1. 管理画面・基本設定
  2. WordPressのアップグレード

WordPressのアップグレード

2016/7/11

WordPressは「機能面の向上」や「セキュリティの改善」などのために、常にバージョンアップが行われています。WordPressを快適・安全に使うためにも、新しいバージョンが公開されたらアップグレードをしましょう。

WordPressをアップグレードする方法

※以下の解説は、WordPress 4.1時点でのものです。

もし最新バージョンのWordPressを使っていない場合は、管理画面に下のような「お知らせ」が表示されます。
WordPressバージョンアップお知らせ

「更新してください」のリンクをクリックすると、アップグレードするための【WordPressの更新】画面が表示されます。ここにも表示されているように、アップグレードする前には必ずバックアップをしておきましょう。
WordPress の更新

バックアップとは?

バックアップとは、データのコピーを保存しておくことを言います。WordPressのデータは、大きく分けて「データベース」と「ファイル」に保存されています。

データベースのバックアップ

データベースをバックアップする方法は、『phpMyAdmin』というデータベースの管理システムを使うのが一般的です。しかしWordPressには『WP-DBManager』という、より簡単にバックアップ作業を行うためのプラグインがあります。

もしまだ『WP-DBManager』を使用していないのであれば、早めにインストール・有効化することをおすすめします。バックアップは、アップグレード前だけでなく定期的に行なったほうがいいからです。

ファイルのバックアップ

ファイルをバックアップする方法は、FTPソフトを使ってPC上にダウンロードするか、レンタルサーバーが提供するバックアップツールを使うのが一般的です。

例えば、このサイトでおすすめしている『エックスサーバー』の場合は、次の手順で簡単にファイルのバックアップができます。

  1. エックスサーバーの『サーバーパネル』にログイン
  2. ACCOUNTメニュー内の『バックアップ』をクリック
  3. 対象ディレクトリの『ダウンロード』ボタンをクリック

こうしてバックアップ作業が完了したら、再び【WordPressの更新】画面に戻ってください。

WordPressの自動アップグレード

WordPress 2.7 以降のバージョンでは、ボタンをクリックするだけの『自動アップグレード』機能が装備されています。いますぐ更新ボタンをクリックしてください。

WordPress いますぐ更新

下のような画面が表示されたら、WordPressのアップグレードは完了です。
WordPressへようこそ

アップグレード完了後の作業

すでにインストール済みのプラグインで新しいバージョンがあるときは、【WordPressの更新】画面に一覧が表示されます。
プラグイン更新

このように、現在使用中のWordPressのバージョンとプラグインとの互換性(対応しているかどうか)の情報も表示されます。これを参考にしてプラグインもアップグレードします。WordPress 2.9 以降では、複数のプラグインを一括してアップグレードできます。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。