WordPress管理画面ログイン・ログアウトする方法をくわしく紹介します。また、ワードプレスにログインできない理由や対処法についてまとめました。

この記事を読む前に

これから解説する内容は、すでにサーバーの契約やドメインの取得をし、WordPressのインストールが完了している人を対象としています。

まだお済みでない場合は、下記ページを参考にしてワードプレスのインストールをおこなってください。

とにかく簡単にWordPressを始めたい人は・・・
WordPressブログの始め方【初心者向け かんたん7分】
実績豊富で安定性の高いサーバーを選びたい人は・・・
エックスサーバーの申し込みはとても簡単!契約方法をわかりやすく解説
「WordPressクイックスタート」の利用がおすすめです!

WordPress管理画面にログインするには?

WordPressの管理画面にログインするには、下図のようなログイン画面を開く必要があります。ログイン画面を開くにはインターネットブラウザを使うので、パソコンだけでなくスマホからもログイン画面にアクセスできます。

WordPressのログイン画面
WordPressのログイン画面

ログイン画面のURL

ログイン画面のURLは、基本的にブログ・サイトのトップページのURL(以下、サイトURL)の末尾に「wp-login.php」を付け加えたものになります。

たとえば、サイトURLが「http(s)://example.com/」の場合、ログイン画面のURLは

http(s)://example.com/wp-login.php

となります。

ログイン画面はブックマークを!
ログイン画面は頻繁にアクセスするため、ブックマーク(お気に入り登録)しておくと便利です。

ログイン画面にアクセスできない場合は、この記事の後半「WordPress管理画面にログインできない理由と対処法」を参考にしてください。

ログイン画面の「ユーザー名」と「パスワード」

ログイン画面を開くことができたら、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。これらは、WordPressをインストールした時に設定したものを使います。

例1)エックスサーバー「WordPressクイックスタート」を利用した場合
詳細:エックスサーバーの申し込みはとても簡単!契約方法をわかりやすく解説します
エックスサーバー「WordPressクイックスタート」で入力するユーザー名とパスワード
例2)ConoHa WING「WordPressかんたんセットアップ」を利用した場合
詳細:WordPressブログの始め方【初心者向け かんたん7分】
ConoHa WING「WordPressかんたんセットアップ」で入力するユーザー名とパスワード

ログインに成功すると、WordPressの管理画面(ダッシュボード)が表示されます。

WordPressログイン後に表示される管理画面
WordPressログイン後に表示される管理画面

管理画面にログインできない場合は、この記事の後半「WordPress管理画面にログインできない理由と対処法」を参考にしてください。

WordPress管理画面のURL

管理画面(ダッシュボード)のURLは、サイトURLの末尾に「wp-admin」が付く形となります。

http(s)://example.com/wp-admin

「ログイン状態を保存する」にチェックを入れるとどうなる?

「ログイン状態を保存する」にチェックを入れてWordPress管理画面にログイン

「ログイン状態を保存する」にチェックを入れて管理画面にログインすると、一定の期間内はユーザー名やパスワードを入力しなくてもWordPress管理画面にアクセスできるようになります。

つまり、ログイン画面

http(s)://example.com/wp-login.php

にアクセスして入力する手間が省け、直接

http(s)://example.com/wp-admin

にアクセスして管理画面を開くことができます。

これは、Cookie(ブラウザで入力した内容を保存する仕組み)を利用しています。

他のブラウザに変更したときや、Cookieの有効期限が切れたときは、再度ユーザー名やパスワードの入力が必要になります。
やむを得ず、不特定多数の人が利用するパソコンなどでWordPress管理画面にログインするときは、「ログイン状態を保存する」にチェックを入れないようご注意ください。

