1. WordPress基礎知識
  2. データベースの基礎知識

データベースの基礎知識

2015/9/15

WordPressの管理画面で設定した項目や作成した記事内容などの各種データは、「データベース」に保管されます。この記事では、データベースの基礎知識についてご紹介します。

WordPressを使うにはデータベースが必要

冒頭でもご紹介したように、WordPressで設定・作成したデータは「データベース」に保管されます。このデータベースは、サイト管理者自身が用意しなければなりません。

データベースを用意するには

データベースを用意するための最も一般的な方法は、サーバーを借りることです。サーバーを貸し出すサービスは、「レンタルサーバー」や「ホスティングサーバー」などと呼ばれます。

「レンタルサーバー」を提供している業者は数多くありますが、WordPressを使うためにはMySQLが使えるサービスを選ぶ必要があります。くわしくは、最初に準備するべきものを参考にしてください。

データベースに保管されるものとは?

WordPressをインストールすると、データベースには各種データを保管するための「テーブル」が自動的に作成されます。

※ここでご紹介するテーブルは初期に作成されるものです。プラグインの導入などによって新たに追加されるものもあります。また、テーブル名の接頭辞「wp_」は、WordPressをインストールする際の設定により変更することもできます。

テーブルとその概要

WordPressをインストールしたときに作成されるテーブルの一例と、そのテーブルに保管される内容は、以下の通りです。

wp_commentmeta WordPress へのコメントなどのメタデータ
wp_comments WordPress へのコメント・トラックバック・ピンバックデータ
wp_links リンク作成機能で入力されたリンク情報
wp_options [管理画面]>[設定]で設定されたオプション設定情報
wp_postmeta 投稿記事、ページなどのメタデータ
wp_posts 投稿記事、ページ、ナビゲーションメニューのデータ
wp_terms 投稿記事、カテゴリ、タグに使われる語句の基本情報
wp_term_relationships 「投稿記事・リンク」と「カテゴリ・タグ」との関連付け情報
wp_term_taxonomy カテゴリ、タグのデータ
wp_usermeta ユーザ情報のメタデータ
wp_users ユーザ情報
メタデータとは
メタデータとは、あるデータに関する情報を持ったデータのことです。データそのものではなく、データについてのデータであるため、メタ(上位の)データと呼ばれます。

「テーブル」と「テーブルに保管される内容」についての詳細は、下記ページが参考になります。

データベースに保管されるもののまとめ

WordPressで使用するデータベースに保管されるものをまとめると、下記のようになります。

  • 投稿記事・ページのデータ
  • 投稿記事・ページに設定したカテゴリ・タグのデータ
  • [管理画面]>[リンク]で作成したデータ
  • [管理画面]>[設定]で設定したオプション
  • ユーザーのデータ

つまり、新たに追加した「テーマ」に関するファイルなどはデータベースに保管されません。
例えば、「テーマ」のCSSなどをカスタマイズしたデータをバックアップするためには、そのファイル自体を保存する必要があります。

WordPressのアップグレードという記事で、WordPressで設定・作成したデータを完全にバックアップするためには、「データベース」と「ファイル」をバックアップする必要があると説明しているのは、こうした背景があります。

このサイトでも利用している、おすすめサービス

エックスサーバー

当サイト開設から5年以上使っていますが、トラブルは一切ありません。WordPress自動インストール機能は、もちろん標準装備。ドメインプレゼントキャンペーン延長決定!(12月23日(金)18:00まで)

お名前.com

格安でドメインを取得できるお得なキャンペーンを頻繁に開催。国内最大級のドメイン登録サービスです。電話サポートが24時間無料なので、初心者でも安心して利用できます。

カテゴリー

ビジネスサイトを作りたいあなたに

おすすめのテーマ、あります。