SiteGuard WP Plugin(WordPress管理画面のログインURLを変更できるプラグイン)

WordPress管理画面のログインURL変更できるプラグインSiteGuard WP Plugin」を紹介します。WordPress管理画面への不正アクセスを防ぐ方法として、ログインページのURLを変更することは効果的です。SiteGuard WP Pluginは、有効化すると同時にログインURLが変更されます。

WordPress管理画面のログインURL

WordPress管理画面の基本でご紹介しているように、WordPressの初期状態において、ログイン画面(管理画面にログインするための画面)のURLには“基本パターン”があります。

ログイン画面のURL 基本パターン

http://ドメイン名(/wordpressをインストールしたディレクトリ)/wp-login.php

例1:http://example.com/wp-login.php
例2:http://example.com/wp/wp-login.php

パターンが決まっているということは、初期状態のURLは第三者に知られやすく、悪意ある攻撃の標的となりやすいという欠点があるといえます。

管理画面への不正アクセスには、サイトの乗っ取りや改ざん、個人情報の不正取得などの危険性が潜んでいます。このようなリスクを回避する方法として、ログイン画面URLの変更があります。

管理画面のログインURLを変更する方法

WordPressのログイン画面URLを変更する方法の1つに、「.htaccess」ファイルの編集があります。.htaccessファイルとは、サーバーの動作を制御するための設定ファイルです。.htaccessファイルにコードを記述することでURLを変更できるという方法ですが、設定に失敗すると重大なエラーを発生させる可能性があり、初心者向きとはいえません。

「.htaccess」ファイルの例

そこでご紹介するのが、Web初心者でも簡単にURL変更の設定ができるプラグイン「SiteGuard WP Plugin」です。

以下の解説は、つぎの条件下で作成しています。ご利用環境によって、本文の内容と実際の画面が異なる場合があります。

  • WordPress バージョン:5.3.2
  • プラグイン(SiteGuard WP Plugin)バージョン:1.5.0
SiteGuard WP Pluginによって管理画面のログインURLを変更するためには、ある条件を満たす必要があります。それは、WordPressを設置したサーバーで「mod_rewrite」という機能が使えることです。当サイトでオススメしているエックスサーバーなら、mod_rewriteが使えます。

URLの変更が簡単にできるプラグイン「SiteGuard WP Plugin」

SiteGuard WP Pluginは、日本国内の会社が開発したプラグインです。プラグインの設定画面は日本語に対応しているので、多くのWordPressプラグインにありがちな「設定画面が英語でわかりづらい」という心配もありません。

SiteGuard WP Plugin のインストール・有効化

SiteGuard WP PluginはWordPress プラグインディレクトリに登録されている公式プラグインなので、管理画面から簡単にインストールすることができます。

プラグインの検索

WordPress管理画面の[プラグイン]>[新規追加]をクリックして、[プラグインを追加]画面を開きます。画面右側の検索窓に「SiteGuard WP Plugin」と入力します。

プラグインを追加画面「SiteGuard WP Plugin」で検索

プラグインのインストール

SiteGuard WP Pluginの今すぐインストールをクリックします。

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」の今すぐインストールをクリック

プラグインの有効化

SiteGuard WP Pluginの有効化をクリックします。

プラグイン「SiteGuard WP Plugin」の有効化をクリック

SiteGuard WP Pluginを有効化した時点で、ログインURLが変更されます。[新しいログインページURL]のリンクをクリックすると、新しいログインページが開きます。早めにブックマークしておきましょう。

SiteGuard WP Plugin「新しいログインページURL」をクリック

SiteGuard WP Plugin の設定

設定画面の開き方
SiteGuard WP Pluginを有効化すると、管理画面左側のメニューに[SiteGuard]という項目が追加されます。クリックすると、SiteGuardプラグインの設定画面(ダッシュボード)が開きます。

WordPress管理画面メニュー「SiteGuard」をクリック

SiteGuardプラグインでは、ログインURLの変更以外にもさまざまなセキュリティ関連機能を設定することができます。[設定状況]でが付いている項目が、稼働中の機能を示しています。

各機能のリンクをクリックすると、詳細設定画面が表示されます。例として、[ログインページ変更]をクリックしてみましょう。

SiteGuard WP Plugin「ログインページ変更」をクリック

ログインURLを任意の文字列に変更する

初期状態では、ログインURLの末尾に「login_<5桁の乱数>」が設定されています。ここを任意の文字列に変更することができます。変更を保存をクリックした後は、新しいログイン画面をブックマークするか、URLをメモしておきましょう。

SiteGuard WP Plugin「ログインページ変更」設定画面

その他の設定項目

SiteGuardプラグインの[設定状況]画面で、各設定項目についての簡単な説明を見ることができます。

SiteGuard WP Plugin「設定状況」の各設定項目についての簡単な説明

さらにくわしい内容を知りたい場合は、[ドキュメント、FAQ、その他の情報は SiteGuard WP Plugin Page にあります。]のリンクをクリックすると、公式マニュアルページにアクセスすることができます。

SiteGuard WP Plugin 公式マニュアルページへのリンク

SiteGuard WP Plugin を使うとログインできない

SiteGuardプラグインを使い始めてからWordPress管理画面にログインできなくなった場合、主に次の理由が考えられます。

ログインできない主な理由
  • 新しいログインURLにアクセスしていない
  • 新しいログインURLを忘れてしまった
  • 管理ページアクセス制限を有効にした

これらの理由の内容と解決方法については、下記の記事で紹介しています。