WordPressのログインパスワード変更・リセットする方法は、いくつかあります。この記事を読めば、目的や状況に応じた最適なパスワード変更方法がわかります。

WordPressのログインパスワード

WordPressのログイン時に入力するパスワードは、とても重要な情報です。脆弱なパスワードを第三者に推測されたりパスワードが外部に漏れたりして管理画面へ不正にアクセスされると、サイトの乗っ取りや改ざん、個人情報の取得などをされる可能性があります。

WordPressのログイン画面

パスワードの紛失や流出のおそれがある場合は、直ちに変更やリセットの対応が必要です。

パスワードの変更・リセット方法

ログインパスワードを変更・リセットする方法は、いくつかあります。目的に応じて、以下の手順をご確認ください。

パスワードを強力にしたい

不正アクセスを防ぐために、複雑なパスワードに変更したい場合は、WordPress管理画面上で簡単に変更することができます。

パスワードの変更手順

1.[ユーザー]→[プロフィール]をクリック
WordPress管理画面メニューの[ユーザー]→[プロフィール]をクリックします。

WordPress管理画面メニュー[ユーザー]→[プロフィール]をクリック

2.[パスワードを生成する]をクリック
画面を下にスクロールして、[パスワードを生成する]をクリックします。

[パスワードを生成する]をクリック

3.[プロフィールを更新]をクリック
パスワードをリセット(再設定)するための画面が表示されます。すでに表示されているパスワードの候補をそのまま使用するか、もしくは新しいパスワードを入力して、プロフィールを更新をクリックします。

[プロフィールを更新]をクリック
ここで設定したパスワードは、忘れないようにメモしておきましょう。
新しいパスワードを入力する場合、セキュリティの強度(「非常に脆弱」→「脆弱」→「普通」→「強力」)を確認できます。大文字と小文字、数字、 ! ” ? $ % ^ & ) のような記号を含めると、強力なパスワードになります。

3-2.[他のすべての場所でログアウト]をクリック
他のブラウザや端末で管理画面にログインしている場合は、下のように[他のすべての場所でログアウト]ボタンをクリックできます。特に、端末の紛失等で不正アクセスを受ける恐れがある場合はログアウトしておきましょう。

[他のすべての場所でログアウト]をクリック

4.パスワードの変更完了
「プロフィールを更新しました。」と表示されたら、パスワードの変更が完了しています。

パスワードの変更完了

パスワードを忘れてしまった

パスワードを忘れてしまった場合は、ログイン画面を開いた後、以下の手順で変更・リセットすることができます。

以下の手順は、ログインに必要な「ユーザー名」と「メールアドレス」(メールアドレスのみでも可)がわかっている場合に有効です。ログイン情報が全くわからない場合は、ユーザー名・メールアドレス・パスワードすべて忘れてしまったをお読みください。
パスワードを忘れてしまった場合の変更・リセット手順

1.[パスワードをお忘れですか?]をクリック
WordPressのログイン画面で、[パスワードをお忘れですか?]をクリックします。

WordPressのログイン画面で[パスワードをお忘れですか?]をクリック

2.新しいパスワードを取得
ユーザー名(もしくはメールアドレス)を入力して、新しいパスワードを取得をクリックします。

ユーザー名またはメールアドレスを入力し、新しいパスワードを取得

ここで入力するメールアドレスは、WordPress管理画面の[ユーザー]→[プロフィール]に登録されているアドレスです。

通常、WordPressを1人で運営している場合に入力するメールアドレスは、WordPressをインストールしたときに登録したメールアドレスです。(複数のWordPressユーザーで運営している場合は、ユーザーごとにメールアドレスが異なります)

3.メール内容の確認
[サイト名]パスワードのリセットという件名でメールが届きます。パスワードをリセットするには、メール内のリンクをクリックします。

件名:[ブログ名] パスワードのリセットメール
ユーザー名を忘れてしまっていた場合は、このメール内で確認することができます。

4.パスワードのリセット
パスワードをリセットするための画面が表示されます。すでに表示されているパスワードの候補をそのまま使用するか、もしくは新しいパスワードを入力して、パスワードをリセットをクリックします。

新しいパスワードを入力、パスワードをリセットをクリック
ここで設定したパスワードは、忘れないようにメモしておきましょう。

5.ログイン画面を表示
パスワードのリセットが完了したら、[ログイン]をクリックしてください。ログイン画面が表示されますので、ユーザー名と新しいパスワードを入力すればログインできます。

パスワードリセットの完了画面

ユーザー名・メールアドレス・パスワードすべて忘れてしまった

すべてのログイン情報(ユーザー名・メールアドレス・パスワード)を忘れてしまった場合は、WordPressのシステム上では確認・変更することができません。

解決策はいくつかありますが、ここでは「phpMyAdmin」を使った方法をご紹介します。

phpMyAdminとは

WordPressの利用に必要なMySQLデータベースを管理するためのツールのことです。

以下の手順は、データベースの編集を含むため、操作を誤ると不具合が生じる可能性があります。ご利用は自己責任でお願いします。

以下で紹介するデータベースのバックアップ方法やphpMyAdminのアクセス方法は、利用するレンタルサーバーによって異なります。以下の手順は、エックスサーバーを参考例として説明します。
phpMyAdminを利用したパスワードの変更手順
大まかな流れ
  1. データベースのバックアップを取る
  2. データベースの編集をする

