. 無料レンタルブログサービスを使う

サーバーを借りるのではなく、レンタルブログ形式でWordPressを使えるサービスがあります。

無料レンタルブログサービスのメリット・デメリット

  • メリット………WordPressブログを簡単に開設できる
  • デメリット……通常のWordPressの利用環境に比べて機能制限が多い

WordPress.com

WordPress.comは、Automattic(オートマティック)というアメリカのWeb開発会社が運営するレンタルブログサービスです。

Wordpress.comのトップページ
レンタルブログサービス「WordPress.com

契約プランは2つあり、無料版では次のような機能制限があります。

WordPress.com 無料版の主な機能制限

  • プラグイン(拡張機能)を追加できない
  • 動画ファイルをアップロードできない
  • 自動広告が表示される

制限解除するには、有料プラン(WordPress Pro)への加入が必要です。WordPress Proの利用料金は月額1,850円と高額なので、おすすめできません。

wpXブログ

wpXブログは、レンタルサーバー大手のエックスサーバー株式会社が提供するレンタルブログサービスです。

wpXブログのトップページ
レンタルブログサービス「wpXブログ

無料レンタルブログとしては、機能が充実しています。たとえば、

  • 独自ドメインが使える(⇨オリジナルURLでサイト運営できる)
  • 無料独自SSLが利用できる(⇨サイトの通信を暗号化できる)
  • ストレージにオールSSDを採用している(⇨データの読み書きが高速)

一方で、次のデメリットもあります。

  • 動画や写真のアップロードには上限がある
  • メールサポートがない
  • 自動広告が表示される(スマートフォンで閲覧時のみ)

これらの制限を解除するには、有料サービス「wpXブログPRO」に加入する必要があります。利用料金は、月額660円~です。

無料レンタルブログでWordPressを始めるなら……

WordPress.comよりもwpXブログのほうがおすすめです。

3. PCにインストールする

WordPressをローカル環境にインストールすることもできます。ローカル環境とは、個人のパソコンの中に構築された仮想環境のことです。第三者はサイトを見ることができないので、WordPressの使い勝手をいくらでも試すことができます。

WordPressをPCにインストールするには「Local」という無料ツールがおすすめです。くわしい使い方は、WordPressをローカル環境(パソコン)にインストールする方法をお読みください。

WordPressを利用できる無料レンタルサーバー

ここからは、無料で使えるレンタルサーバーについて、くわしく見ていきましょう。紹介するのは、次の3社です。すべて、WordPressが動作するサーバー環境が提供されています。

XFREE(エックスフリー)

XFREE(エックスフリー)は、エックスサーバー株式会社が提供する無料レンタルサーバーです。

XFREE(エックスフリー)のトップページ

3つのプランがあり、「PHP・MySQLサーバー機能」プランと「WordPress機能」プランでWordPressが使えます。おすすめは「WordPress機能」プランです。理由は、より高速で動作するPHPバージョン(PHP 8.0.x / PHP 7.4.x )が利用できるからです。

独自ドメインが利用できるなど、無料レンタルサーバーとしては機能性が高いです。2022年4月21日からは「Xfree アクセラレータ」の提供が開始されました。管理画面でON-OFFを切り替えるだけで、簡単にサイトを高速化・安定化させることができます。

無料レンタルサーバーの比較表を見る
無料レンタルサーバーのデメリットを確認する
XFREE公式サイト

スターサーバーフリー

スターサーバーフリーは、ネットオウル株式会社が提供する無料レンタルサーバーです。

スターサーバーフリーのトップページ

3つのプランがありますが、WordPressが使えるのは「フリー PHP+MySQL」プランだけです。独自ドメインが利用できるのはうれしいポイントですが、性能面では先ほどの「XFREE(エックスフリー)」と比べると見劣りしてしまいます。

無料レンタルサーバーの比較表を見る
無料レンタルサーバーのデメリットを確認する
スターサーバーフリー公式サイト

XREA(エクスリア)

XREA(エクスリア)は、GMOデジロック株式会社が提供する無料レンタルサーバーです。

XREA(エクスリア)のトップページ

無料でWordPressを始めるなら「XREA Free」プランを選択してください。無料レンタルサーバーとしては珍しく、サポート(メール、チャット)を利用できます。しかし、WordPressの簡単インストールに対応していないなど、初心者の人には使いづらいかもしれません。

無料レンタルサーバーの比較表を見る
無料レンタルサーバーのデメリットを確認する
XREA公式サイト

無料レンタルサーバーの比較表

ここまでに紹介した無料レンタルサーバー3社を比較しました。
強いておすすめを選ぶとすれば「XFREE」です。

XFREE スターサーバーフリー XREA
プラン名 WordPress機能 フリー PHP+MySQL XREA Free
ディスク容量
2GB

2GB

1GB
PHP
PHP5 / PHP7 / PHP8

PHP5 / PHP7

PHP5 / PHP7 / PHP8
MySQL
5個

1個

1個
WordPress
簡単インストール

利用可

利用可
×
利用不可
広告表示
あり
(スマホ・タブレットのみ)

