エックスサーバーの料金プランと申込方法

エックスサーバーは、WordPress初心者にも使いやすい、おすすめNo.1のレンタルサーバーです。この記事では、これからエックスサーバーでWordPressを始める初心者向けに、エックスサーバーの料金プラン申し込み方法について、くわしく解説します。

目次

エックスサーバーの料金プラン

エックスサーバーでは、3つの料金プランから選ぶことができます。各プランの料金は、エックスサーバー公式サイトのメニュー[料金]>[ご利用料金]から確認できます。

エックスサーバーメニュー[料金]>[ご利用料金]をクリック
エックスサーバー料金表
エックスサーバー料金表

WordPressの初心者におすすめなのは、最安プランの「スタンダード」です。

3プランの機能を比較

料金プランごとのサーバー機能の違いは、エックスサーバー公式サイトのメニュー[機能]>[機能一覧]から確認できます。

エックスサーバーメニュー[機能]>[機能一覧]をクリック
エックスサーバー「機能一覧」ページ
エックスサーバー「機能一覧」ページ

かなり縦長のページですが、よく見ると、各プランの違いは次の4つしかないことがわかります。

  • 月額費用
  • ディスクスペース
  • vCPU/メモリ リソース保証
  • 独自ドメイン永久無料特典

4項目を、下の表で比較してみましょう。

スクロールできます
機能スタンダードプレミアムビジネス
月額費用(税込)990円~1,980円~
スタンダードの2倍
3,960円~
スタンダードの3倍
ディスクスペース300GB400GB500GB
vCPU/メモリ
リソース保証
 6コア/
8GB
8コア/
12GB
12コア/
16GB
独自ドメイン
永久無料特典
.com、.netなど
11種類から1つ
左記に加えて
.jpも選択可
左記に加えて
co.jpなども選択可
エックスサーバーのプラン比較表

このうち、サーバーの性能に関わるのが「ディスクスペース」と「vCPU/メモリ リソース保証」です。

ディスクスペース

WordPressサイトに関わるデータやファイルを保管するスペースの容量です。一般的なブログやホームページなら、300GBもあれば十分です。

vCPU/メモリ リソース保証

サーバーの処理性能に大きく関わるCPUとメモリの最低保証値です。 6コア/8GBという値は、同価格帯の他社レンタルサーバーを圧倒しています。

エックスサーバーのリソース保証

これからWordPressを始めるのであれば、スタンダードプランで十分です。サイトが大きく成長し、性能不足になったとしても、上位のプランに変更できるので安心してください。

おすすめプラン「スタンダード」の料金

スタンダードプランの料金体系をくわしく見てみましょう。1ヶ月あたりの料金は、契約期間が長いほど割安になります。

スクロールできます
契約期間月額費用初期費用初回支払合計
3ヶ月1,320円3,300円7,260円
6ヶ月1,210円3,300円10,560円
おすすめ! 12ヶ月1,100円3,300円16,500円
24ヶ月1,045円3,300円28,380円
36ヶ月990円3,300円38,940円
エックスサーバー「スタンダード」プランの料金表(税込 2022年5月30日時点)

>> 最新の料金表をエックスサーバー公式サイトで確認する

独自ドメイン永久無料特典を利用するには、「12ヶ月」以上の契約期間を選択する必要があります。

はじめてのレンタルサーバーに、いきなり何年もの長期契約をするのは不安かもしれません。はじめは「12ヶ月」で契約してはいかがでしょうか。
12ヶ月契約なら、3ヶ月契約にくらべて2,640円/年の節約になり、独自ドメイン永久無料特典も利用できます。

エックスサーバーの申し込み方法

申し込みに必要なもの

エックスサーバーの申し込みには、以下の3つが必要です。

  1. スマートフォンまたは固定電話
  2. メールアドレス
  3. クレジットカードまたはPaidyアカウント
1.スマートフォンまたは固定電話

エックスサーバーのアカウントを作成するには、電話番号が必須です。
また「WordPressクイックスタート」を利用する場合は、本人確認のための認証コード取得に必要です。

WordPressクイックスタートとは?
WordPressサイトを開設するのに必要な手順を全て自動化する、便利な機能です。ただ、利用にはいくつかの注意点もあります。くわしくは、「エックスサーバーのクイックスタート機能とは」をお読みください。

WordPressクイックスタート概略図
2.メールアドレス

「申込み完了」や「支払い完了」などの重要な通知が届きます。ふだん使っているメールアドレスを入力することをおすすめします。

3.クレジットカードまたはPaidyアカウント

WordPressクイックスタートを利用する場合、クレジットカードまたはPaidyによる決済が必要です。お試し期間は利用できません

Paidy(ペイディ)とは?

メールアドレスと携帯番号だけで支払いができる後払いサービスです。

通常申し込み時の支払い方法について

WordPressクイックスタートを利用せず、通常の申し込みをする場合の支払い方法は、以下の5つから選べます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込
  • ペイジー
  • Paidy(翌月後払い)
  • コンビニ払い

申し込み手順

エックスサーバーの利用申し込みには、以下の手順が必要です。

  1. エックスサーバー公式サイトにアクセス
  2. お申し込みボタンをクリック
  3. 料金プランを選択
  4. WordPressクイックスタート利用の有無を選択
  5. Xserverアカウントを作成
  6. 確認コードを入力
  7. 申し込み内容を確認
STEP
エックスサーバー公式サイトにアクセス

エックスサーバー公式サイト(https://www.xserver.ne.jp/)にアクセスします。

STEP
お申し込みボタンをクリック

オレンジ色の申し込みボタンが複数あります。どのボタンをクリックしてもかまいません。

エックスサーバーの申し込みボタン

「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンをクリックします。

「10日間無料お試し 新規お申込み」ボタンをクリック
STEP
料金プランを選択

プランは、「スタンダード」がおすすめです。

スタンダードプランを選択

サーバーIDとは?

