ユーザー権限の種類とできること

ワードプレスWordPress)では、サイトの管理・運営に関わるユーザーに対して「ユーザー権限」を与えることができます。ユーザー権限の種類と、それぞれの権限でできることについて紹介します。

WordPressユーザー権限の種類とできること

ユーザー権限とは

ワードプレスでは、サイトの管理・運営に関わるユーザーを複数登録することができます。

各ユーザーには、ワードプレス管理画面で実施できる作業範囲を制限することができます。この制限のことを、「ユーザー権限」といいます。

ユーザー権限の設定が必要な人/不要な人

例えば企業サイトを運営していて、コンテンツを用意する人、デザインを受け持つ人など、担当者制にしている場合などに便利です。各担当者には、個別のアカウント(ログインID・パスワード)を与えることができます。

逆に言えば、ワードプレスを一人で使用しているなら、ユーザー権限を意識する必要はありません。

ユーザー権限の種類

ワードプレスで設定できるユーザー権限には、以下の5種類があります。

  1. 管理者
  2. 編集者
  3. 投稿者
  4. 寄稿者
  5. 購読者
厳密に言うと、ユーザー権限は6種類あります。上記以外に「特権管理者」という権限があり、ワードプレスの「マルチサイト」という機能を使用しているときに与えられます。マルチサイトとは、ワードプレスの1つのシステムの中で複数のサイトを管理できる機能です。この記事での特権管理者についての説明は、省略します。

各ユーザー権限でできること

各ユーザー権限でできることについては、まずは言葉で説明するよりも管理画面メニューを比較するとわかりやすいと思います。各権限のユーザーがワードプレスにログインしたときの、管理画面メニューを比べてみましょう。

ユーザー権限ごとの管理画面メニュー比較
ユーザー権限ごとの管理画面メニュー比較(クリックで拡大)

このように、各ユーザー権限でできることには大きな違いがあることがわかります。また、さらにくわしいことは下記公式ページに掲載されています。

その主な内容をまとめたものが、次の表です。

作業内容 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
外観(テーマ・メニューなど)の管理
プラグインの管理
ユーザーの管理
インポート・エクスポート
設定(一般・投稿設定など)の管理
ダッシュボードの編集
WordPressの更新
カテゴリーの管理
リンクの管理
固定ページの管理
コメントの管理
非公開投稿の管理
投稿の公開
公開済み投稿の編集・削除
ファイルのアップロード
投稿の編集・削除
あなたのプロフィールの管理

新しいユーザーを登録し、それぞれにユーザー権限を割り当てる方法については、下記ページで紹介します。

関連ページ