Google Search Consoleの登録とサイトマップ送信

Google Search Consoleは、サイト管理者向けの無料ツールです。検索エンジンからの集客を増やすためには欠かせません。サイトマップ送信すると、サイト内コンテンツのインデックス状況を確認することができます。

Google Search Consoleの登録とサイトマップ送信

Google Search Console とは

Googleが提供する「Search Console」は、サイト管理者向けの無料ツールです。Googleの検索エンジンが、あなたのサイトをどのように評価しているかを知るのに役立ちます。

例えば、検索エンジンのクローラ(ロボット)があなたのサイトを訪れているか、サイト内の各ページがインデックス(データベースに登録)されているか、どのようなキーワードで検索されているかなど、多くの情報を得ることができます。Search Consoleでできることについては、下記ページを参照してください。

Google Search Consoleの登録方法

Google アカウントの取得

Search Console を利用するには、Google アカウントを取得する必要があります。まだ取得していない場合は、下記ページで作成してください。アカウントは、無料で取得できます。

Search Consoleの登録に進むには、下記ページにアクセスしてください。

Google アカウントでログイン

Google アカウントでログインします。画面の指示にしたがって、メールアドレス(または電話番号)・パスワードを入力します。

Search Console Google アカウントでログイン

サイトの追加

登録するサイトのURLを入力して、
[プロパティを追加]をクリックします。

Google Search Console サイトの追加

サイト所有権の確認

前の手順で追加したサイトが、あなたのものであることを証明しなければなりません。下図の赤枠内にある手順にしたがって、確認作業を進めます。

サイト所有権の確認

確認作業が完了すると下図のような画面が表示され、Search Consoleの登録作業が完了です。[続行]をクリックすると、Search Consoleのダッシュボード(概要)が開きます。

サイト所有権の確認完了

サイトマップの送信

サイトマップとは

ここで言う「サイトマップ」とは、Googleなどの検索エンジンにサイトの構成や各ページの更新日更新頻度重要度などの情報を知らせるファイルを指します。「XMLサイトマップ」と呼ばれます。

XMLサイトマップの作成方法については、下記ページをご覧ください。

また、サイトマップを送信する理由については、下記ページを参照してください。

サイトマップの送信手順

Search Consoleのダッシュボードで、[サイトマップ]をクリックします。

Search Consoleのダッシュボードで、[サイトマップ]をクリック

画面右上の[サイトマップの追加/テスト]をクリックします。

[サイトマップの追加/テスト]をクリック

先ほど紹介したXMLサイトマップを自動生成できるプラグインでサイトマップを作成した場合、
[sitemap.xml]と入力して
[送信]をクリックします。

サイトマップの送信

下図のような画面が表示されたら、サイトマップの送信は完了です。

サイトマップの送信完了

インデックス状況を確認する

しばらく時間が経ってからSearch Consoleの[クロール]>[サイトマップ]にアクセスすると、送信したサイトマップ内にあるコンテンツのインデックス状況を確認することができます。

インデックス状況を確認

インデックスとは、検索エンジンのデータベースにコンテンツ(ウェブページや画像など)の情報が登録されることです。上図の例では、サイト内の29のウェブページのうち、28ページがインデックスされている状態です。

ページがインデックスされないと、検索結果には表示されません。あなたのサイトがなかなか検索結果に表示されない場合は、上のページでインデックス状況を確認してみてください。

関連ページ

2011年3月19日