1. プラグイン
  2. Maintenance Mode(メンテナンス画面表示プラグイン)

Maintenance Mode(メンテナンス画面表示プラグイン)

WordPressプラグインMaintenance Mode」の導入方法と使い方をご紹介します。Maintenance Modeは、サイトがメンテナンス中であることを知らせる画面を表示させるプラグインです。

Maintenance Mode の概要

メンテナンス画面は、大幅にサイトデザインを修正するときや、開設して間がなく公開したくないときなどに使います。Maintenance Modeは、ただ単にメンテナンス画面を表示させるだけでなく、ログインしている管理者だけはサイトへのアクセスが可能になる便利な機能も持ち合わせています。

Maintenance Mode の導入方法

動作確認をしたバージョン

  • プラグイン:5.4
  • WordPress:3.1.2

プラグインのインストール

Maintenance Mode は公式プラグインとして登録されているので、管理画面で簡単にインストールできます。

  1. 管理画面[プラグイン]>[新規追加]からプラグインのインストール画面を開く
  2. キーワードにMaintenance Mode と入力し、検索
  3. いますぐインストールをクリック
  4. プラグインを有効化をクリック

プラグインを初めて利用する方へ

プラグインの導入(インストール・有効化)について、くわしくは下記を参考にしてください。

Maintenance Mode の使い方

Maintenance Modeをインストール・有効化すると、WordPress管理画面の[設定]に[Maintenance Mode]メニューが追加されます。

[Maintenance Mode]メニュー

ここをクリックすると、Maintenance Modeの設定画面が開きます。まずは、メンテナンス画面に表示させるメッセージをカスタマイズしてみましょう。

Maintenance Modeの設定画面

メッセージのカスタマイズ

ここでは、メンテナンス画面のタイトルと本文の内容を変更できます。デフォルトでは英語表記になっていますので、日本語サイトの場合カスタマイズは必須の作業です。

ここでは、例として下記のように修正してみました。

タイトル

メンテナンス中

本文

<h1>メンテナンス中です</h1>

<p><a title="[blogtitle]" href="[blogurl]">[blogtitle]</a> は現在メンテナンス中です。<br />
恐れ入りますが [date] 以降にご再訪ください。</p>

<p>ご不便をおかけし申し訳ありません。</p>

上で太字にした部分は、プレースホルダといいます。プレースホルダは、下記のものが使用できます。

  • [blogurl]:ブログのURL
  • [blogtitle]:ブログのタイトル
  • [date]、[time]:メンテナンスの終了予定日時
    例: ≪05/12/2010≫ / ≪3:45PM≫
  • [days]、[hours]、[mins]:メンテナンス終了予定日時までの日数/時間/分

メッセージのタイトルと本文をカスタマイズできたら、画面上部でメンテナンス終了日時を設定し、使用にチェックを入れて保存ボタンをクリックします。

上記の例で作成したメンテナンス画面を実際に表示させると、下のようになりました。

メンテナンス画面サンプル

メンテナンスモードの停止

メンテナンスが終了したら、必ずメンテナンスモードの停止を行って下さい。終了日時を設定していても、自動的に停止されないので注意しましょう。

メンテナンスモードの停止

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。