あり
(スマホ・タブレットのみ)
×
あり
独自SSL ×
利用不可
×
利用不可

利用可
サポート ×
なし
×
なし

メール、チャット
運営会社 エックスサーバー株式会社 ネットオウル株式会社 GMOデジロック株式会社
URL https://www.xfree.ne.jp/ https://www.star.ne.jp/free/ https://www.xrea.com/

比較表内の用語について

ディスク容量
WordPressサイトに関わるデータやファイルを保管するスペースの容量です。サイトに写真や動画をたくさん掲載する場合、2GBでは厳しいでしょう。おすすめサーバーの記事で紹介している有料のレンタルサーバーであれば、300GB~400GBも用意されています。
PHP
プログラミング言語の一種。数字はバージョンです。WordPress本体の大部分はPHPで作られているため、PHPを実行できるサーバーを選ばなければなりません。
MySQL
データベース管理システムの種類です。基本的に、1つのサイトにつき1個のデータベースを使います。
独自SSL
SSLは、サイト閲覧における通信を暗号化する技術です。独自SSLは、独自ドメインを利用するサイトをSSL化することをいいます。

有料との違いは?無料レンタルサーバーのメリットとデメリット

WordPressを無料レンタルサーバーで始めることには、有料レンタルサーバーと比べてどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

メリット

無料レンタルサーバーを利用するメリットは、無料であること。これに尽きます。費用がかからないという点だけです。

デメリット

無料レンタルサーバーを利用するデメリットとして、次の5つを紹介します。

不要な広告が表示される

意図しない広告が自動的に表示されてしまいます。WordPressを利用する目的が「収益化」や「集客」なのであれば、無料レンタルサーバーは利用すべきではありません。

無料レンタルサーバーで表示される広告の例
引用元: 広告の表示について|【エックスフリー】

サービス終了のリスクが大きい

インターネット上で利用できるサービスには「サービス終了」のリスクが伴います。レンタルサーバーも例外ではありません。

特に無料サービスの場合は、予告なしにサービスが終了してしまう可能性もあります。このようなリスクを避けるために、有料のレンタルサーバーを検討すべきです。

機能が少ない

有料レンタルサーバーと比べると、機能面でかなり劣ります。たとえば、同じ運営会社の「エックスサーバー(有料)」と「XFREE(無料)」とを比較したとき、XFREEでは利用できない主な機能は次のとおりです。

  • WordPressクイックスタート
  • 独自SSL
  • サブドメイン
  • メールアカウント

WordPressクイックスタートとは、WordPressを簡単に始めるためのエックスサーバー独自の機能です。わずか10分ほどでWordPressの開設が完了するので、初心者の人におすすめです。

独自SSLが利用できないのは、かなり大きなデメリットです。サイトをSSL化することはWordPress公式サイトでも推奨されていますし、SSLに対応していなければサイトへの信頼感を損ねてしまうからです。

安定性が低い

無料レンタルサーバーでは、サーバー機器の性能がくわしく公開されていません。当然のことながら、有料サーバーに比べて性能が低いことが予想できます。

WordPressは、サーバーへの負荷が大きくなりがちなシステムです。処理能力が低い無料サーバーを使っていると、アクセスが集中したときにサイトの表示速度が遅くなったりサーバーがダウンしたりしてしまう可能性が高いです。

サポートがない

サポートが用意されていないレンタルサーバーでは、わからないことや不安なことがあっても相談できないですし、トラブルが発生しても自力で解決しなければなりません。

たとえば「エックスサーバー」なら、メールで24時間365日サポートをしてくれます。また、電話やチャットでの問い合わせにも対応しています。

エックスサーバーのメールサポート
引用元: エックスサーバーの特長
筆者もエックスサーバーのメールサポートを何度か利用しましたが、とにかく返信が早い!最短30分ほどで解決した経験もあります。

どうしても無料レンタルサーバーでなければならない場合は、これらのデメリットをよく理解した上で利用してください。

まとめ

WordPressを無料で始める方法を3つ紹介しました。無料でWordPressサイトを公開するなら、無料レンタルサーバーを使うのがベターです。

しかし、無料レンタルサーバーを使うことは、有料サービスと比べてデメリットがあまりに多すぎます。WordPressを始める目的が「収益化」や「集客」の場合は特に、おすすめレンタルサーバーの利用を検討してください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このサイトで使っているテーマ

ブロックエディタの使い心地が格段にアップ。
センス不要!シンプルで美しいサイトを簡単に作れます。

目次
閉じる