データベースのバックアップとエクスポートの違いとは?

WordPressで作成したサイトデータをバックアップする方法のうち、「データベースのバックアップ」と「エクスポート」との違いについてご紹介します。

バックアップとは?

バックアップとは、データのコピーを保存しておくことを言います。WordPress本体をバージョンアップするときや、大掛かりなカスタマイズをするときなどには、それまでに作成した各種データをバックアップしておくと安全です。

「データベースのバックアップ」と「エクスポート」との違い

データベースのバックアップとは?

WordPressで使用するデータベースに保管されるものをまとめてみます。

  • 投稿記事・ページのデータ
  • 投稿記事・ページに設定したカテゴリ・タグのデータ
  • [管理画面]>[リンク]で作成したデータ
  • [管理画面]>[設定]で設定したオプション
  • ユーザーのデータ

くわしくは、データベースの基礎知識を参考にしてください。

「データベースをバックアップする」ということは、これらのデータが全て保存(バックアップ)されることを意味します。

エクスポートとは?

エクスポートでは、「記事の本文や日付、記事に届いたコメント」などが保存できます。しかし、管理画面のオプションなどで設定した内容は保存されません。

つまり、エクスポートとは「データベースに保管されるデータの一部(エントリ関連データ)を保存する機能」のことです。

エクスポート機能の詳細は、下記ページで確認できます。


このように、WordPressで設定・作成したデータを完全にバックアップするには、「エクスポート」機能では不十分だと言えます。

関連ページ

2011年5月1日