1. プラグイン
  2. Google (XML) Sitemaps Generator (サイトマップ自動生成プラグイン)

Google (XML) Sitemaps Generator (サイトマップ自動生成プラグイン)

2011/5/1

ここでは、検索エンジンWordPressサイト更新情報を送信するためのサイトマップ自動で作成してくれるプラグイン、『Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress』についてご紹介します。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress の概要

『Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress』は、GoogleやYahoo!などの検索エンジンに送信するためのサイトマップを自動生成するプラグインです。

ここで言う「サイトマップ」とは、サイト訪問者が目で見るための“目次形式”のサイトマップとは違います。『Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress』が生成するサイトマップは、検索エンジンが認識・検出することが難しいサイトページの情報を、GoogleやYahoo!などに提供するためのものです。

このようなサイトマップの形式を、XML サイトマップといいます。

XML サイトマップとは
XML サイトマップとは、簡単に言うと、サイト上にあるページのリストのことです。XML サイトマップを作成して送信すると、検索エンジンの通常の処理では検出しにくいページを意図的に知らせることができます。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress の導入目的

作成したサイトのページをできるだけ多く検索エンジンに認識してもらうため。

Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress の導入方法

1.動作確認をしたバージョン

  • プラグイン:3.2.4
  • WordPress:3.0.4

2.プラグインのダウンロード

作者のサイト(下記参照)から、プラグイン本体をダウンロードします。

Download for WordPress 2.1 and better (recommended)』から行います。
Google (XML) Sitemaps Generator for WordPress ダウンロードリンク

3.解凍後、不要ファイルの削除

ダウンロードした『google-sitemap-generator.3.2.4.zip』を解凍します。

まず、『google-sitemap-generator』フォルダを開き、次のファイルは不要なので削除しておきます。

3-1.『google-sitemap-generator』フォルダ内の削除するファイル

  • documentation.txt
  • readme.txt
  • readme-ar_AR.txt
  • readme-it_IT.txt
  • screenshot-1.gif
  • screenshot-2.gif
  • screenshot-3.gif

次に、『lang』フォルダを開き、下記のファイル以外を全て削除します。(※このプラグインを日本語化する場合)

3-2.『lang』フォルダ内の削除しないファイル

  • sitemap.pot
  • sitemap-ja.mo
  • sitemap-ja.po

削除するファイルは以上です。次に、プラグインのアップロードを行います。

4.プラグインのアップロード

『google-sitemap-generator』フォルダを、「プラグインフォルダ(/wp-content/plugins/)」にアップロードします。

5.プラグインの有効化

Google XML Sitemaps有効化

WordPressの管理画面(ダッシュボード)内「プラグイン」から、『Google XML Sitemaps』を有効化します。

Google XML Sitemaps インストール成功

左の画像のように、WordPressの管理画面(ダッシュボード)内「設定」に、『XML Sitemap』と表示されたら、プラグインのインストールが成功です。

次に、サイトマップの構築をするために、『XML Sitemap』をクリックします。

6.サイトマップの構築と初期設定

下の画像のように表示されたら、サイトマップの構築に成功しています。
サイトマップ構築成功

その下で、サイトマップ生成に関する設定ができます。基本的には何も変更する必要はないと思いますが、お好みに合わせて設定してみてください。

実際のサイトマップファイルは、ドメインのルートディレクトリ(最上階層のフォルダ)に保存されています。

エックスサーバーの場合

当サイトでおすすめしているエックスサーバーの場合は、「/あなたのドメイン/public_html」内に、下記の2つのファイルがあるか確認します。

  • 『sitemap.xml』
  • 『sitemap.xml.gz』

これら2つのファイルのパーミッションを「644」から「666」に変更してください。


ここで作成したサイトマップを検索エンジンに認識してもらう方法として、Googleウェブマスターツールへの登録があります。
くわしくは、WordPress超初心者講座内『Googleウェブマスターツールの登録とサイトマップ送信』を参考にしてください。

おすすめの書籍

小さなお店&会社の WordPress超入門

WordPressでビジネスサイトを作るために必要な、基本的な知識が理解できる“超”入門書。Web制作に必要なHTML・CSS・PHPなどの専門知識がなくても読み進められる1冊です。SEO(検索エンジン最適化)やセキュリティの対策についても解説されています。

おすすめのテーマ

WordPressテーマ「NEXTAGE (tcd021)」

WordPressテーマ「LAW」

コーポレートサイト(企業サイト)向けのテーマ。第一印象で信頼性や専門性を的確にアピールし、Webサイトのゴールである「お問い合わせ」まで自然に繋がっていく“導線”にこだわったテンプレートです。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。