WordPressのバックアップを取る方法を紹介します。ワードプレス初心者の方でもかんたん確実にバックアップを取ることができます。

この記事でわかること

  • 何のバックアップを取ればいいのかがわかります
  • いつバックアップを取ればいいのかがわかります
  • 簡単なクリック操作だけでバックアップと復元ができるようになります

WordPressのバックアップの基本を知ろう

バックアップの作業に入る前に、まずはバックアップの基本的なことについて知っておきましょう。

そもそも、バックアップとは?

バックアップとは、万が一に備えてデータを別の場所に保存しておくことをいいます。もし、ブログ・サイトが表示されなくなるといったトラブルが発生しても、バックアップデータがあればトラブル発生前の状態に戻すことができます。

バックアップデータを使ってもとに戻すことを、復元(リストア)といいます。

WordPress関連データの保存場所

WordPressに関わるデータは、主に次の2か所に保存されています。

  • データベース
  • サーバー

データベースには何が保存される?
データベースには、記事の内容コメントWordPress管理画面での設定内容などのデータが保存されます。

WordPressでは、主に「MySQL」と呼ばれるデータベースが利用されます。データベースについてくわしくは、データベースの基礎知識をご覧ください。

サーバーには何が保存される?
サーバーには、WordPress管理画面からアップロードした画像テーマプラグインなどが保存されます。WordPressというソフトウェアそのものも、サーバーにインストールされています。

バックアップを取るべきものは?

WordPressを使う上でバックアップを取るべきものは、「データベース」と「ファイル」です。

ワードプレス本体やテーマ・プラグインなどの更新があるとき、WordPressの管理画面には通知(赤い丸で囲まれた数字)が表示されます。この通知をクリックしたとき、「更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください。・・・」というメッセージが表示されるのを見たことはありませんか。

更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください

ここでいう「ファイル」は、先ほど【サーバーには何が保存される?】で説明した画像、テーマ、プラグインなどを指しています。

つまり、WordPressでバックアップを取るべきものをもう少し細かく分けると、次の4つになります。

バックアップを取るべきもの
  • データベース内のデータ全体
  • アップロードした画像
  • テーマ
  • プラグイン

バックアップを取るタイミングは?

バックアップは、定期的におこなう必要があります。その理由について、WordPressでトラブルが発生する主な要因から考えてみましょう。

WordPressでトラブルが発生する主な要因
  1. テーマのカスタマイズ
  2. テーマ・プラグインの更新(アップデート)
  3. WordPress本体の更新(アップデート)
  4. サーバーの障害・故障
  5. ブログ・サイトへの攻撃

[1.テーマのカスタマイズ] や [2.テーマ・プラグインの更新] については、WordPressの管理者が手動でおこなう操作です。なので、これらの操作を実行する前にバックアップを取っておけば、いざという時に復元することができます。

問題なのは、[3.WordPress本体の更新] [4.サーバーの障害・故障] [5.ブログ・サイトへの攻撃] のときです。なぜなら、これらの要因によるトラブルは、いつ発生するか予測できないからです。

WordPress本体の更新には、メジャーアップデートとマイナーアップデートがあります。このうち、マイナーアップデートは自動的に実行されるため、更新によるトラブル発生を予測することができません。
WordPress本体の更新については、WordPressをアップデート(更新)するでくわしく解説しています。

記事の更新頻度などにもよりますが、週1回くらいはバックアップを取ることをおすすめします。

WordPress初心者向けのバックアップを取る方法

バックアップを取るべきデータは、データベースやサーバーの中に保存されています。これらのデータをバックアップするには、別の場所に保存しなおさなければなりません。

通常であれば、データベースやサーバーの内部を管理するためのツールなどを使ってバックアップを取るのですが、ウェブ初心者さんにとっては難しい作業です。

そこでご紹介するのが、初心者さんでも簡単で確実にバックアップができるプラグインです。

UpdraftPlusプラグインでかんたんバックアップ

UpdraftPlus」は、簡単なクリック操作だけでデータベースやファイルのバックアップができるプラグインです。UpdraftPlusプラグインをおすすめする最大の理由が、バックアップだけでなく復元も簡単にできる点です。

「WordPress バックアップ」などのキーワードで検索すると、ほとんどのサイトで「BackWPup」というプラグインが紹介されています。BackWPupの方が高機能で細かい設定ができるのですが、復元作業を簡単にする機能までは備わっていないことから、UpdraftPlusを紹介することにしました。

UpdraftPlusプラグインの主な機能

手動でも自動でも
UpdraftPlusは、テーマのカスタマイズ前など任意のタイミングで手動バックアップができるほか、週1回などの自動バックアップを設定することもできます。

バックアップするデータを選べる
データベースとファイルを一括でバックアップができるのはもちろん、「データベースのみ」「テーマのみ」「プラグインのみ」など個別に指定することもできます。

データ保存場所を選べる
初期設定では、バックアップデータの保存場所はサーバー内の1か所だけですが、クリック操作だけでパソコンにダウンロードしたり、「Dropbox」や「Google Drive」などと連携すればオンラインストレージに自動保存したりすることも可能です。

