ワードプレスWordPress)の更新やテーマのカスタマイズをする前には、バックアップをとることが大切です。ワードプレスでバックアップが必要なものとして、「データベース」と「ファイル」があります。

WordPressのバックアップ~「データベース」と「ファイル」~

ワードプレスの管理画面には、ワードプレス本体・テーマ・プラグインなどの更新があるときに通知(赤い丸で囲まれた数字)が表示されます。この通知をクリックしたとき、「更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください。・・・」というメッセージが表示されるのを見たことはありませんか。

更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください

更新での不具合から復旧するためのバックアップ

ワードプレス本体・テーマ・プラグインなどを更新(アップグレード)することは、セキュリティーの強化、不具合の修正、新機能の追加など、より安全・快適に使うためには欠かせません。しかし、更新することによって、サイトが正しく表示されなくなるなどトラブルを起こすこともあります。

そのような「トラブルが起きても、すぐ元に戻せるように準備しておきましょう。」という意味で、ワードプレスでは更新作業の前にバックアップをとることを勧めています。

バックアップを行うタイミング
バックアップの作業は、ワードプレスの更新のときだけではなく、テーマをカスタマイズする前にも実行することをおすすめします。また、記事を頻繁に更新する場合は、その都度バックアップをとるのが理想的です。

データベースとファイルをバックアップ

先ほどの[WordPressの更新]画面では、データベースファイルをバックアップするよう表示されていました。では、「データベース」と「ファイル」の違いとは何でしょうか。

「データベース」と「ファイル」の違いとは

「データベース」と「ファイル」の違いとは

ワードプレスでサイトを作成すると、さまざまなデータがサーバーに保管されます。まず、ワードプレスをインストールすると、ワードプレス本体を構成するファイルがサーバーに保管されます。

次に、サイトのデザインを決めるテーマや、機能を拡張するためのプラグインをインストールすると、それらを構成するファイルも同様にサーバーに保管されます。

さらに、投稿や固定ページを作成するときに入力する文字(本文)のデータ画像ファイル、投稿に対して設定するカテゴリー・タグのデータ、投稿に寄せられたコメントのデータなども、サーバーに保管されていきます。

ここまで太字で示したようなデータファイルは、すべてサーバーに保管されると言いました。しかし、保管される場所はデータ・ファイルによって異なります。具体的に言えば、上記で「データ」と表記したものはデータベース」という特別な場所に保管されるようになっています。

サーバーに保管されるデータ・ファイル
データベースに保管されるもの
記事の本文やカテゴリー・タグ、コメント以外にも、公開日時、ナビゲーションメニューの設定内容、パーマリンク設定の内容など、主に管理画面上で設定・編集した内容がデータベースに保管されます。

このようにデータとファイルの保管方法が異なるため、バックアップは「データベース」と「ファイル」それぞれに対して実行する必要があります。

「データベース」と「ファイル」をバックアップするには

「データベース」と「ファイル」をバックアップするには、それぞれを管理するためのツールを使います。それぞれのツールには、バックアップに必要な機能が備わっています。

これより先は、「データベース」と「ファイル」を手動でバックアップするための方法について、概略だけを紹介します。手動での作業は手間がかかるため、ワードプレスのバックアップにはプラグインの利用をおすすめします。

データベースのバックアップに使えるツール

最初に準備するべきもの【サーバー・ドメインの選び方】でも紹介したように、WordPressでは「MySQL」というデータベースを使います。MySQLは、「phpMyAdmin」というツールで管理することができます。

phpMyAdmin
phpMyAdminの使い方

phpMyAdminは、ウェブブラウザ(Google Chrome、Microsoft Edgeなど)で起動することができます。

エックスサーバーの場合、サーバーパネルの[phpmyadmin(MySQL5.7)]をクリックすると、phpMyAdminが起動します。

エックスサーバー phpMyAdminのリンク
クリックで拡大
phpMyAdminを利用するには、ログインが必要です。ログイン用のIDとパスワードは、ワードプレスのインストール時に設定したものを使用します。

phpMyAdminには「エクスポート」という機能があり、ここでデータベースのバックアップができます。

phpMyAdmin エクスポート

ファイルのバックアップに使えるツール

一方、WordPress本体やテーマ・プラグインなどのファイルのバックアップには、「FTPソフト」やサーバー業者が提供するバックアップ機能などが使えます。

FTPソフトでのバックアップ
FTPソフトの使用例
エックスサーバー サーバーパネルでのバックアップ
エックスサーバー サーバーパネルでのバックアップ

ツール操作に不慣れな場合は、プラグインの利用がおすすめ

ここまでに紹介したツールの操作になれていない場合、むやみに操作するとデータを壊したり紛失したりしてしまうかもしれません。また、これらのツールを使って定期的にバックアップを実行するのは、とても手間がかかります。

こうした不具合や手間を回避するためには、プラグインを利用することをおすすめします。

関連ページ