WordPressワードプレス)を使い始めるために準備しておきたいのが、サーバー・ドメイン・テーマの3つです。「ブログで稼ぎたい」「アフィリエイトをやってみたい」など、ビジネス・副業を目的としてWordPressを使う場合、サーバー・ドメイン・テーマは必須です。

ブログを始める前にやるべきことについて、下記ページで解説しています。

WordPressを始めるために必要なもの

「WordPressを使ってブログを始めたい!」

でも、いざ始めるとなると

「何を準備すればいいのか、わからない…」

今のあなたは、そんな心境かもしれません。

WordPressとはでも簡単に紹介しましたが、ワードプレスを使い始めるためにまず用意しておきたいのが、次の3つです。

WordPressを始めるために用意するもの
  • サーバー
  • ドメイン
  • テーマ(デザインテンプレート)

サーバーは、WordPressで作るブログ・サイトに関わるさまざまなデータを保管する大切な場所です。また、WordPressというソフトそのものをインストールする場所でもあります。サーバーがなければ、WordPressを動かすことはできません

サーバーの基礎知識

ドメインは、ブログ・サイトのURLの一部となる文字列です。当サイトのトップページURLは「https://wp-exp.com」ですが、「wp-exp.com」という部分がドメインにあたります。

ドメインの基礎知識

テーマは、ブログ・サイトのデザインやレイアウトを決めるテンプレートのことです。また、WordPress本体にない機能を追加する役割もあります。

テーマの基礎知識

その他にも、WordPressを使うために必要なものとして、以下の3つがあります。この記事を読んでいるあなたなら、すでに用意できているものばかりではないでしょうか。

  • パソコン(スマホでも可)
  • インターネット回線
  • メールアドレス

ブログの設定や記事の編集をするには、インターネットにつながったパソコンやスマホが必要です。
メールアドレスがなければ、サーバー・ドメインの契約申し込みや、WordPressのユーザー登録ができません。

WordPress講師

ここからは、サーバー/ドメイン/テーマの基本について、初心者さんにもわかりやすい言葉で説明します。

サーバーの基礎知識

そもそも、サーバーって何?
サイトの表示に必要なファイルやデータを保管する場所です。

サーバーにはどのようなデータが保管されるのでしょうか。また、データ保管の他にはどんな役割があるのでしょうか。

WordPress利用時の、サーバーの役割

サーバーの主な役割
  • Webサイトの表示に必要なデータの保管/受け渡しをする
  • WordPressをインストールする場所となる
サイトの表示に必要なデータの保管/受け渡しをする

WordPressで記事を作成すると、サーバーには文章や画像などのコンテンツだけでなく、記事のタイトル/カテゴリー/投稿した日付/コメントなど、あらゆるデータが保管されます。

厳密に言うと、画像などのファイルはWebサーバーという場所に保管され、文章/タイトル/カテゴリーなどのデータはデータベースという場所に保管されます。

サイトにアクセスがあると、サーバーはそのページを表示するためのデータを訪問者側に送信します。つまり、サーバーはサイト管理者と訪問者との間でデータの受け渡しをする役割があります。

WordPress講師

サイト管理者は、文章や画像などのコンテンツをどうやってサーバーに転送(アップロード)すればいいのでしょうか。通常であれば専門知識や技術が必要ですが、この作業を簡単にしてくれるのがWordPressです。

WordPressをインストールする場所となる

WordPressは、コンピューターにインストールして利用するソフトです。そのインストール先となるコンピューターが、サーバーです。

WordPressをサーバー内にインストールすることによって、専用の管理画面が使えるようになります。管理画面を利用すれば、コンテンツを簡単にアップロードすることができます。

ここまでの話を、下の図にまとめます。

WordPressとサーバーの関係
WordPressとサーバーの関係

サーバーを用意するには?

サーバーは、どうやって用意するの?
レンタルするのが一般的です。

個人ブログを始めるためにサーバーを用意するなら、レンタルするのが一般的です。レンタル料金は、無料のものから月に数百円、高いものだと月に数万円程度かかるサーバーもあります。

WordPress講師

無料サービスには「広告の表示」「サービスの提供中止」等の制限やリスクがあるため、(特にビジネス用途のサイト運営には)おすすめしません。

共用サーバーと専用サーバー

レンタルサーバーには、どんな種類があるの?
初心者でも利用しやすいレンタルサーバーの種類として、共用サーバーと専用サーバーがあります。
共用サーバー

1つのサーバーを複数の利用者で共同利用します。複数の人たちで分け合うため、次のメリット・デメリットがあります。

共用サーバーのメリット
  • 専用サーバーと比べて、低価格で利用できる
共用サーバーのデメリット
  • 他の利用者のサイトに問題が発生すると、その影響を受ける可能性がある
たとえば、あるサイトに大量のアクセスが集中すると、サーバーには大きな負荷がかかります。すると、同じサーバー内の他のサイトまでもがアクセスしにくくなるなどのトラブルが起こる可能性があります。このような不具合への対策がされている負荷に強いサーバーを選ぶことが大切です。
専用サーバー

