1. テーマ
  2. WordPressテンプレートタグとは

WordPressテンプレートタグとは

2016/7/19

テンプレートタグとは、Wordpressに対して何かを表示・取得させたいときに使うものです。テンプレートタグは、テンプレートファイルの中に記述します。

テンプレートタグとは

WordPressで表示する内容をカスタマイズするとき、テンプレートタグを修正したり書き加えたりすることが多くなります。よく使われるテンプレートタグの一例として、「bloginfo()」をご紹介しておきましょう。

bloginfo() – ブログに関するさまざまな情報を出力

多くのブログでは、ブログの「タイトル」や「URL」、「説明文」などが表示されますよね?このようなことをWordpressで実現するためには、「bloginfo() 」というテンプレートタグが使われます。

例えば、ブログタイトルを表示させるときには、次のように記述します。

<?php bloginfo('name'); ?>

まず、テンプレートタグは「PHP」というプログラミング言語を使うことで機能するため、前後に<?php ~ ?>と記述します。

次に、( )の中に「‘name’」と書かれていますね?この部分を引数と呼びます。引数には処理させたい内容を記述します。ブログの「名前」であれば「name」、「URL」であれば「url」、「説明文」であれば「description」と書きます。

ブログタイトル: <?php bloginfo(‘name‘); ?>
ブログURL: <?php bloginfo(‘url‘); ?>
ブログ説明文: <?php bloginfo(‘description‘); ?>

その他の「bloginfo()」に使える引数は、下記ページで確認できます。

また、テンプレートタグの一覧は、下記ページをご覧ください。

テンプレートタグが使用できる場所

すべてのテンプレートタグは、テーマに含まれる「テンプレートファイル」内に記述して使います。しかし、テンプレートタグの種類によっては、テンプレートファイル内で「使用できる場所」と「使用できない場所」があります。

その「場所」とは、ループと呼ばれる部分です。「ループ」は、複数の記事を連続して表示させるために使われます。「ループ」の基本的なことについて、下記でご紹介しています。

例えば、先ほどご紹介した「テンプレートタグ – WordPress Codex 日本語版」の一覧内で、「投稿タグ」という項目があります。ここで、「the_ID」や「the_title」といったタグに対して、ループの欄に「ループ中」という記述があります。
ループ中

このような記述があるテンプレートタグは、ループの中にしか記述できませんので注意してください。


テンプレートタグには、他のテンプレートファイルに読み込むことができる「インクルードタグ」や、出力するページに応じて表示内容を変更できる「条件分岐タグ」があります。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。