1-1.エックスサーバー「サーバーパネル」にログイン
エックスサーバーのサーバーパネルにログインします。

エックスサーバー「サーバーパネル」にログイン

1-2.[MySQLバックアップ]をクリック
[MySQLバックアップ]をクリックします。

[MySQLバックアップ]をクリック

1-3.[現在のMySQLをダウンロード]をクリック
[現在のMySQLをダウンロード]タブをクリックします。

[現在のMySQLをダウンロード]をクリック

1-4.[ダウンロード実行]をクリック
バックアップしたいデータベース名の右側にある[ダウンロード実行]をクリックし、パソコン内の任意の場所に保存します。

[ダウンロード実行]をクリック

ここまでの手順で、データベースのバックアップが完了です。続いて、データベースの編集に進みます。

2-1.[phpmyadmin(MySQL5.7)]をクリック
エックスサーバー・サーバーパネルのメニュー[phpmyadmin(MySQL5.7)]をクリックします。

[phpmyadmin(MySQL5.7)]をクリック

2-2.phpMyAdminにログイン
ユーザー名とパスワードを入力して、phpMyAdminにログインします。

phpMyAdminにログイン

ユーザー名とパスワードを忘れた場合
サーバーパネル[MySQL設定]→[MySQLユーザの一覧]から確認することができます。

また、FTPソフトなどを用いてWordPressの構成ファイル「wp-config.php」を開き、下記の記述部分から確認することもできます。

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘○○○○○○‘);
/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘○○○○○○‘);

2-3.[wp_users]テーブルを選択
データベースのテーブル一覧から、[wp_users]テーブルを選択します。

[wp_users]テーブルを選択

データベース名がわからない場合
複数のブログを運営していて、編集が必要なデータベースの名前がわからない場合の解決策を説明します。

まず、WordPress簡単インストール機能を利用したブログの場合は、サーバーパネル[WordPress簡単インストール]画面でドメインを選択すると確認できます。

また、FTPソフトなどを用いてWordPressの構成ファイル「wp-config.php」を開き、下記の記述部分から確認することもできます。

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘○○○○○○‘);

2-4.wp_usersの[編集]をクリック
wp_usersの[編集]をクリックします。

wp_usersの[編集]をクリック

2-5.パスワードを変更
user_pass行の値に新しいパスワードを入力し、関数で[MD5]を選択して、画面下部の実行をクリックします。

パスワードを変更
ここで設定したパスワードは、忘れないようにメモしておきましょう。
WordPressに登録済みのユーザー名・メールアドレスの確認
ユーザー名:user_login行、メールアドレス:user_email行の値で確認できます。

2-6.パスワードの変更完了
「1 行変更しました。」と表示されたら、パスワードの変更が完了です。WordPressのログイン画面にアクセスし、新しいパスワードでログインしてください。


次の章は、WordPressを複数のユーザーで運営している場合に関係します。個人で運営している場合は、スキップしてください。

他のユーザーのパスワードを変更したい

WordPressを複数のユーザーで管理していて、他のユーザーのパスワードを変更したい場合は、管理者権限でログインしているユーザーだけがパスワードを変更できます

他のユーザーのパスワードの変更手順

1.[ユーザー]→[ユーザー一覧]をクリック
WordPressに管理者権限のあるユーザーでログインし、管理画面[ユーザー]→[ユーザー一覧]をクリックします。

管理画面[ユーザー]→[ユーザー一覧]をクリック

2.パスワードを変更したいユーザーの[編集]をクリック
ユーザー一覧の中から、パスワードを変更したいユーザーの[編集]をクリックします。

パスワードを変更したいユーザーの[編集]をクリック

ここから先は、パスワードを強力にしたいと同じ手順でパスワードを変更できます。

パスワード関連のQ&A

新しいパスワードでログインできない

パスワードは正しく入力できていますか?半角と全角、大文字と小文字の違いがあると、ログインすることができません。

正確なパスワードを入力しているのにログインできない場合は、ブラウザのCookieが影響している可能性があります。Cookieを削除すると解決するかもしれません。

Cookie(クッキー)とは

サイトの訪問履歴や入力内容などの情報を保存する仕組みです。その情報は、訪問したサイトごとに個別のファイルに記録されます。また、同じサイトを異なるブラウザで訪問した場合、ブラウザごとに個別のファイルに記録されます。

Cookieを削除する方法は、使用しているブラウザや端末によって異なるため、詳しい手順は下記公式ヘルプをご確認ください。

Cookieを削除しても解決しない場合は、WordPressのログイン方法と管理画面にログインできないときの解決策を参考にしてください。

パスワードリセット用のメールが届かない

パスワードを忘れてしまった場合の変更・リセット手順を試したのにメールが届かない場合は、以下の点についてご確認ください。

  • メールアドレスの入力ミスをしていませんか?
  • WordPressに登録しているメールアドレスの受信箱を確認していますか?
  • 迷惑メールに振り分けられていませんか?

データベースを編集したら不具合が発生した

phpMyAdminを利用したパスワード変更の直後に不具合が発生した場合は、データベースの編集ミスをした可能性があります。原因が特定できないときは、編集前に取っておいたバックアップデータを使って、データベースの復元をお試しください。

データベースの復元手順

1.[インポート]タブをクリック
phpMyAdmin画面で復元したいデータベース名を選択できているかを確認の上、[インポート]タブをクリックします。

[インポート]タブをクリック

2.インポートするファイルを選択
ファイルを選択をクリックして、先に取っておいたバックアップファイルを選択し、実行をクリックします。

インポートするファイルを選択

3.データベースの復元完了
「インポートは正常に終了しました」と表示されたら、データベースの復元が完了です。ブログが正常に表示されるか確認してください。

まとめ

WordPressのログイン時に入力するパスワードは、とても重要な情報です。パスワードの紛失や流出のおそれがある場合は、直ちに変更やリセットの対応が必要です。

この記事では、ログインパスワードを変更・リセットする方法について、目的に応じた以下の手順を説明しました。