WordPressワードプレス)をエックスサーバーインストールする方法を紹介します。エックスサーバーでは、WordPress初心者でも簡単にインストールできる機能が2つ用意されています。

エックスサーバーでWordPressをインストールする方法

WordPress(ワードプレス)とはでもご紹介したように、ワードプレスはサーバーにインストールして使うソフトウェアです。

エックスサーバーでは、インストールをより簡単にするWordPress初心者向けの機能を2つ用意しています。

初心者向けのインストール機能
  • WordPressクイックスタート
  • WordPress簡単インストール

WordPressクイックスタート
WordPressクイックスタートは、エックスサーバーの申し込みページで必要事項を入力するだけで、独自ドメインと独自SSLに対応したWordPressブログを始めることができます

WordPressクイックスタート概略図

つまりWordPressクイックスタートは、これからサーバーの申し込みをする人向けの機能です。くわしい手順は、下記ページでご紹介しています。

WordPress簡単インストール
WordPress簡単インストールは、すでにサーバーの申し込みやドメインの取得が済んでいる人向けの機能です。他社でドメインを取得している場合は、事前にサーバーとドメインとを関連付け(紐付け)る設定をしておく必要があります。

たとえばドメインを「お名前.com」で取得している場合、エックスサーバーでWordPress簡単インストール機能を使う前に、下記ページでご紹介している設定が必要です。

サーバーとドメインとの関連付け(紐付け)が完了したら、WordPress簡単インストールを実行できます。ここからは、エックスサーバーのWordPress簡単インストール手順について、くわしく説明します。

エックスサーバーのWordPress簡単インストール手順

WordPress簡単インストールの主な手順は、次の通りです。3~5分くらいでインストールが完了します。

WordPress簡単インストール 主な手順
  1. サーバーパネルにログイン
  2. [WordPress簡単インストール]をクリック
  3. WordPressをインストールするドメインを選択
  4. ブログ・サイト情報を入力

1.サーバーパネルにログイン

エックスサーバーの管理画面「サーバーパネル」にログインします。

サーバーパネル ログインページ

2.[WordPress簡単インストール]をクリック

[WordPress簡単インストール]をクリックします。

エックスサーバー [WordPress簡単インストール]をクリック

3.WordPressをインストールするドメインを選択

WordPressをインストールするドメインの[選択する]をクリックします。

エックスサーバー WordPressをインストールするドメインを選択

[WordPressインストール]タブをクリックします。

エックスサーバー WordPressインストールタブをクリック

4.ブログ・サイト情報を入力

WordPressで作成するブログ・サイトの情報を入力し、確認画面へ進むをクリックします。

エックスサーバー WordPress簡単インストール ブログ・サイト情報を入力
サイトURL 空欄でかまいません。
ここに文字列を入力すると、WordPressをサブディレクトリにインストールできます。よくわからない場合は、読み飛ばしてOKです。
ブログ名 あなたのブログ・サイトのタイトルを入力します。
ユーザー名 ※重要 WordPressの管理画面にログインするためのユーザー名です。
パスワード ※重要 WordPressの管理画面にログインするためのパスワードです。
メールアドレス WordPressインストール完了後などにメールが届きます。あとから変更可。
キャッシュ自動削除 初期状態(ONにする)のままでOK。
データベース 初期状態(自動で・・・)のままでOK。

入力内容を確認し、問題なければインストールするをクリックします。

エックスサーバー WordPress簡単インストール インストールするをクリック

下の画面が表示されたら、WordPress簡単インストールは完了です。

エックスサーバー WordPress簡単インストール 完了
上の画面の表示内容は重要です。忘れないようにメモしておきましょう。
パスワードの横にあるアイコンをクリックすると、文字列を表示させることができます。

WordPressの初期設定

さて、お名前ドットコムで取得したドメインをエックスサーバーで使うための設定方法の記事内でもご紹介した無料独自SSL」を利用している場合は、次の独自SSLの設定をしてください。

独自SSLとは
独自ドメインを、SSL(ブログ・サイトの通信を暗号化する技術)に対応させる仕組みです。URLが「https://」で始まるのが特徴です。

エックスサーバーのWordPress簡単インストール完了直後では、ブログ・サイトのURLが「http://」で始まるアドレスとなっています。これを、「https://」で始まるアドレスに変更する設定をおこないます。

独自SSLの設定

独自SSLの設定手順は、次の通りです。

独自SSLの設定 主な手順
  1. WordPress管理画面にログイン
  2. 管理画面[設定]をクリック
  3. アドレスを変更

WordPress管理画面にログイン

WordPress簡単インストール完了画面で表示された[管理画面URL]にアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力してログインします。

WordPress管理画面にログイン

管理画面[設定]をクリック

WordPress管理画面のメニュー[設定]をクリックします。

WordPress管理画面[設定]をクリック

アドレスを変更

[WordPress アドレス(URL)]と[サイトアドレス(URL)]をそれぞれ「https」に変更し、画面下部の変更を保存をクリックすると、独自SSLの設定は完了です。

WordPress管理画面 URLを「https」に変更

その他、やっておくべき初期設定

独自SSLの設定が完了したら、次の2つの設定も済ませてしまいましょう。

その他の初期設定
  • パーマリンク設定
  • WordPressを日本語環境で正しく動作させるためのプラグイン導入

パーマリンク設定
「パーマリンク」とは、WordPressによって生成されるページごとのURLです。WordPressのパーマリンク設定では、どのようなルールでページごとのURLを表示させるのかを設定することができます。くわしくは、下記ページをご覧ください。

WordPressを日本語環境で正しく動作させるためのプラグイン導入
WordPressは英語圏で作られたソフトで、日本語の環境では正しく動作しない場合があります。そんな不具合を回避するためには、「WP Multibyte Patch プラグイン」の導入がオススメです。くわしくは、下記ページをご覧ください。

WordPressのインストールと初期設定が終わったら

WordPressで記事を書いたり設定を変更したりするには、管理画面を使います。まずは、管理画面の基本的な使い方をマスターしましょう。