1つのサーバーを1人の利用者が独占して使えます。そのため、次のメリット・デメリットがあります。

専用サーバーのメリット
  • 外部からの影響を受けず、安定してサイトを運営できる
  • サーバーの設定変更が可能で、機能性の高いサイトを運営できる
WordPressはプラグインによって機能を拡張することができるため、サーバー内の設定を変更しなくても機能性の高いサイトを作ることができます。
専用サーバーのデメリット
  • 共用サーバーに比べて、料金が高い

これらの特徴から、初めてレンタルサーバーを利用するのであれば共用サーバーをおすすめします。

WordPress講師

共用サーバーのレンタルを提供する会社は、たくさんあります。その中から、WordPressを稼働させるための条件を満たすサーバーを選ばなければなりません。

WordPressを稼働させるための、サーバーの条件

WordPressがきちんと動作するために必要な条件は、

  • PHP
  • MySQL

が利用できるサーバーを選ぶことです。

PHP(ピー・エイチ・ピー)とは?
プログラム言語の一種です。WordPressは、PHPを利用して作られているソフトです。
MySQL(マイ・エスキューエル)とは?
データベースの一種です。Webページの表示に必要なデータを保管する場所です。
PHP/MySQLのバージョンに注意

PHPやMySQLは、不定期でバージョンアップされます。どのバージョンのPHPやMySQLを利用できるかは、レンタルサーバー会社によって異なります。古いバージョンだと、WordPressそのものが動作しなかったり、セキュリティが弱い場合があるので気をつけてください。

最新のWordPressが動作するために推奨されている条件は、以下の通りです(2020年9月現在。最新の情報は、WordPress公式ページで確認して下さい)

  • PHP バージョン 7.4 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上(または MariaDB 10.1以上)
MariaDBは、MySQL と互換性のあるデータベースの一種です。

ここまでに紹介した「WordPressが稼働するための条件」を満たすレンタルサーバーは、実はたくさん存在します。サーバーは、どのような基準で選べばいいのでしょうか。

答えは、この記事の後半「WordPressを簡単にセットアップできるレンタルサーバー」でご紹介します。その前に、ドメインの基本について確認しておきましょう。

ドメインの基礎知識

ドメインは、サイトのURLやメールアドレスの一部として使われる文字列です。たとえば、当サイトのトップページのURLは「https://wp-exp.com」ですが、「wp-exp.com」という部分がドメインにあたります。

サイトのURLとして利用
  • http(s)://○○○.com
  • http(s)://○○○.net
  • http(s)://○○○.co.jp
メールアドレスとして利用
  • △△△@○○○.com
  • △△△@○○○.net
  • △△△@○○○.co.jp

独自ドメインを取得すると、○○○に入る文字列を自由に決めることができます。独自ドメインを使ってブログを作れることは、WordPressの魅力の1つです。

多くの無料ブログサービスでは、独自ドメインを使うことができません。
すでに他者が登録しているドメイン名は、使用することができません。早いもの勝ちです。

独自ドメインを取得する理由

独自ドメインは、あなた専用のドメインになります。あなたが利用契約を更新し続ける限り、あなた以外の人は使うことができません。独自ドメインの更新には、1年あたり数千円程度の費用がかかりますが、その利用価値は高いです。

ドメインの取得・更新費用は、ドメインの種類や管理会社によって異なります。ちなみに「wp-exp.com」の更新費用は、1年あたり1,280円でした(2020年2月時点の税抜価格)。

独自ドメインは、WordPressを使うために“必須”というわけではありません。レンタルサーバーに申し込むと、サーバー付属の「共用ドメイン」を使うこともできます。しかし、共用ドメインでブログ・サイトを運営することには、リスクがあります。

仮にサーバーを乗り換えたり、サーバーのサービス提供が中止となった場合、それ以降は共用ドメインが使えなくなってしまうからです。

サイトの運営目的にもよりますが、こうした事態を避けるためにも独自ドメインは取得するべきだと思います。

WordPress講師

ビジネス用途であれば、独自ドメインは必須と言えるでしょう。

独自ドメインを取得する方法

独自ドメインを取得するには、お名前.comのようなドメイン管理会社と契約する必要があります。

以前は、ドメイン管理会社とレンタルサーバーを別々に契約し、後から両者をするのが一般的でした。当サイト「WordPress超初心者講座」を開設した当時は、WordPressを始めるにはとても面倒な手順が必要だったんです。

以前のWordPressの始め方
  1. 「サーバー」に申し込む
  2. 「ドメイン」を取得する
  3. 「サーバー」と「ドメイン」をひも付ける
  4. 「WordPress公式サイト」でWordPress本体をダウンロードする
  5. 「サーバー」にWordPressをインストールする

このように、レンタルサーバー/ドメイン管理会社/WordPress公式の各サイトを行ったり来たりして、時間も手間もかかったものです。

しかし現在では、全ての手順を一括で簡単に行えるサービスが、一部のレンタルサーバーで提供されています。しかも、申し込みのプランや時期によっては、独自ドメインの取得/更新にかかる費用が永久無料になるサービスもあります。