WordPress講師

パソコンやオンラインストレージにも保存しておくことで、サーバー内のデータが破損した場合でもバックアップデータを取り出すことができますね。

復元がとても簡単
多くのバックアップ用プラグインでは、バックアップデータは簡単に保存できるものの、『復元は手作業で』というものも少なくありません。UpdraftPlusプラグインでは、手動/自動でバックアップしたデータをもとに、簡単なクリック操作で復元することができます。

UpdraftPlusプラグインのインストール・有効化

UpdraftPlusを使うためには、プラグインのインストールと有効化が必要です。UpdraftPlusはWordPress公式ディレクトリに登録されているので、管理画面から簡単にインストールすることができます。

手順1
管理画面メニュー[プラグイン]>[新規追加]をクリックします。

WordPress管理画面[プラグイン]>[新規追加]をクリック

手順2
キーワード「UpdraftPlus」で検索し、UpdraftPlus WordPress Backup Plugin の今すぐインストールをクリックします。

「UpdraftPlus」で検索し「今すぐインストール」をクリック

手順3
インストールが完了したら、有効化をクリックします。

「UpdraftPlus」を有効化

手順4
有効化が完了すると、WordPress管理画面の[設定]メニューに[UpdraftPlus Backups]が追加されます。クリックすると、プラグインの操作画面が開きます。

WordPress管理画面の[設定]メニューに[UpdraftPlus Backups]が追加

UpdraftPlusプラグインの手動バックアップ

手順1
手動でバックアップするには、[バックアップ/復元]画面で今すぐバックアップをクリックします。

[バックアップ/復元]画面で「今すぐバックアップ」をクリック

手順2
バックアップを取るデータを指定します。初期状態では、「データベース」と「ファイル」のバックアップを取るようになっています。今回は、このままの状態で今すぐバックアップをクリックしてみましょう。

バックアップを取るデータを指定

[バックアップ内のすべてのファイルを含める]の右側にある()をクリックすると、バックアップを取るファイルの種類を選択できます。

バックアップを取るファイルの種類を指定
ちなみに[バックアップにデータベースを含める]の右側にある()は、バックアップを取るテーブルを選択するためのものですが、これを使えるのはプレミアムプラン(有料)利用者のみです。やや上級者向けの機能なので、よくわからなくてもOKです。

手順3
バックアップが終了すると、以下の画面が表示されます。X 閉じるをクリックしてください。

バックアップの実行が終了

UpdraftPlusプラグインの自動バックアップ

手順1
自動バックアップをおこなうには、[設定]タブをクリックします。

UpdraftPlusの[設定]タブをクリック

手順2
ファイルバックアップとデータベースバックアップのスケジュールを設定できます。たとえば、週に1回ずつバックアップを取り、およそ2ヶ月保存しておきたい場合は、[毎週]を選択し[8]と入力します。画面下にスクロールして、変更を保存をクリックすれば、自動バックアップの設定が完了です。

UpdraftPlusの自動バックアップスケジュール設定例

サーバーの不具合に対応するためのバックアップ

これまでにご紹介した手動/自動でバックアップしたデータは、サーバー内に保存されています。このままの状態では、もしサーバーに故障や障害が発生して他サーバーに移転せざるを得なくなった場合に、対応することができません。

このリスクを回避するには、サーバー以外の場所にもバックアップデータを保存しておくことが必要です。その方法として、UpdraftPlusプラグインでは次の2つの機能が用意されています。

  • バックアップデータのダウンロード
  • オンラインストレージへの自動保存

バックアップデータをダウンロードする

UpdraftPlusプラグインでは、バックアップデータを簡単にダウンロードすることができます。

手順1
ダウンロードしたいバックアップデータをクリックします。

UpdraftPlus ダウンロードしたいバックアップデータをクリック

手順2
お使いのコンピュータにダウンロードをクリックすると、データをパソコンに保存することができます。

UpdraftPlus お使いのコンピュータにダウンロードをクリック

UpdraftPlusプラグインとオンラインストレージを連携させる

UpdraftPlusプラグインは、オンラインストレージと連携させることができます。連携先には、バックアップデータが自動的に保存されるようになります。

オンラインストレージとは、インターネット上でデータを保存・共有ができるサービスです。

連携の設定は必須ではありませんが、より確実にバックアップを取るためにオススメしたい作業です。今回は例として、Google Drive(Google ドライブ)と連携させる手順を紹介します。

WordPress講師

ブログ・サイト運営に必須といえる「Google アナリティクス」や「Search Console(サーチコンソール)」を利用していれば、Google アカウントを持っていますよね?同じアカウントで、Google Driveを使うことができますよ。

