1. プラグイン
  2. Login LockDown(ログインセキュリティ対策プラグイン)

Login LockDown(ログインセキュリティ対策プラグイン)

WordPressプラグインLogin LockDown』の導入方法使い方をご紹介します。『Login LockDown』は、管理画面にログインするときのIDやパスワードの入力を間違えた場合に、ログイン不能にすることができます。

Login LockDown の概要

WordPressログイン画面

WordPressで記事を書いたりコメントの確認をしたりと、何かと使用する機会の多い「管理画面」。

この管理画面にログインするには、「ユーザー名」と「パスワード」の入力が必要です。

WordPressで作成・編集したさまざまなデータのセキュリティを守るためには、管理画面への不正なログインを防ぐことが大切です。

『Login LockDown』は、管理画面にログインするための「ユーザー名」と「パスワード」を指定した回数以上間違えて入力した場合に、一定時間ログインを不能にすることができるプラグインです。

Login LockDown の導入目的

  • WordPress管理画面への不正なログインを防止するため

Login LockDown の導入方法

動作確認をしたバージョン

  • プラグイン:v1.5
  • WordPress:3.1.2

プラグインのインストール

「Login LockDown」 は公式プラグインとして登録されているので、管理画面で簡単にインストールできます。

  1. 管理画面[プラグイン]>[新規追加]から【プラグインのインストール】画面を開く
  2. キーワードに「Login LockDown」 と入力し、検索
  3. 【いますぐインストール】をクリック
  4. 【プラグインを有効化】をクリック

プラグインを初めて利用する方へ

プラグインの導入(インストール・有効化)について、くわしくは下記を参考にしてください。

Login LockDown の使い方

「Login LockDown」をインストール・有効化すると、管理画面の[設定]に[Login LockDown]が追加されます。
管理画面[設定]>[Login LockDown]

ここをクリックすると、「Login LockDown」 の設定画面が表示されます。
「Login LockDown」 の設定画面

デフォルトでは、下記のように設定されています。

  • Max Login Retries:3
  • Retry Time Period Restriction (minutes):5
  • Lockout Length (minutes):60

これは、5分以内に3回ログインに失敗すると、60分間そのユーザーはログイン不能にするための設定になっています。

お好みに応じて、制限回数や時間を設定してください。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。