1. 記事・ページの投稿
  2. 画像を挿入する方法

画像を挿入する方法

2015/11/6

WordPress投稿固定ページに、画像挿入する方法を紹介します。WordPressは、画像のアップロードや本文中への挿入を簡単にできる機能を備えています。

WordPressで画像を挿入するには

ブログやサイトで、文字ばかり書かれているページはとても見づらいですよね?ここに画像を加えることで、インパクトを与えたり、記事の意図がより伝わりやすくなったりするといった効果が期待できます。新聞や雑誌にも、写真が多く使われていますよね。

WordPressには、本文の編集中に手軽に画像をアップロード・挿入できる機能があります。下の例では、投稿の編集画面でビジュアルエディタを使用しています。(投稿も固定ページも、基本的な手順は同じです。)

画像の挿入手順

本文中で画像を挿入したい位置にカーソルを合わせ、[メディアを追加]ボタンをクリックします。
画像の挿入手順1

すると、「メディアライブラリ」という画面が開きます。[ファイルをアップロード]をクリックします。
画像の挿入手順2

WordPressでは、画像・音声・動画ファイルを「メディア」と呼びます。WordPressの管理画面からアップロードしたメディアは、メディアライブラリ画面に一覧表示させることができます。メディアライブラリは、管理画面メニューの[メディア]>[ライブラリ]から開くこともできます。

この画面に、アップロードしたい画像をドラッグ&ドロップ(マウスの左ボタンを押しながら移動させ、移動先で左ボタンを離す)するか、あるいは[ファイルを選択]ボタンをクリックします。
画像の挿入手順3

画像のアップロードが完了すると、添付ファイルの詳細や表示設定が表示されます。
画像の挿入手順4

①URL
画像ファイルのURLアドレスが表示されます。
②タイトル
画像の補足的な情報を入力します。
(入力内容が、HTMLのtitle属性に反映される)
一般的なブラウザでは、画像をマウスオーバー(マウスカーソルを上に重ねる)したときに、ここで入力内容が表示されます。
③キャプション
挿入した画像のまわり(一般的には下部)に文字を表示させる時に入力します。
④代替テキスト
画像を表示できない環境で、代わりに文字を表示するために使われます。
(入力内容が、HTMLのalt属性に反映される)
⑤説明
画像を管理する際に必要な情報を入力します。空欄でも構いません。
⑥配置
画像をどこに配置させるかを指定します。1)左 2)中央 3)右 4)なし から選択できます。
⑦リンク先
画像をクリックしたときに表示するページのURLを指定できます。1)メディアファイル(画像のみ表示) 2)添付ファイルのページ 3)カスタムURL(任意のアドレス) 4)なし から選択できます。
⑧サイズ
画像のサイズを選択できます。管理画面メニューの[設定]>[メディア]での設定内容によって指定できるサイズが異なります。
⑨投稿に挿入
①~⑧の設定が完了したら、このボタンをクリックします。

画像を挿入できました。
画像の挿入手順5

アップロードした画像はメディアライブラリから選択できる

一度アップロードした画像を再び本文中に挿入するときは、[メディアを追加]ボタンをクリックした後、メディアライブラリから選択することができます。つまり、再びアップロードする必要はありません。

アップロードした画像は編集できる

アップロードした画像は、サイズ変更やトリミングなど、簡単な編集をすることができます。くわしくは、下記ページをご覧ください。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。