サーバー契約を識別するためのIDです。
また、下のようなURLでサイトを作ることもできますが、利用するのはおすすめできません。

https://サーバーID.xsrv.jp

「サーバーID.xsrv.jp」は、エックスサーバーから無料で提供される初期ドメインです。初期ドメインを使ってサイトを作らないほうがいい理由は、次の2つです。

  • もし他社サーバーに移転することになったら、このURLでサイトを続けられない
  • Google アドセンスの審査を通過できない

WordPressを始めるなら、独自ドメインを取得するのがおすすめです。

Google アドセンスとは、Googleが提供する広告配信サービスのこと。サイト内に広告を掲載するには審査があり、初期ドメインでは審査を通過することができない。

STEP
WordPressクイックスタート利用の有無を選択

WordPressクイックスタートを利用するかどうかを決めます。

WordPressクイックスタート利用の有無を選択

WordPressクイックスタートを利用する場合

「利用する」にチェックを入れて「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリックしてください。WordPressクイックスタートの利用手順は、下記エックスサーバーの公式ブログにくわしく書かれています。
>> 【初心者でも安心】たった10分で出来るWordPressブログの始め方

WordPressクイックスタートを利用しない場合

「Xserverアカウントの登録へ進む」をクリックして、次のSTEP5に進んでください。

STEP
Xserverアカウントを作成

個人情報などを入力します。

Xserverアカウント作成画面 メールアドレスとパスワード

「パスワード」は、エックスサーバーの管理画面にログインするときに必要です。忘れないように注意してください。

利用規約と個人情報の取り扱いについて確認し、同意できる場合はチェックを入れて、「次へ進む」をクリックします。

Xserverアカウント作成画面 利用規約と個人情報の取り扱いについて
STEP
確認コードを入力

【Xserverアカウント】ご登録メールアドレス確認のご案内」という件名でメールが届きます。メール内に記載されている【認証コード】(6ケタの数字)を確認します。

メール内の認証コードを確認

認証コードを申し込みフォームに入力し、「次へ進む」をクリックします。

認証コードを入力し次へ進む
STEP
申し込み内容を確認

「サーバー契約内容」や「Xserverアカウント登録情報」などの入力に誤りがないか確認し、「この内容で申込みする」をクリックします。

「この内容で申込みする」をクリック

下の画面が表示されたら、エックスサーバーの申し込みが完了です。お疲れ様でした!

エックスサーバーの申し込み完了

また、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールが届きます。エックスサーバー管理ツールのログイン方法など、重要な情報が記載されているので、なくさないようご注意ください。

申し込み完了後にやるべきこと

エックスサーバーの申し込み完了から10日間、無料お試しができます(WordPressクイックスタート利用時を除く)。お試し期間内にやるべきことは、以下の3つです。

  • エックスサーバー管理ツールの使い勝手を確認する
  • WordPressをインストールする
  • 料金の支払いを済ませる

エックスサーバー管理ツールの使い勝手を確認する

エックスサーバーの管理ツールには、次の3つがあります。使い勝手を確認しておきましょう。

Xserverアカウント登録情報の確認や変更、利用期限の確認、料金の支払いなどができる
サーバーパネルサーバーの設定、独自ドメインの追加、WordPressの簡単インストールなどができる
ファイルマネージャファイルのアップロード、編集、削除などができる

Xserverアカウントにログインすることで、サーバーパネルやファイルマネージャにアクセスできます。Xserverアカウントのログイン方法は、「サーバーアカウント設定完了のお知らせ」のメールに記載されています。

サーバーパネルやファイルマネージャのアクセス方法
Xserverアカウント画面からサーバーパネルやファイルマネージャにアクセスできる

WordPressをインストールする

サーバーパネルでは「WordPress簡単インストール」を利用することができます。

サーバーパネル「WordPress簡単インストール」

WordPress簡単インストールを実行するには、事前に独自ドメインの取得や設定が必要です。くわしい手順は、下記ページで紹介しています。

>> WordPressの始め方|エックスサーバーで簡単インストール

料金の支払いを済ませる

料金の支払いは、Xserverアカウントのページで手続きできます。画面上部の「料金支払い」をクリックして、支払いをしてください。

エックスサーバー料金の支払い

>> エックスサーバー料金の支払い方法

お試し期間内に支払いを完了しないと、サーバーの設定やWordPressのインストールなどが無効になってしまうのでご注意ください。

まとめ

エックスサーバーの料金プランは3種類あります。おすすめプランは、最安の「スタンダード」です。もしスタンダードプランで性能不足となったとしても、上位プランに変更することができます。

1ヶ月あたりの料金は、契約期間が長いほど割安になります。おすすめは「12ヶ月」の選択です。3ヶ月契約にくらべて2,640円/年の節約になり、独自ドメイン永久無料特典も利用できるからです。

エックスサーバーの申し込みに必要なもの

  • スマートフォンまたは固定電話
  • メールアドレス
  • クレジットカードまたはPaidyアカウント
    (WordPressクイックスタート利用時はどちらかが必須)

くわしい申し込み手順を、こちらで解説しました。申し込み完了後は、以下の3つを行なってください。

申し込み完了後にやるべきこと

  • エックスサーバー管理ツールの使い勝手を確認する
  • WordPressをインストールする
  • 料金の支払いを済ませる
エックスサーバーの料金プランと申込方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

WordPress超初心者講座の運営者。
ワードプレスでブログ・サイトを作り始めて12年。アラフィフ。
今も年間330日くらい、WordPressを触っています。

Twitterはじめました。

目次