1. プラグイン
  2. Broken Link Checker(リンク切れ確認用プラグイン)

Broken Link Checker(リンク切れ確認用プラグイン)

WordPressプラグインBroken Link Checker」の導入方法使い方をご紹介します。「Broken Link Checker」は、サイト内に貼りつけたリンクが切れていないか確認してくれるプラグインです。

Broken Link Checker の概要

「Broken Link Checker」は、WordPressで作成したサイト内に貼りつけたリンクを検知して、「リンク切れ」がないかどうかを確認してくれます。

「リンク切れ」をサイト内に表示してしまうことには、大きな問題が2つあります。まずは、「サイト訪問者に対して迷惑がかかること」です。せっかくリンクをクリックしても何も表示されないのでは、がっかりしてしまうでしょう?次に、「SEOにもあまりよくない」というのを目にしたこともあります。このことは、私自身検証したわけではないので、詳細はわかりません。

「リンク切れ」を手作業でチェックするのは、記事数が膨大になればなるほど手間がかかります。
「Broken Link Checker」は自動で「リンク切れ」を確認し該当があれば通知してくれますから、ぜひとも導入していただきたいプラグインです。

Broken Link Checker の導入目的

  • 手作業では面倒な「リンク切れ」の確認が自動でできるから

Broken Link Checker の導入方法

動作確認をしたバージョン

  • プラグイン:1.2.5
  • WordPress:3.1.2

プラグインのインストール

「Broken Link Checker」 は公式プラグインとして登録されているので、管理画面で簡単にインストールできます。

  1. 管理画面[プラグイン]>[新規追加]から【プラグインのインストール】画面を開く
  2. キーワードに「Broken Link Checker」 と入力し、検索
  3. 【いますぐインストール】をクリック
  4. 【プラグインを有効化】をクリック

プラグインを初めて利用する方へ

プラグインの導入(インストール・有効化)について、くわしくは下記を参考にしてください。

Broken Link Checker の使い方

「Broken Link Checker」をインストール・有効化すると、WordPress管理画面の[設定]に、[Broken Link Checker]メニューが追加されます。
[Broken Link Checker]メニュー

ここをクリックすると、「Broken Link Checker」設定画面が開きます。ここには、下記5つのタブメニューがあります。
タブメニュー

  • 一般:
    リンクエラーの確認や、チェックを何時間ごとに行うかなどの設定
  • リンクチェック対象:
    チェック対象(投稿、ページ、コメントなど)の選択や、チェックする記事の状態(公開済み、下書きなど)の選択
  • リンクチェック種類対象:
    リンクの種類(HTMLリンク・画像、YouTubeの動画など)の選択や、除外リストの設定
  • プロトコル & API:
    リンクチェックに使用するHTTP・APIの選択
  • 高度な設定:
    タイムアウト(リンク読み込み時間)の設定や、サーバーの負担制限の設定など

このように、「Broken Link Checker」は様々な設定ができますが、以下で基本的な使い方をご紹介します。

リンクエラーの確認方法

「Broken Link Checker」によってリンクエラーが検出された場合、「一般」メニュー画面に表示されます。
リンクエラー検出

このリンクをクリックすると、検出されたリンクエラーの一覧が表示されます。
検出されたリンクエラーの一覧

まずは、ここに表示されたリンク先が本当に「リンク切れ」なのかどうか、クリックして確認します。
「リンク切れ」なのかどうか、クリックして確認

リンク先を実際に表示させてみて、

  • URLが誤っていたのなら・・・「URLを編集」
  • リンク切れのためリンクを解除するなら・・・「リンク解除」
  • リンク切れでなければ・・・「リンクエラーでない」

をクリックして対処します。

リンクエラーのメール通知

「Broken Link Checker」によって新たに検出されたリンクエラーに関して、「メール通知」を受けとりたい場合は、「一般」メニューで下記にチェックを入れます(デフォルトではすでにチェックされているはずです。)。
「Broken Link Checker」メール通知設定


基本的な使い方は以上ですが、他にも「リンクチェックの対象」なども必要に応じて設定してみてください。「Broken Link Checker」は、今回確認したバージョン1.2.5ではインストール・有効化した時点で日本語化されていますので、設定すべき内容もわかりやすいと思います。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。