1. よくある質問
  2. トラックバックとピンバックの違いとは?

トラックバックとピンバックの違いとは?

2011/5/1

WordPressでは、サイト間の通知方法として「トラックバック」と「ピンバック」という2つの機能が使えます。この両者の違いについて紹介します。

サイト間の通知とは

冒頭で、「サイト間の通知」という言葉を使いました。具体例を挙げてみます。

「サイト間」というくらいですから、この話には2つのブログが存在します。この2つのブログを、A・Bとしましょう。

Aさんは、Bさんのブログを参考にして記事を書いたため、Bさんのブログ記事のURLにリンクを張りました。この「リンクを張ったこと」を知らせるのが、ここで言う「サイト間の通知」になります。

ただリンクを張っただけでは、Bさんはその事実には気づきにくいですよね?しかし、トラックバックやピンバックという機能を使えば、AさんはBさんに「リンクを張ったこと」を簡単に知らせることができます。

「リンクを張ったこと」を通知すると、「AさんのブログURL」も「Bさんのブログ記事」にリンクが張られます。リンクが張ってある状態というのは、それだけブログへの訪問者を増やす要因になりますから、Aさん・Bさんの両者にメリットが生まれるのです。

トラックバックを送信するには

トラックバックを送るには、相手記事に「トラックバックURL」が表示されている必要があります。大抵の場合、記事の最後に記載されています。トラックバックを受け付けていないブログもあります。これは、トラックバックスパムというのが流行したのが原因でしょう。

自分の記事内で相手記事へのリンクを張ったら、記事投稿画面の【トラックバック送信】に相手の「トラックバックURL」を手動で入力します。複数送信する場合は、URLを半角スペースで区切ります。
トラックバックURL入力

ピンバックを送信するには

ピンバックを送るためには、WordPress管理画面の[設定]>[ディスカッション]を開き、【投稿中からリンクしたすべてのブログへの通知を試みる】にチェックを入れます。
ピンバック送信設定

他のブログへのリンクが張られた記事を投稿すると、自動的にピンバックが送信されます。
ただし、相手のブログが「ピンバックを受け付けている」必要があります

トラックバックとピンバックの違い

このように、トラックバックとピンバックは両方とも「リンクを張った他のブログへの通知をする」ための機能ですが、決定的な違いは「手動」か「自動」かという点です。

また、トラックバックとピンバックとでは根本的に異なる技術で開発されています。さらに、トラックバックは「記事の内容」が送信されるのに対し、ピンバックは内容が送信されません。

このあたりについて、くわしくは下記ページに書かれています。

トラックバック・ピンバックを受信するには

トラックバックを受け付けるには、WordPress管理画面の[設定]>[ディスカッション]を開き、【他のブログからのリンク通知を許可する (ピンバックとトラックバック) 】にチェックを入れます。
ピンバック受信設定


セルフピンバックについて

ピンバックの送受信を許可する設定にしていると、サイト内へのリンクを張った場合にもピンバックが送信されます(セルフピンバック)。これを停止する方法は、下記ページを参考にしてください。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。