多くのレンタルサーバーで、WordPressの自動インストール(簡単インストール)機能が提供されています。しかし、何らかの理由で簡単インストール機能が利用できない場合は、手動でのインストールが必要です。この記事では、WordPressを手動でインストールする方法を詳しく説明しています。

WordPressのインストール

WordPress(ワードプレス)とは?にも書きましたが、WordPressはサーバーにインストールすることによって稼働するソフトです。

インストールの基礎知識

WordPressのソフト本体は、WordPressの公式サイトで無料配布されています。ワードプレスをインストールするための大まかな流れは、以下のとおりです。

  1. WordPress本体を公式サイトからダウンロードする
  2. WordPress本体をサーバーにアップロードする
  3. インストールに必要な設定をする

何年も前に書かれた古い書籍やWeb記事では、上の手順でWordPressをインストールするよう説明されています。

しかし最近では、インストールに関わる煩雑な作業を簡単にしてくれる、初心者向けの便利なサービスが普及しています。

できれば簡単インストールを利用しよう

WordPressが使えるレンタルサーバーのほとんどが、インストール作業を簡略化するための自動インストール簡単インストール)機能を提供しています。

特に、初めてサーバーを使う初心者さんは、簡単インストール機能を利用するのが無難です。

上のレンタルサーバーは、WordPress初心者におすすめのサーバーで詳しくご紹介しています。
これからサーバーの申し込みや独自ドメインの取得をする場合

独自ドメインの取得や独自SSL化の設定も簡単にできる、以下のサービスがおすすめです。

独自SSLは、ブログ/サイトの通信を暗号化するための仕組みで、URLが「https://」で始まるのが特徴です。ブログをHTTPSに対応させることは、WordPress公式ページでも推奨されています。

もし何らかの理由で簡単インストール機能が利用できない場合は、手動でのインストールが必要です。

WordPressを手動でインストールする手順

手動でのインストールは、ある程度パソコンの操作に慣れていれば、それほど難しい作業ではありません。ただ、事前にいくつかの準備が必要です。

手動でインストールする前に準備するもの

インストールを始める前に、以下について準備しておきましょう。

手動インストール前に準備すること
  • レンタルサーバーの申し込み
  • サーバーとドメインのひも付け
  • FTPソフトの接続設定
レンタルサーバーの申し込み

WordPressが稼働するための条件を満たすレンタルサーバーに申し込む必要があります。条件は、以下のとおりです。

  • PHP バージョン 7.4 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上(または MariaDB 10.1以上)
詳しい説明は、WordPressを始めるために必要なものをお読みください。
サーバーとドメインのひも付け

独自ドメインを使用する場合は、サーバーとドメインのひも付けが必要です。

FTPソフトの接続設定

FTPソフト(FTPクライアント)は、サーバーとパソコンとの間でファイルを送受信するためのソフトです。今回は、WordPress本体をサーバーにアップロードするために必要です。

FTPソフトの使い方は、WordPressユーザーのためのFTPソフトの使い方【初心者向け】で説明しています。

準備ができたら、以下の手順でWordPressをインストールしてみましょう。

WordPressの手動インストール手順
  1. データベースの作成
  2. WordPressのダウンロード
  3. WordPressのアップロード
  4. データベースの接続設定
  5. サイト情報の入力

1.データベースの作成

データベースは、Webサイトに関わるさまざまな情報を保管し、抽出・加工などができるソフトです。WordPressでは、管理画面から入力したコンテンツデータ(記事のタイトルや本文など)をデータベースに保管する仕組みになっています。

WordPressでは、先ほども紹介した「MySQL(または MariaDB)」というデータベースを使います。WordPressを手動でインストールする場合は、MySQLデータベースを自分で作成しなければなりません。

ここからは「エックスサーバー」を例として、データベース(MySQL)を作成する手順を詳しく説明します。大まかな流れは、以下のとおりです。

エックスサーバーのMySQL作成手順
  1. MySQLを作成する
  2. 1.のMySQLを利用するユーザーを作成する
  3. 2.のユーザーに、1.のMySQLへのアクセス権を付与する

