予約投稿(未来の日付で投稿)する方法

WordPressで記事を投稿するとき、投稿日時の指定をして公開することができます。未来の日付で投稿(予約投稿)することも可能です。

予約投稿する方法

WordPressで予約投稿する方法はとても簡単です。いつものように記事タイトルや本文などの入力を終えたら、公開メニューの中の「すぐに公開する」の右にある「編集」をクリックします。

「すぐに公開する」の右にある「編集」をクリック

投稿日時の編集画面が表示されますから、公開したい日付を入力し【OK】ボタンをクリックします。

公開したい日付を入力し【OK】ボタンをクリック

未来の日付を入力することで、「すぐに公開する」から「公開予定日時」へ、【公開】ボタンから【予約投稿】ボタンへ、それぞれ表示が変更されます。

未来の日付を入力後の変更点

【予約投稿】ボタンをクリックすると、予約投稿の作業は完了です。

予約投稿が便利な理由

「どうして、わざわざ未来の日付で投稿する必要があるの?」と思われるかも知れません。私なりの考えでは、「予約投稿」機能を使うメリットは2つあると思います。

まとまった時間に投稿を溜めておける

例えば、「1日1記事ずつ投稿したいのに、平日は記事を書く時間が無い」といった場合に、土日でまとめて1週間の記事を書き溜めて「予約投稿」機能を使えば、定期的に更新をしていくことができます。

いつも決まった時刻に投稿できる

サイトにアクセス解析を設置していると、「何時頃に訪問者が多く訪れているのか」がわかりますよね。そのタイミングで新しい記事が更新されていれば、その訪問者は「まめに更新しているな」と感じて「リピーター」となってくれるかもしれません。

公開済み記事を「予約投稿」する場合の注意点

予約投稿は、新規追加する記事だけでなく「公開済みの投稿」にも適用できます。ただし、指定した日時まで「未公開」として扱われるので注意してください。

関連ページ