1. よくある質問
  2. 記事ID・カテゴリーIDを確認する方法

記事ID・カテゴリーIDを確認する方法

2015/11/9

WordPress記事ID投稿ID)やカテゴリーIDなどの値を、簡単に確認できる方法を紹介します。WordPressでは、投稿・固定ページ・カテゴリー・タグの一つひとつにIDが割り当てられます。

WordPressのIDとは?

WordPressでは、投稿・固定ページ・カテゴリー・タグの一つひとつに、固有の「ID」が自動的に割り当てられます。つまり、100個の投稿があれば100個の投稿IDが存在し、10種類のカテゴリーを作れば10種類のカテゴリーIDが存在するわけです。

そもそも、これらのIDは何のために割り当てられるのでしょうか?まずは、IDの主な使い方を紹介しましょう。早くIDの確認方法を知りたい場合はこちら

WordPress IDの主な使い方

IDの使い方には、次のようなものがあります。

WordPress IDの主な使い方
  • ウィジェットで利用する
  • プラグインの設定で利用する
  • 条件分岐タグのパラメータとして利用する

WordPress IDの主な使い方①
ウィジェットで利用する

ウィジェットでIDを利用する具体例をあげてみます。ウィジェット機能の1つ「固定ページ」は、公開済みの固定ページヘのリンクを一覧形式で表示しますが、その一覧から特定のページを除外することができます。この設定には、固定ページのIDを入力する必要があります。
WordPress IDの主な使い方①ウィジェットで利用する

WordPress IDの主な使い方②
プラグインの設定で利用する

例えば、サイトマップを自動生成する「PS Auto Sitemap」プラグインは、設定時にサイトマップを表示する記事のIDを入力しなければなりません。
WordPress IDの主な使い方②プラグインの設定で利用する

WordPress IDの主な使い方③
条件分岐タグのパラメータとして利用する

条件分岐タグとは、WordPressのテンプレートタグの一種で、テンプレートファイル内で表示される内容や、特定のページ内容を表示する条件を設定するのに使います。

例えば、IDが「1」のカテゴリーに属する投稿に特別な条件を設定したいときは、次のように記述します。

<?php 
if ( in_category( '1' )) {
	// カテゴリーID「1」に属する投稿の設定内容
} else {
	// それ以外のカテゴリーに属する投稿の設定内容
}
?>

IDを確認する方法

まず例として、投稿IDを確認する方法を見ていきましょう。管理画面メニューの[投稿]>[投稿一覧]をクリックします。

すると、これまでに作成した投稿の一覧画面が表示されますね。ここで、IDを確認したい投稿のタイトルをマウスオーバー(マウスカーソルを上に重ねる)してみましょう。すると、ブラウザのステータスバーにURLが表示されます。
IDを確認する方法1

このURLの中にある、post=のあとに続く数字が、この投稿のIDになります。

ステータスバーが表示されないときは
ブラウザの種類や設定内容によっては、ステータスバーが表示されない場合があります。そのときは、投稿一覧画面で投稿タイトルをクリックして、投稿の編集画面を開いてみましょう。このとき、ブラウザのアドレスバーに表示されるURLで、post=のあとに続く数字を確認します。

投稿以外のIDを確認する方法

固定ページ・カテゴリー・タグのIDも、同様の方法で確認することができます。基本的な手順は、次のとおりです。

IDを確認する基本手順
  1. 管理画面で投稿/固定ページ/カテゴリー/タグの一覧画面を開く
  2. IDを確認したい投稿/固定ページ/カテゴリー/タグのタイトルをマウスオーバーする
  3. ブラウザのステータスバーに表示されるURLを確認する
  4. ステータスバーが表示されない場合は、各編集画面を開きアドレスバーをチェックする

先ほどの投稿IDではpost=のあとに続く数字を確認しました。固定ページIDも同様にpost=直後の値をチェックします。しかし、カテゴリー/タグの場合は、確認すべき文字列が異なります。これらをまとめておきましょう。

IDを確認するときのチェック項目
  • 投稿ID/固定ページID:post=のあとに続く数字
  • カテゴリーID:category&tag_ID=のあとに続く数字
  • タグID:post_tag&tag_ID=のあとに続く数字
一度に大量のIDを調べるには
投稿・固定ページ/カテゴリー/タグの各一覧画面でIDを自動表示できるプラグイン「ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment」が便利です。

(おまけ)記事IDの値がどんどん大きくなる理由
例えば、投稿を10個しか作成していなくても投稿IDが3桁になる、といった現象が起こり得ます。なぜでしょうか?

WordPressには、投稿履歴を自動的に保存する「リビジョン」という機能があります。リビジョンは一定間隔で繰り返し保存するため、記事投稿にかかる時間が長いほど多くの履歴が保存されます。IDの値がどんどん大きくなるのは、その履歴一つひとつにIDが割り当られるためです。

これに対処するために、リビジョンの設定をカスタマイズできる「Revision Control」や、リビジョンを一括して削除できる「Better Delete-Revision」といったプラグインがあります。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。