1-1.MySQLデータベースを追加(新規作成)する

エックスサーバーのサーバーパネルにログインし、[MySQL設定]をクリックします。

サーバーパネルで「MySQL設定」をクリック

MySQL追加]タブをクリックします。

「MySQL追加」タブをクリック

MySQLデータベース名]を半角文字で入力し、[確認画面へ進む]をクリックします。

「MySQLデータベース名」を入力
[文字コード]は、UTF-8のままでOKです。
MySQLデータベース名は、この後「4.データベースの接続設定」で「データベース名」として入力します。メモしておきましょう。

入力内容に問題がなければ、[追加する]をクリックします。

「追加する」をクリック

以上でMySQLが追加できました。続いて、MySQLのユーザーを作成します。

1-2.MySQLユーザーを追加(新規作成)する

MySQLユーザ追加]タブをクリックします。

「MySQLユーザ追加」タブをクリック

MySQLユーザID]と[パスワード]を半角文字で入力し、[確認画面へ進む]をクリックします。

「MySQLユーザID」と「パスワード」を入力
MySQLユーザIDとパスワードは、この後「4.データベースの接続設定」で「ユーザー名」「パスワード」として入力します。メモしておきましょう。

入力内容に問題がなければ、[追加する]をクリックします。

「追加する」をクリック

以上でMySQLユーザーが追加できました。続いて、1.で作成したデータベースへのアクセス権を与える設定をします。

1-3.MySQLアクセス権を与える

MySQL一覧]をクリックします。

「MySQL一覧」をクリック

アクセス権未所有ユーザ]のプルダウンからアクセス権を設定したいユーザー名を選択し、[追加]をクリックします。

「アクセス権を設定したいユーザー名」を選択し、「追加」をクリック

以上でアクセス権が設定できました。[戻る]をクリックしてください。

「戻る」をクリック

エックスサーバーの場合、MySQL一覧画面の下部に「MySQLx.x情報」の表があります。表内の[MySQLx.x ホスト名]を確認してください。

「x.x」はMySQLのバージョンを表します。エックスサーバーでは、2020年9月時点でMySQL5.7を利用できます。
「MySQLx.x ホスト名」を確認
MySQLx.x ホスト名は、この後「4.データベースの接続設定」で「データベースのホスト名」として入力します。メモしておきましょう。

ここまでの手順で、MySQLデータベースの作成が完了です。以下の内容は、メモできていますか?

「4.データベースの接続設定」に必要な情報
  • MySQLデータベース名
  • MySQLユーザID
  • MySQLユーザのパスワード
  • MySQLx.x ホスト名

次に、WordPressのソフト本体を、公式サイトから入手します。

2.WordPressのダウンロード

WordPress公式ページ(日本語)にアクセスして、[WordPress x.x.x をダウンロード]をクリックします。

「x.x.x」はWordPressのバージョンを表します。バージョンは、ダウンロードするタイミングによって異なります。
「WordPress x.x.x をダウンロード」をクリック