ユーザー名やパスワードを変更したい

WordPress管理画面のユーザー名は、変更することはできません

パスワードは、[ユーザー]>[あなたのプロフィール]画面で変更することができます。

[ユーザー]>[あなたのプロフィール]画面でパスワード変更

管理画面からログアウトする方法

管理画面での作業が終了したら、ログアウトしておきましょう。特に、不特定多数の人と共有しているパソコンなどで作業している場合、ログアウトは必須です。

ログアウトするには、管理画面右上の[○○さん]にマウスを合わせ、[ログアウト]をクリックします。

WordPress管理画面からログアウト

下のように表示されれば、ログアウトが完了です。

WordPress管理画面からログアウト完了

WordPress管理画面にログインできない理由と対処法

ログイン画面を開けなかったり、ログイン画面にアクセスできるのに管理画面にログインすることができない場合、主に以下の理由が考えられます。

  • ログイン画面URLの入力ミス
  • WordPressをサブディレクトリにインストールした
  • プラグインの影響
  • テーマの不具合
  • サーバーがダウンしている
  • ユーザー名・パスワードを忘れてしまった
  • Cookieの影響
  • サーバーのセキュリティ機能
ログイン画面URLの入力ミス

単純に、URLの入力ミスをしていませんか?半角で正しく入力してくださいね。もちろん、下記の赤文字部分をコピペしてもOKです。

http(s)://example.com/wp-login.php
WordPressをサブディレクトリにインストールした

サーバーにWordPressをインストールしたとき、「サブディレクトリ」の中にインストールしませんでしたか?

WordPress初心者4

「サブディレクトリ」の中にインストールするって、どういうことですか?

WordPress講師

たとえば、エックスサーバーのWordPress簡単インストールを利用した場合。
下図のように、サイトURLの空欄に「wp」という文字列を入力したなら、WordPressは「wp」というサブディレクトリの中にインストールされています。

エックスサーバーのWordPress簡単インストール サイトURL
エックスサーバーのWordPress簡単インストール

このとき、ログイン画面のURLは次の形になります。

http(s)://example.com/wp/wp-login.php

また、WordPress管理画面のURLは次の形になります。

http(s)://example.com/wp/wp-admin
サブディレクトリ内にWordPressをインストールする意味
これは、「ドメイン直下の場所にWordPressをインストールしてしまうと、ドメイン直下がWordPressのファイルで散らかるからイヤだ!」という場合におこなう操作です。
言い換えると、「ルートディレクトリ」ではなく「サブディレクトリ」にWordPressをインストールする操作になります。くわしい手順はこちら
(よくわからない場合は、読み飛ばしてかまいません)
プラグインの影響

プラグインの影響でログイン画面にアクセスできない可能性もあります。よくあるのが「SiteGuard WP plugin」というセキュリティ系のプラグインを導入した場合です。

SiteGuard WP pluginプラグインは、有効化すると同時にログイン画面のURLが変更されるため、これまでに紹介した

http(s)://example.com/wp-login.php
http(s)://example.com/wp/wp-login.php

にアクセスしてもログイン画面を開くことができません。

その他にも、SiteGuard WP pluginプラグインの導入によってログインできなくなる理由が、いくつかあります。くわしくは、SiteGuardプラグインの導入後WordPress管理画面にログインできない理由と解決策をご覧ください。

もしログインできなくなる直前に新しくプラグインをインストール・有効化したのであれば、そのプラグインの無効化をすると解決するかもしれません。

プラグインの無効化は、通常、WordPress管理画面でおこないます。では、管理画面にログインできない状態でプラグインを無効化することはできるのでしょうか。

こんなときは、FTPソフトやレンタルサーバーのファイルマネージャー機能を使ってプラグイン名を書き換えることで、プラグインを無効化できます。

FTPソフトなどを使ってプラグインが格納されているディレクトリ(フォルダ)を開きます。

ドメイン/public_html/wp-content/plugins/

ここで無効化したいプラグインの名前が付いたディレクトリを探してみましょう。

ディレクトリ名を変更してプラグインを無効化

ディレクトリ名を変更すると、プラグインを無効化することができます。無効化した後でログインに成功するのであれば、そのプラグインの影響でログインできなかったことがわかります。