WordPressを簡単にセットアップできるレンタルサーバー

2020年に入ってから、WordPressを簡単にセットアップ(サーバー・ドメインの申し込みからWordPressのインストールまで)できるサービスが増えてきています。中でもおすすめなのは、以下のレンタルサーバーで利用できるサービスです。

おすすめレンタルサーバー
WordPress講師

中でも、「エックスサーバー」と「ConoHa WING」は、申し込みの時期やプランによって独自ドメインの取得/更新にかかる費用が永久無料になるので、たいへんお得です。

エックスサーバーでドメインが永久無料になるのは?
エックスサーバーでは、独自ドメインの取得/更新が無料になるキャンペーンを不定期で開催しています。

ConoHa WINGでドメインが永久無料になるのは?
ConoHa WINGでは、WINGパック(長期利用者向けの割引プラン)に申し込むと、独自ドメインの取得/更新が無料になります。

4つのサーバーをおすすめする理由

WordPress初心者が押さえておきたいサーバー選びのポイントは、以下の3つです。さっきご紹介した4つのレンタルサーバーは、全て以下の条件を満たしています。

サーバー選びのポイント
  • 安定性・高速性に優れている
  • 契約プランの変更ができる
  • サポートが充実している

詳しい説明は、下記ページをご覧ください。

テーマの基礎知識

「テーマ」とは、ブログ全体のデザインやレイアウトを決めるテンプレートのことです。また、WordPress本体にない機能を追加する役割もあります。

無料ブログサービスではテンプレートの数に限りがありますが、WordPressのテーマは数え切れないほど豊富です。

ブログ・サイトの着せ替えが簡単にできる

テーマを変更すると、ブログ・サイトの見た目を簡単に着せ替えすることができます。ただ、頻繁にデザインやレイアウトが変わると、訪問者が混乱してしまいます。できればブログを開設する段階で、目的に合うテーマを選んでおくとよいでしょう。

WordPress講師

テーマをある程度使い込んだ後に変更すると、ブログ管理者の手間もかかります。なぜなら、設定変更した内容やカスタマイズした内容が、テーマを変更することで全て反映されなくなってしまうからです。

WordPress本体にない機能を追加できる

テーマによっては、WordPressに備わっていない機能を追加できるものもあります。たとえば、

  • 目次の自動生成
  • 人気記事ランキングの表示
  • SNSシェアボタンの挿入
  • 広告タグの管理

などの機能は、WordPress本体にはありません。

WordPress初心者さんにおすすめの「THE THOR (ザ・トール)」や、当サイトで使っている「賢威」テーマには、これらの機能が標準装備されています。

  • THE THOR(ザ・トール):
    高機能でおしゃれな当サイトいち押しのテーマ
  • 賢威(けんい):
    SEOに強く、サポート・マニュアルが超充実。当サイトで使ってます

テーマを手に入れる方法

WordPressのテーマを手に入れるには、次の2つの方法があります。

  • WordPress管理画面で探す
  • ネット上で販売/配布されているテーマを購入/ダウンロードする

WordPress管理画面で探す

WordPressの公式サイトには数千種類ものテーマが登録されています。これらは「公式テーマ」と呼ばれ、WordPressの管理画面から簡単に手に入ります。

ただ、公式テーマの多くは海外製で、日本語サイトで利用すると表示が崩れるなどの不具合が発生する可能性もあります。

ネット上で販売/配布されているテーマを入手する

WordPressで利用できるのは、公式テーマだけではありません。WordPress初心者におすすめ!シンプル&おしゃれなテーマの記事では、国産のおすすめテーマをご紹介しています。日本語サイトで問題なく使えるのはもちろん、おしゃれで機能性の高いテーマを集めました。

特にオススメなのが、デザイン性・機能性ともに優れた「THE THOR(ザ・トール)」です。

まとめ

WordPressを使い始めるためにまず用意しておきたいのが、次の3つです。特にビジネス用途の場合は、すべて必須と言えます。

  • サーバー
  • 独自ドメイン
  • テーマ(デザインテンプレート)

サーバーは、WordPressで作るブログ・サイトに関わるさまざまなデータを保管する大切な場所です。また、WordPressというソフトそのものをインストールする場所でもあります。サーバーがなければ、WordPressを動かすことはできません。

これからWordPressを始める初心者さんにおすすめなのは、「ConoHa WING(コノハウィング)」です。安定性と実績を重視するなら、当サイトも使っている「エックスサーバー(Xserver)」がおすすめです。

ドメインは、ブログ・サイトのURLの一部となる文字列です。独自ドメインを取得しましょう。

ConoHa WINGの「WordPressかんたんセットアップ」や、エックスサーバーの「WordPressクイックスタート」機能を利用すれば、サーバー・独自ドメインの申し込みからWordPressのインストールまで、一括で簡単に行えます。

テーマは、ブログを開設する段階で目的に合うものを選んでおくことを、強くおすすめします。途中で変更すると、訪問者を混乱させ、ブログ管理者(=あなた)自身も手間がかかるからです。

おすすめのテーマは、高機能でおしゃれな「THE THOR(ザ・トール)」や、当サイトで使っている「賢威(けんい)」です。