ダウンロードされたファイルは、ZIPという圧縮形式のファイルです。圧縮ファイルをサーバーにアップロードするためには、展開解凍)する必要があります。

解凍方法がわからない場合は、下記ページを参考にしてください。

ZIPファイルを展開すると、「wordpress」という名前のフォルダが生成されます。

3.WordPressのアップロード

WordPress本体をアップロードするには、FTPソフトを使います。

FTPソフトの使い方はこちらを参考にしてください。

3-1.WordPressをインストールするフォルダにFTP接続する

FTPソフトを起動して、サーバー側はWordPressをインストールするフォルダに接続します。
たとえば、以下のような条件

  • サーバー:エックスサーバー
  • ドメイン:example.com

でWordPressをインストールする場合、FTPソフトは

/example.com/public_html

に接続します。

「public_html」の部分は、サーバー会社によって異なります。他に「www」「htdocs」などが使われるサーバーもあります。

3-2.「wordpress」フォルダの中身をアップロードする

先ほどZIPファイルの展開によって生成された「wordpress」フォルダに含まれる全てのフォルダ・ファイルを、サーバーにアップロードします。

データ量が大きいため、アップロードが完了するまでしばらく時間がかかります。
「wordpress」フォルダの中身をアップロード

アップロードが完了したら、先に作成した「MySQLデータベース」と「WordPress」とを接続する設定を行います。

4.データベースの接続設定

データベースの接続設定をするには、下記URLにアクセスします。

データベースの接続設定画面

http://(ドメイン名)/wp-admin/setup-config.php

下の画面が表示されたら、[さあ、始めましょう]をクリックします。

データベースの接続設定画面「さあ、始めましょう」をクリック

データベースの作成時にメモしておいた内容をそれぞれ入力し、[送信]をクリックします。

データベース接続情報を入力
テーブル接頭辞について

一般的には、テーブル接頭辞は変更する必要はありません。

MySQLデータベースの中には、いくつかの「テーブル」が作成されます。テーブル接頭辞は、各テーブル名の先頭に自動付与される文字列です。もし同じデータベース内に複数のWordPressをインストールしたい場合は、テーブル名の重複を避けるために接頭辞を変更する必要があります。

たとえば、レンタルサーバー「ロリポップ」のライトプランではMySQLデータベースを1つしか作成できないため、複数のWordPressをインストールする場合はテーブル接頭辞を変更しなければなりません。

以下の画面が表示されたら、データベースの接続設定が成功しています。[インストール実行]をクリックします。

データベース接続情報を入力
「データベース接続確立エラー」画面が表示される

データベース接続情報を入力・送信した後、下のようなエラーが表示されることがあります。

「データベース接続確立エラー」画面

エラーが表示される理由として考えられるのは、

  • 接続情報の入力内容が間違っている
  • ユーザーのアクセス権が設定できていない

などがあります。再確認の上、[もう一度お試しください]をクリックして正しい情報を入力し直してみてください。

5.サイト情報の入力

データベースの接続設定完了後に[インストール実行]をクリックすると、以下の画面が表示されます。ここには、あなたが作成するブログ/サイトの情報を入力します。

サイト情報を入力
サイトのタイトル あなたが作成するブログ/サイトのタイトルを入力
ユーザー名【重要】 WordPress管理画面にログインするときのユーザー名
パスワード【重要】 WordPress管理画面にログインするときのパスワード
メールアドレス WordPressからの通知(アップデート完了時やエラー発生時など)を受信するためのメールアドレス
検索エンジンでの表示 検索エンジンの検索結果に表示させたくない場合はチェック(通常はチェックしない)
画面には「ご心配なく、これらの情報は後からいつでも変更できます」とありますが、「ユーザー名」は後から変更できないのでご注意ください。

「成功しました!」と表示されたら、WordPressのインストールが完了です。お疲れ様でした!

WordPressのインストール完了画面

インストール完了画面で[ログイン]をクリックすると、WordPress管理画面のログインページが開きます。

WordPress管理画面のログインページ

まとめ

WordPressは、サーバーにインストールすることによって稼働するソフトです。

WordPressが使えるレンタルサーバーのほとんどが、ワードプレスの自動インストール(簡単インストール)機能を提供しています。特に、初めてサーバーを使う初心者さんは、簡単インストール機能を利用するのが無難です。

しかし、何らかの理由で簡単インストール機能が利用できない場合は、手動でのインストールが必要です。

手動インストール前に準備すること
  • レンタルサーバーの申し込み
  • サーバーとドメインのひも付け
  • FTPソフトの接続設定
WordPressの手動インストール手順
  1. データベースの作成
  2. WordPressのダウンロード
  3. WordPressのアップロード
  4. データベースの接続設定
  5. サイト情報の入力

インストールが完了したら、WordPress管理画面にログインしてみましょう。