手順1
UpdraftPlusプラグインの[設定]画面でGoogle Driveを選択し、画面下にスクロールして変更を保存をクリックします。

UpdraftPlusプラグインの[設定]画面でGoogle Driveを選択

手順2
認証作業をするよう要求されます。[このリンクをクリックして、・・・」の部分をクリックしてください。

UpdraftPlusプラグイン リモートストレージの認証

手順3
Googleにログインします。

UpdraftPlusプラグイン Googleにログイン

手順4
UpdraftPlusを信頼できる場合は、許可をクリックします。

UpdraftPlusプラグイン Googleアカウントへのアクセスを許可

手順5
以下の画面が表示されたら、Google Driveとの連携が完了です。Complete setupをクリックしてください。

UpdraftPlusプラグイン Google Driveとの連携完了

UpdraftPlusプラグインの画面に戻り、「成功:Google Driveアカウントを認証しました」と表示されます。

UpdraftPlusプラグイン Google Driveアカウントを認証しました

以降、手動/自動バックアップしたデータをGoogle Driveにも自動保存することができます。

手動バックアップの場合は、Google Driveにも保存するかどうかを選択することができます。

手動バックアップでGoogle Driveにも保存するかどうかを選択できる

Google Driveに保存されたバックアップデータは、「UpdraftPlus」というフォルダにあります。

Google Drive「UpdraftPlus」フォルダに保存されたバックアップデータ

UpdraftPlusプラグインなら復元(リストア)もかんたん

UpdraftPlusプラグインは復元が簡単なのも魅力です。簡単なクリック操作だけで、復元をすることができます。

手順1
[バックアップ/復元]画面を開き、既存のバックアップから復元に利用したいデータの復元をクリックします。

UpdraftPlusで復元

手順2
復元するコンポーネント(データ)にチェックを入れ、次へをクリックします。

復元するコンポーネント(データ)にチェック

手順3
次の画面で復元をクリックします。

UpdraftPlusで復元を続行

手順4
Restore successful!」と表示されたら、復元が完了です。UpdraftPlus 設定に戻るをクリックします。

UpdraftPlusで復元成功

手順5
復元後、ブログ・サイトに問題がないことを確認したら古いディレクトリを削除をクリックします。

UpdraftPlusで復元後、古いディレクトリを削除

管理画面を開けないとき復元はどうする?

もしWordPressの管理画面を表示できないようなトラブルが発生してしまったら、UpdraftPlusプラグインを使った復元作業は不可能です。

こんなときは、FTPソフトを使って復元することができます。

FTPソフトとは
サーバーにあるファイルをダウンロード・編集したり、サーバーへファイルをアップロードしたりすることができるソフトウェアです。「Filezilla」「FFFTP」「WinSCP」などの無料ソフトがよく使われています。

例として、下記の条件でWordPressサイトを復元する手順を紹介します。

  • テーマをカスタマイズする前に、UpdraftPlusプラグインでバックアップしていた
  • テーマをカスタマイズしたらエラーが発生し、管理画面を表示できなくなった
  • FTPソフト「WinSCP」を使用して復元する

手順1
FTPソフトで、サーバー内のバックアップデータにアクセスします。データは、下記の場所に保存されています。

バックアップデータの保存場所:
ドメイン/public_html/wp-content/updraft

手順2
テーマ関連ファイルのバックアップデータをダウンロードします。

バックアップデータの種類は、ファイル名の末尾を見るとわかります。

  • データベース:「backup_(バックアップ日時)_…-db.gz
  • 画像:「backup_(バックアップ日時)_…-uploads.zip
  • テーマ:「backup_(バックアップ日時)_…-themes.zip
  • プラグイン:「backup_(バックアップ日時)_…-plugins.zip

同じ末尾のファイルが複数ある場合、バックアップ日時で復元したいデータを判別してください。

UpdraftPlusのバックアップデータをダウンロード

手順3
ダウンロードしたZIPファイルを展開(解凍)すると、テーマファイルのバックアップデータが格納されています。復元したいテーマのファイルを下記の場所にアップロード(上書き)すると、復元が完了します。

ファイルのアップロード先:
ドメイン/public_html/wp-content/themes
UpdraftPlusのバックアップデータをアップロード

まとめ

WordPressでのトラブルは、いつ発生するか予測できません。定期的にバックアップを取ることが大切です。少なくとも、週1回はバックアップを取ることをおすすめします。

WordPress初心者さんでも、UpdraftPlusプラグインを利用すれば簡単で確実にバックアップを取ることができます。テーマのカスタマイズ前など任意のタイミングで手動バックアップができるほか、週1回などの自動バックアップを設定することも可能です。UpdraftPlusプラグインなら、復元も簡単です。

UpdraftPlusプラグインでバックアップしたデータは、サーバー内に保存されます。サーバーの不具合に対応するためには、バックアップデータを定期的にダウンロードしたり、オンラインストレージと連携して自動保存することが望ましいです。

もしWordPressの管理画面を表示できないようなトラブルが発生してしまったら、UpdraftPlusプラグインを使った復元作業はできません。こんなときは、FTPソフトを使って復元することができます。

いつ起こるかわからないトラブルに備え、定期的にバックアップを取りましょう!