WordPressワードプレス)を使い始めるためにまず準備するべきものは、サーバードメインです。このページでは、初めてサーバーやドメインを利用する方のために、それぞれの特徴や役割、選び方のポイントを紹介します。

ワードプレスを使うために必要なもの

「ワードプレスを使って、ホームページを作ってみたい!」でも、いざ始めるとなると「何を準備すればいいのか、わからない…」今のあなたは、そんな心境かもしれません。

ワードプレスを利用するために最初に準備するべきものは、サーバードメインです。サーバーは、ワードプレスを動作させるためには必須です。また、ドメイン(独自ドメイン)を用意すれば、あなた専用のURLアドレスでホームページを運用できるようになります。

くわしく見ていきましょう。

ワードプレスとサーバーの関係

ワードプレスは、ブログやウェブサイトを作成するためのソフトウェアです。ワードプレスは無料で配布されており、誰でも自由に使うことができます。ソフトウェアである以上、これを機能させるためのハードウェアコンピューター)が必要です。

コンピューターといっても、あなたが使っているパソコンではありません。ワードプレスの動作に必要なのは、サーバー(ウェブサーバー)というコンピューターの一種です。

ワードプレス利用時の、サーバーの役割

サーバーは、ホームページを表示するために必要な情報をやり取りする場所です。サーバーには、サイト管理者(あなた)が用意した文章や画像、記事のタイトルやコメントなど、あらゆるデータが保管されます。

あなたのホームページにアクセスがあると、サーバーはそのページを表示するための情報(文章や画像など)を訪問者側に送信します。つまり、サーバーはあなたと訪問者との間でデータの受け渡しをする役割があります。

では、サイト管理者であるあなたは、文章や画像などのコンテンツをどのようにサーバーに転送(アップロード)すればよいでしょうか。通常であれば専門的な知識が必要ですが、この作業を簡単にしてくれるのがワードプレスです。

ワードプレスをサーバー内に導入(インストール)することによって、専用の管理画面が使えるようになります。あなたは、この管理画面を通してホームページのコンテンツをアップロードすることが可能です。

ワードプレスとサーバーの関係
ワードプレスとサーバーの関係

サーバーを用意するには?

小中規模のサイト運営向けにサーバーを用意するなら、レンタルするのが一般的です。レンタル料金は、無料のものから月に数百円、高くても月に数千円程度のサービスで十分です。

無料サービスには「独自ドメインが使えない」「サービスの提供中止」「広告の表示」等の制限やリスクがあるため、(特にビジネス用途のサイト運営には)おすすめしません。

レンタルサーバーを提供する事業者はたくさんありますが、ワードプレスを稼働させるための条件を満たすサービスを選ぶ必要があります。

レンタルサーバー選びのポイント

ワードプレスがきちんと動作するために必要な条件は、PHPとMySQLが利用できるサーバーを選ぶことです。

PHPとは?
「PHP」は、ウェブページに表示する内容を命令するプログラム言語の一種です。ワードプレスは、PHPを利用して作られているソフトウェアです。
MySQLとは?
「MySQL」は、ホームページの表示に必要な情報を保管する場所となる、データベースの一種です。

ワードプレスの推奨動作環境

さらに注意すべきポイントがあります。それは、PHP・MySQL それぞれのバージョンです。古いバージョンだと、動作しなかったりセキュリティの弱点(脆弱性)にさらされたりする場合があるので、注意してください。

ワードプレスの推奨動作環境は、以下の通りです(2018年8月3日現在)。

  • PHP バージョン 7.2 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上
  • HTTPS 対応
MariaDBは、MySQL と互換性のあるデータベースの一種です。
HTTPS 対応とは、簡単に言うと、サイトのURLが「https://~」で始まる形式に対応(SSL化)できることを指します。SSLは、インターネット上でのデータの通信を暗号化するセキュリティ機能のことで、SSLに対応したサイトは信頼性の高さを証明できます。ワードプレス超初心者講座(https://wp-exp.com/)でおすすめしている『エックスサーバー』なら、独自SSLを無料で利用することができます。

最新の情報は、ワードプレス日本語版 公式サイトで確認して下さい。

レンタルサーバー選びのヒント

このページの「ワードプレス利用時の、サーバーの役割」で、ワードプレスをサーバーにインストールするという話をしました。最近では、ワードプレスの自動インストール機能を備えたレンタルサーバーが増えています。自動インストール機能を使うと、簡単な操作で短時間のうちにワードプレスをインストールすることができます。

また、ワードプレス公式マニュアルにレンタルサーバ情報があります。ワードプレスの稼動実績があるサーバーの情報についてまとめられています。ただし、情報が古くなっている場合もありますので、あくまでも参考程度とし、詳細は各サーバー事業者の公式サイトで確認してください。

おすすめは、エックスサーバー

おすすめのレンタルサーバーは、このサイト(ワードプレス超初心者講座)でも利用している「エックスサーバー」です。

エックスサーバー
エックスサーバーの公式HP

私が利用しているのは、エックスサーバーの「X10プラン」です。ディスク容量が200GB(2018年8月3日現在)と大容量で、マニュアルやサポートもしっかりしています。

もちろん、ワードプレスの「自動インストール」機能も標準装備されています。「X10プラン」の場合、利用料金は月々1,000円程度ですが、契約期間によって1ヶ月あたりの料金が異なります。くわしくは、下記公式サイトで確認してください。

ワードプレスとドメインの関係

ドメインは、ウェブサイトのURLやメールアドレスの一部として使われる文字列です。たとえば、このサイトのトップページのURLは「https://wp-exp.com/」ですが、「wp-exp.com」という部分がドメインにあたります。

ドメインは、誰でも取得することができます(有料)。私は「wp-exp.com」を2011年に取得しました。このドメインには、「ワードプレス(WordPress)の使い方を説明(explain)するサイト」という意味があります。このように、好みの文字列で取得できるドメインのことを、独自ドメインといいます。

独自ドメインを取得する理由

独自ドメインは、あなた専用のドメインになります。あなたが利用契約を更新し続ける限り、あなた以外の人は使うことができません。独自ドメインの更新には、1年あたり数千円程度の費用がかかります。しかし、その利用価値は高いです。

ちなみに「wp-exp.com」の更新費用は、1年あたり1,382円でした(2018年2月時点)

独自ドメインは、ワードプレスを使うために必須のものではありません。たとえば、エックスサーバーをレンタルすると「(任意の文字列).xsrv.jp」というサーバー付属のドメインを使うことができます。しかし、このドメインでサイトを運営することには、リスクがあります。

仮にエックスサーバーから他のサーバーに乗り換えたり、エックスサーバーのサービス提供が中止となった場合、それ以降は「(任意の文字列).xsrv.jp」というドメインが使えなくなってしまうからです。

サイトの運営目的にもよりますが、こうした事態を避けるためにも独自ドメインは取得するべきだと思います。

おすすめは、お名前.com

ドメインを取得するサービスもいくつかありますが、おすすめはお名前.comです。

お名前.com
お名前.com

お得なキャンペーンを頻繁に実施していますし、ドメインの取得方法や管理画面も分かりやすいです。くわしくは、下記公式サイトで確認してください。

まとめ

WordPress(ワードプレス)を使い始めるには、まずサーバーが必要です。ワードプレスというソフトウェアは、サーバーというコンピューターにインストールして初めて機能するからです。

また、独自ドメインの取得をおすすめします。あなた専用のURLアドレスでホームページを運用でき、契約を続ける限り半永久的に使うことができます。

サーバーやドメインは、さまざまな事業者が提供しています。おすすめは、エックスサーバーお名前.comです。