XMLサイトマップを自動生成できるプラグイン

Googleなどの検索エンジンにサイトの構成や各ページの更新日、更新頻度、重要度などの情報を知らせるXMLサイトマップ自動生成できる、WordPressプラグインを紹介します。インストール・有効化すれば、自動的にXMLサイトマップの作成・更新や、検索エンジンへの通知をしてくれる、便利なプラグインです。

XMLサイトマップを自動生成できるプラグイン

XMLサイトマップとは

XMLサイトマップは、Googleなどの検索エンジンにサイトの構成を知らせるためのファイルです。また、サイト内の各ページの更新日や更新頻度、重要度などについての情報も検索エンジンに伝えることができます。

サイトを検索結果に表示されやすくするために、XMLサイトマップの作成は必須と言えます。しかし、サイトマップを自力で作成することは、簡単ではありません。

そこで紹介するのが、Google XML Sitemaps プラグインです。インストール・有効化すれば、あとは自動的にXMLサイトマップの作成・更新や、検索エンジンへの通知をしてくれるので便利です。

Google XML Sitemaps プラグインのインストールと有効化

Google XML Sitemaps は公式プラグインとして登録されているので、管理画面で簡単にインストールできます。

  1. 管理画面[プラグイン]>[新規追加]からプラグインのインストール画面を開く
  2. キーワードにGoogle XML Sitemaps と入力し、検索
  3. いますぐインストールをクリック
  4. プラグインを有効化をクリック

プラグインを初めて利用する方へ

プラグインの導入(インストール・有効化)について、くわしくは下記を参考にしてください。

Google XML Sitemaps プラグインの使い方

Google XML Sitemaps プラグインをインストール・有効化すると、WordPress管理画面のメニュー[設定]に[XML-Sitemaps]が追加されます。ここをクリックします。

[設定]>[XML-Sitemaps]

プラグインを有効化すると、自動的にXMLサイトマップが作成されます。サイトマップのインデックスファイルのURLをクリックしてみましょう。

インデックスファイルのURLをクリック

下図のように、複数のxmlファイルが表示されます。さらにリンクをクリックすると、各ファイルの内容を確認することができます。

インデックスファイルの内容

下図は、「○○/sitemap-pt-post-2013-01.xml」というファイルをクリックしたときの表示です。「post」は投稿のことで、2013年1月に公開した投稿の情報が含まれています。また、「Priority」は優先順位、「Change frequency」は更新頻度、「Last modified (GMT)」は最終更新日(グリニッジ標準時=イギリスの標準時)を表しています。

xmlファイルの内容

さて、プラグインを有効化した直後は、サイトマップはまだ検索エンジンに通知されていない状態です。

検索エンジンに通知されていない

投稿を公開または更新すると、検索エンジンに通知されます。

検索エンジンに通知

Google XML Sitemaps プラグインの設定項目

Google XML Sitemaps プラグインで設定できる内容について、主な項目を紹介します。

基本的な設定
Google XML Sitemaps プラグイン 基本的な設定

1,2番めは、検索エンジンに通知をするかどうかについての設定(上から、Google、Bing)です。3番めの[サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加]を適用すると、検索エンジンに対してサイトマップの場所を確実に伝えることができます。

robots.txt ファイルとは、検索エンジンに対する命令を記述するためのファイルです。WordPressには、robots.txt ファイルを自動生成する機能があります。このファイルは、実際にはサーバー上に存在しないため、仮想 robots.txt ファイルと呼ばれます。

これら3つについては、初期状態のまま全てにチェックを入れておくとよいでしょう。

Additional Pages(ページの追加)
Google XML Sitemaps プラグイン Additional Pages(ページの追加)

XMLサイトマップに含めたいページを追加することができます。例えば、WordPress以外で作成したページが同一ドメイン内にある場合に利用できます。

Sitemap コンテンツ
Google XML Sitemaps プラグイン Sitemap コンテンツ

XMLサイトマップに含めたい項目の設定です。

Excluded Items(除外する項目)
Google XML Sitemaps プラグイン Excluded Items(除外する項目)

XMLサイトマップに含めない項目の設定です。投稿または固定ページについては、URLではなくIDを入力します。

Change Frequencies(更新頻度)
Google XML Sitemaps プラグイン Change Frequencies(更新頻度)

各ページについて、更新頻度の目安を入力します。「メモ:」にも書かれているように、必ずしもここで設定した周期でクロールされるわけではありません。クロールについては、下記ページを参照してください。

優先順位の設定 (priority)
Google XML Sitemaps プラグイン 優先順位の設定 (priority)

各ページについて、サイトの中でどれくらい重要なのかを示すことができます。


それぞれの設定項目を変更した場合は、ページ下部の設定を更新をクリックしてください。また、設定を初期化するには設定をリセットをクリックします。

Google XML Sitemaps プラグイン 設定変更ボタン

Google Search Consoleにサイトマップを送信する

Googleが提供するサイト管理者向けの無料ツール「Search Console」にサイトマップを送信すると、サイト内にあるコンテンツ(ウェブページや画像など)のインデックス状況を確認することができます。

インデックスとは、検索エンジンのデータベースにコンテンツの情報が登録されることをいいます。

くわしくは、下記ページをご覧ください。

関連ページ

2011年3月8日