WordPress講師

こんなときは、そのプラグインの導入は見送った方がよさそうですね。

テーマの不具合

テーマを変更した後や、カスタマイズした直後にログインできなくなったのなら、そのテーマの無効化をすると解決するかもしれません。

先ほどのプラグインの無効化と同様の手順で、テーマを無効化します。

FTPソフトなどを使ってテーマが格納されているディレクトリ(フォルダ)を開きます。

ドメイン/public_html/wp-content/themes/

ここで無効化したいテーマのディレクトリ名を変更すると、テーマを無効化することができます。

WordPress講師

プラグインを追加したり、テーマを変更・カスタマイズしたりする前には、必ずバックアップを取りましょう。
くわしい手順は、WordPressのバックアップをかんたん確実に取る方法【初心者向け】でご紹介しています。

サーバーがダウンしている
404 Not Found エラー

ログインしようとして「404 Not Found エラー」が表示されるなら、サーバーが落ちているのかもしれません。

サーバーがダウンしているかどうかを確認する方法には、

などがあります。

Down For Everyone Or Just Meの使い方

ドメイン名を入力して「or just me?」をクリックするだけでチェックが始まります。サーバーがダウンしている場合は「It’s not just you!」、そうでない場合は「It’s just you.」と表示されます。

サーバーがダウンしている場合、復旧を待つか、他のサーバーへの移転を検討することになります。WordPress初心者におすすめのサーバーでご紹介しているサーバーでは、WordPressサイトを簡単に移転する機能や、移転代行サービスを利用することができます。

ユーザー名・パスワードを忘れてしまった

ユーザー名やパスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面で[パスワードをお忘れですか?]をクリックします。

WordPressログイン画面[パスワードをお忘れですか?]

次の画面でメールアドレスを入力して新しいパスワードを取得をクリックすると、メールが配信され、ユーザー名の確認やパスワードの再設定をすることができます。

Cookieの影響

先ほどもご紹介した「Cookie(ブラウザで入力した内容を保存する仕組み)」の影響で、ユーザー名やパスワードを正しく入力してもログインできない場合があります。

これを解決するには、Cookieを削除します。主なブラウザのCookie削除方法に関するヘルプページを紹介しておきます。

サーバーのセキュリティ機能

レンタルサーバーによっては、セキュリティ機能によってログインの制限をかけている場合があります。

たとえば、エックスサーバーの「ログイン試行回数制限設定」という機能では、短時間に連続してログインに失敗した場合にアクセスを制限されます。パスワード総当り(ブルートフォースアタック)による不正アクセスを防止するための機能です。

このようなセキュリティ機能をに解除することによって、WordPressにログインできるようになるかもしれません。

WordPress講師

あなたが利用しているレンタルサーバーで同様の機能がないかどうか、公式サイト等で確認してみてください。

まとめ

WordPress管理画面にログインするには、ログイン画面を開きます。

ログイン画面のURLは、基本的に次の形をとります。

http(s)://example.com/wp-login.php
http(s)://example.com/wp/wp-login.php

ログイン画面を開くことができたら、「ユーザー名」と「パスワード」を入力します。これらは、WordPressをインストールした時に設定したものを使います。ログインに成功すると、WordPressの管理画面(ダッシュボード)が表示されます。

管理画面(ダッシュボード)のURLは、基本的に次の形をとります。

http(s)://example.com/wp-admin
http(s)://example.com/wp/wp-admin

もし管理画面にログインできない場合は、主に次の理由が考えられます。

  • ログイン画面URLの入力ミス
  • WordPressをサブディレクトリにインストールした
  • プラグインの影響
  • テーマの不具合
  • サーバーがダウンしている
  • ユーザー名・パスワードを忘れてしまった
  • Cookieの影響
  • サーバーのセキュリティ機能

くわしい内容や対処法は、WordPressにログインできない理由と解決方法でもご紹介しています。